1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B4にギアデフ搭載してみた
B4にギアデフを付けてみました。
SC10・B4.1・T4.1がギアデフ仕様なので、そのパーツを流用しています。

これだけのパーツが必要で、全部SC-10用です。総額は6000円位?
デフのベアリングがミリに変更になっています。
アイドラーギア・トップシャフト&ベアリング・ケースのネジは元のB4の物をそのまま使えます。
必要なパーツ


ちょっと重複しているので、これだけ余りますけど・・・
余った・・・



デフ内部のギアは金属製で、かなり薄く作られています。
ボールデフと比較すると、ギアデフは横への張り出しが大きいですね。
※デフケースのネジはミリなので注意が必要です。
ボールデフとの比較


ギアボックス(ステルスミッション)もデフの部分が横へ大きくなります。
ギアボックスのサイズ比較


B4.1の取り説を読むと、リアシャーシプレートの落とし込みに、デフケースの張り出し分の逃げがあります。
しかしこのパーツはまだ国内で入手できなかったので、取り説の絵を参考にB4用のパーツを加工します。
B4.1の取り説

B4.1&T4.1用の取り説はこちらからダウンロード可能です。
http://aedownloads.com/downloads/manuals/t4.1-b4.1_manual.pdf


こんな感じ
強度を落としたくないので、必要最低限の削りを行います。
シャーシプレートの加工

シャースプレートの加工(2)


丸く削るのは難しそうですが、切断用の円盤砥石を重ねれば簡単です。
普通のビットを使うと削りが多くなって、強度が落ちそうです。
加工に自信の無い方は、AS9818 SC10 ARM MOUNT/CHASSIS PLATE をなんとかして入手するのがいいと思います。
もし加工して欲しい人がいれば、コースで声をかけて下さい。
加工方法

ここだけ加工すれば、穴位置は全て一緒なので、B4にそのまま載ってしまいます。



このギアデフはOリングが4つもあり、シーリングがしっかりしていて、オイルで固さを変える事が可能です。
B4.1の標準セットアップシートでは、ブラックグリスとなっていたので、まずはグリス仕様で試してみました。
ブラックグリスはギアに少し多めに付けた位です。がっぽりは入れていません。
この状態で、弱く締めたボールデフ位の抵抗感です。
京商のシリコンオイルなら2000番位に相当するかな?

1/17のレースでいきなり使いましたが、感触としてはスロットルオフ時の曲がりが向上しています。
人によっては少し曲がり過ぎると感じるかもしれません。
ジャンプの加速やギャップでの走りには違いを感じませんでした。
よほど姿勢を乱せば別でしょうが、片輪が空転してしまうという事もなかったです。

デフの滑りを気にしないで、ガンガン走るにはもってこいですね。
7000~10000番位のオイルを入れれば、シンタニサーキット標準のかなり締めこんだ固さに近付くと思われます。
次回は5000位のオイルを入れてみようかな?

