1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テーパーピストン
1/8GPオフでは、テーパーホールのピストンはXRAYが先駆けだったかな?
ビッグボアショックが流行りだしてから各社から出てきましたね。

1/10EPオフでもヨコモB-MAX4用に出てきました。
片面がテーパー形状になっていて、6個の穴も少しテーパー状になっているように見えます。
ヨコモのテーパーピストン


以下はヨコモのサイトの説明です。

B-MAX4用オプションのリア エックスショック用テーパーピストンです。ピストンの片面をテーパー形状とすることで、伸び側と縮み側の減衰フィーリングを変えることが可能です。
例えばフロントに使用する場合はテーパー面を上側にすることで、減速時にフロントへの荷重がかかりやすくなり、ハンドリングがより良くなるなどの効果が見られます。
リアに使用する場合はテーパー面を下側にし、コーナーリング時のロールオーバーによるリアブレイクを抑えることが可能です。


1/8GPオフではいまいち使い方がよく分かりませんでしたが、この説明が参考になるかもしれませんね。


スポンサーサイト
コメント
コメント
EMAIL:
URL:
TITLE:
密閉されたオイルの中というダンパーの構造上、
原理的にパスカルの原理になると思うので、
形状は関係なく穴の大きさが重要と思っています。
テーパーにしたところで、オイルの経路はピストンの
穴を通りますから。
ただピストンの厚さが薄くなる分、抵抗が減る事の
影響の方が大きいと思います。
2011/03/04(金) 13:17:45 | URL | mila-n #cmKlKkf6 [ 編集 ]
mila-nさん
EMAIL:
URL:
XRAYのピストンは、穴がテーパー形状になっていて、どちらを上にするかがセッティング項目になっていました。
ヨコモや京商(MP9)のピストンはそれに加えて断面形状も変更してきているんですよね~
ピストンの周りもオイルの通路と考えると、多少影響はありそうな気がします??
2011/03/04(金) 16:19:11 | URL | もけ@管理人 #FiqcacE6 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。