1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LRPヒートシンクの改良
LRPのアンプ、スフィア・SPX系のヒートシンクは、フィンの根元が太いデザインになっています。
自然空冷の場合は、根元が太い方が熱効率がよく、バイクや模型のエンジンフィンはたいていそうなっています。
ところがファンを載せて強制空冷する場合には、あまりよくないようなのです。
LRPのヒートシンク


PCのCPUクーラーのメーカーの技術文書を読むと、強制空冷の場合、ヒートシンク全体の底面積から、フィンの底面積を引いた残りが、70~85%が実用上使用されるヒートシンク形状なのだそうです。
このLRPの物だと50%を切っていますね。

omiさんのブログでも以前にレポートされていた、同様の改造をしてみます。
http://blogs.yahoo.co.jp/koubouomi/archive/2008/01/11


ヤスリやリューターで削ってフィンの根元まで風が通りやすくしました。
よく冷えています!
加工後


フィンをもう少し薄くしたり、フィンを横切る方向にスリットを入れるのも、いいかもしれません。
理想をいえば、自然空冷用と強制空冷用の、2種類のヒートシンクを用意してもらうといいんでしょうけどね。

スポンサーサイト
コメント
コメント
EMAIL:
URL:
TITLE:
よく冷えそうな空冷ですね~
水冷なんか出てきたら それはそれで凄いですが・・・
ボディもう少しで完成しそうです
2010/02/05(金) 13:49:05 | URL | koji #5Rj9M5aE [ 編集 ]
すごいぞ~
EMAIL:
URL:
凄いですね~
私は、ミニフライスで削りましたが、純アルミに近い材質の為削りづらかった記憶があります。
ヤスリ、リューターですと、かなりの根気作業・・・
さすがです!!!
2010/02/05(金) 23:16:52 | URL | omi #wiVdeXmQ [ 編集 ]
kojiさん
EMAIL:
URL:
1/10EP車の水冷ヒートシンクは、どこかで見たことがありますよ。
確かツーリングで、ラジエータをフロントに置いて、実車っぽくレイアウトされていましたね。
2010/02/06(土) 09:14:41 | URL | もけ@管理人 #POg9s8MI [ 編集 ]
omiさん
EMAIL:
URL:
やっぱり卓上工具を使うのがいいんですよね。
omiさんのご想像通り、手工具では面倒な作業でした~
せめてボール盤があれば・・・
2010/02/06(土) 09:19:20 | URL | もけ@管理人 #2f9hm9Xg [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。