1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
理想的なクラッチベアリング?
片側がラバーシールド、もう一方が通常のシールドのベアリングです。
エンジンカーのクラッチの外側にいいんじゃないかと思います。
ラバー側からのダストを避けつつ、抵抗を減らす効果がありそうです。
ベテランでも、レースでクラッチベアリングでのトラブルでリタイヤとかしばしば見かけますからね。

クラッチベアリング

ちなみに1050だと、ラバーを外してのメンテナンスはあまりやらない方がいいかもです。
外れやすくなりますし、傷が付いてダストが入りやすくなります。
このベアリングだとそのままシャカシャカ君で洗って、(金属シールド側から)グリス注入器にかければ復活するでしょうね。


サイバー10Bのハブにも使えそうだな。。。(ぼそ


スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。