スポンサーサイト
コメント
コメント
こんにちは
EMAIL:
URL:
ヤハリ( ̄ー+ ̄)
ほぼ予想した通りのメリットがありそうですね。
ギアデフを使用したいがために逆コンバしようか…とウッスラ考えています(笑)
シムでベベルのバックラッシュを調整したり、オイル粘度であれこれやったり、色々弄っても“調子”がズレ難いのって良いですよね。
今年は2駆の新型がいくつか発売されそうなので、それらを見てからB4を再組みしてもいいかな(笑)
2010/01/20(水) 16:20:53 | URL | falcon #A4Qed1Y. [ 編集 ]
falconさん
EMAIL:
URL:
シャーシプレートの加工が必要なのが少し難点でしたが、あとはポン付けで載ってますし、予想通りのフィーリングでした。
大きなSC-10に使う位なので、たぶん強度も問題なさそうです。
逆コンバは悩むでしょうけど(^^;)
falconさんもいかがですか?
2010/01/20(水) 16:50:32 | URL | もけ@管理人 #XkcoJnJQ [ 編集 ]
EMAIL:
URL:
TITLE:
「ギアデフ」厚みがありますね~
ミッションアッセンブリーで大丈夫かなぁ~
と、考えてましたが…
加工が、大変そうだ。
そもそも、RC10GTには付かないかもしれませんけどね。
2010/01/20(水) 23:00:24 | URL | F360GTCSE #bHIoDT56 [ 編集 ]
EMAIL:
URL:
TITLE:
アルティマはアルティマSC用がそのまま使えそうです。
もうすでに部品は入手可能で、すでに届きました。
とりあえずもけさんの仰る#5000から試してみようと
思います(笑)
2010/01/20(水) 23:56:25 | URL | mila-n #u6syRnHE [ 編集 ]
F360GTCSEさん
EMAIL:
URL:
RC10GTは取り説を見てみました。中身のパーツは一緒なのですが、ミッションケースの形が違って固定用のネジ穴が足りないですね。
外側の加工ができるなら載りそうですが、けっこう大変かも・・・
2010/01/21(木) 00:09:03 | URL | もけ@管理人 #7JY7jo2E [ 編集 ]
mila-nさん
EMAIL:
URL:
アルティマのSC用ギアデフ、うまく載るといいですね。
アソシよりは安くできそうですよね。
5000番のオイルはあてずっぽうな値なのですが、ハチイチバギーでの感覚でいくと、その位かな~って思いました。
2010/01/21(木) 00:17:02 | URL | もけ@管理人 #M09xU.Pw [ 編集 ]
EMAIL:
URL:
TITLE:
デュランゴ以来ギアデフがEPでも流行っているようですね。
自分の場合、そもそもボールデフがなんでデフギアとして動作するのか自体よく分かりません???
2010/01/21(木) 10:21:27 | URL | Nimbus #eoophU.6 [ 編集 ]
Nimbusさん
EMAIL:
URL:
ハチイチバギーをやっているので、個人的にはギアデフの方が信頼性あるし、セッティングの幅も広いと思うんですよ。
でも1/10には、搭載スペースと重さが難点なのでしょうね。
ボールデフは、あんな点接触でもしっかり差動しているからすごいですよね。
2010/01/21(木) 15:28:56 | URL | もけ@管理人 #..iroc1E [ 編集 ]
アドバイスお願いします。
EMAIL:
URL:
はじめまして。
こんにちは。
ブログの記事を参考にして、ギヤデフ仕様に挑戦しようとパーツを買い、先ほどから組み立てています。
7000番のオイルを封入して組んでみたところ、ねじの回り、パッキンのところからジワジワをオイルが漏れてきます。
もけさんのギヤデフでは、オイル漏れはしませんでしたか?
また、組み立てたデフギヤをギヤボックスの中に入れてモータープレートとともにネジで締めこむと、ギヤの空転の具合がやや重たくなってしまいます。
もけさんのギヤボックスは、こんなふうにはなりませんでしたか?
アドバイスいただけると幸いです。
2010/01/31(日) 08:39:47 | URL | とち坊 #7C2jvTGg [ 編集 ]
とち坊さん
EMAIL:
URL:
はじめまして、コメントありがとうございます。
ギアデフ化に挑戦する仲間が増えてうれしいです。
リアシャーシプレートの加工はうまくいきそうでしょうか。
オイル漏れしますか・・・うーん
私もオイルを試そうとしていたのですが、パッキンが破れてしまったので、オイル仕様はまだ試していないのです。
もう少し厚手の強化パッキン(?)を自作できたらやろうと考えているのですが。
オイル仕様にする場合は、ハチイチバギーの時の漏れ防止のノウハウで組もうと思っています。そうしないと漏れると思います。
そのやり方としては、パッキンをバスコースで接着するか、パッキンの両面にアンチウエアを塗ったりします。ネジの所も漏れやすいので、皿ネジには薄くパスコースを塗って組んだりします。
京商からギアデフ用グリスが#3000
5000
15000
30000と発売されましたので、1/10にはもしかしたらグリスの方が向いている可能性もありますね。
でも品薄なので、ブラックグリスを目いっぱい詰め込む手も考えられます。
ギヤの空転が重くなる点は、少しそんな感じがしたようには思いましたが、回しているうちに気にならない程度になったと思います。
ベアリングが奥まで入りにくい箇所があるので、それも原因かもしれません。しっかり奥まで押し込む必要がありそうです。軽く回すために内側のラバーシールを外してしまうのもいいかもしれません。
デフの向きは関係なさそうですが、一応B4.1の取り説通りに、皿ネジがある方をスパー側に向けて組んでいます。
モータープレートを留める4本のネジは、ネジロックをしっかり使用して、指2本でキュッと留まる程度の締め込みにしています。少しでも駆動が軽くなるように、いつもより気を使って組み立てた感じです。
参考になるか分かりませんが、うまくいくといいですね。
2010/01/31(日) 13:40:23 | URL | もけ@管理人 #AAbtbgyI [ 編集 ]
ありがとうございます。
EMAIL:
URL:
もけ様
早速ありがとうございます。
リアシャーシプレートはまだ未加工ですが、ドレメルがあるのでなんとか自作できればと思っています。
アンチウェア、バスコークを使用するアイデア、ありがとうございます。
京商製デフギヤグリスを使用することも含めて、検討して組み立てようと思います。
ちょっと思いついたのですが、デフオイルやデフグリスの代わりに、アンチウェアグリスを使用するってのは、ありですかね。
パッキンの漏れ防止に使用するくらいですし、ブラックグリスよりも粘度がありますし。
思いつきですいません。
ギヤの空転に関しては、ギヤボックスのネジ4本を締めこむと、明らかに重たくなるのでで気になっています。
もけさんのように、締めこむ程度を調整したのですが、なかなか難しいですね。
デフを支持する大きなベアリングが奥まで入っていないのかと思い、再度圧入しましたが、良い感じにはなりません。
上手くできるかわかりませんが、ギヤボックスのベアリング圧入部をちょっと削ってみようかと思います。
2010/02/01(月) 04:44:22 | URL | とち坊 #G4zU7ugk [ 編集 ]
とち坊さん
EMAIL:
URL:
アンチウエアグリスを中に入れるのもアリだと思いますよ。
かなり硬くなりそうなので、入れる量は加減が必要そうですね。少ないと遠心力で張り付いた時に効きが弱くなるでしょうし。
ちなみにグリスを目いっぱい封入するには、約2.5CCの量を使いました。
回転が少し重くなるのは、やはり両側から押されているのでしょうか。
とち坊さんが考えられているように、ギアボックスのベアリングがもう少し奥まで入るようにするか、デフギアの裏側のベアリングが当たる個所を少しだけ削るかでしょうか・・・
2010/02/01(月) 12:31:23 | URL | もけ@管理人 #eWK6s3yQ [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。