1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
舐めたネジの救出
車のパーツを分解している時に、かなりの高トルクで閉まっているプラスネジに遭遇しました。
ネジロックもガッチリ使われているそうで。。。
プラスネジは基本は押す力8に回転を2で、そんなことは百も承知ですが、全体重かけて回しても舐めてしまいました。。。

ミラーの分解


折れたネジにドリルで穴を掘ってエキストラクター(逆タップ)を叩き込む方法で救出を試みました。
今までの経験上、これでうまくいくはず。。。
が、すごい力で閉まっているため、左に回していくとエキストラクターが折れました!!
折れた先端がネジに埋まって万事休す。。。
こうなると焼き入れされた工具の先端が埋まっているので、どんなドリルも歯が立たないようです。チタンコーティングでもダメ。
ググると、この状態になるとプロでもお手上げだそうで。。。

折れたエキストラクター


パーツを捨てようかと思いましたが、試しにこんな工具を買ってきました。
いわゆるショックドライバーです。

ショックドライバー


お尻を金属ハンマーでガンガン叩くだけで、ネジを強烈に押し付けながら自動的に少しだけ左回転をするので、なめたネジでも回せるそうです。

ショックドライバー


右のナメたネジはこの工具だけで回りました。
左のはリューター+ダイヤモンドビットでマイナスの溝を掘って、マイナスのビットで回りました。ネジ頭を破壊しながらですけど。

舐めたネジ


これくらい深くマイナスの溝を掘れればスムースに外れます。
溝を掘るのに30分くらいかかりますけどね。

修正ネジ




スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。