1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボディ修復
8ightのJコンボディは硬くて丈夫なのですが、割れやすい気がします。
先端のボディピンの所がダメになって、ピン留めしてもボディが取れてしまうようになってしまったので、ウイングの切れ端を貼り付けて修復をしてみました。
ウイングをピンで留める時の、ワッシャーのイメージです。
ポリカだと割れるので、ウイングのナイロン素材の方が、耐えてくれます。
Jコンボディの修復


厚みが増すと純正のボディマウントは使えなくなるので、MBX6T用のボディマウントを加工して流用しています。
これだとピン穴が少し高いので、補強して厚みの増えたボディでも問題無いのです。
ボディマウントの流用加工



スポンサーサイト
コメント
コメント
はじめまして
EMAIL:
はじめまして^^
ボディマウント付近を補強して厚みが増すとピンが挿せなくて困ってました。
トラギー用のマウントで解決しちゃうんですね。
盲点でした。
他の記事も大変参考になりました^^
2010/06/14(月) 20:59:28 | URL | TOMO #Fc6XBif. [ 編集 ]
TOMOさん
EMAIL:
URL:
はじめまして、コメントありがとうございます。
ロッシはボディマウントがぎりぎりの作りなので、少しでも厚みを増すとピンが入らないんですよね。
トラギー用のボディマウントですが、下をカットして、ネジ穴開けて、台座も少し削ります。補足写真が必要かな~
改造ネタはまだまだ続きますので、徐々にアップしていきますよ。
2010/06/15(火) 09:44:58 | URL | もけ@管理人 #Yo5Yamug [ 編集 ]
強度
EMAIL:
URL:
固い分、柔軟性がなくて割れやすいんですかね。
それにしても代替マウントはピッタンコ付いちゃいましたね^^
2010/06/15(火) 12:20:36 | URL | raruo #GwUqHWjQ [ 編集 ]
raruoさん
EMAIL:
URL:
硬いからというのもあるかもしれませんね。
このマウントは、トラギー用のため脚が長いので、思い切りカットして合わせています^^
2010/06/15(火) 13:04:16 | URL | もけ@管理人 #3.oOX/56 [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。