1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Cyber10B 組み立て(4)
ステアリングクランク編です。

ここはD4の時から、スムーズでない症状が受け継がれているようです。


ステアリングプレートは歪んでいるので、omiさんブログを参考に、ガラス板に耐水ペーパーを敷いてプレートの面出しをします。
ネジ穴の所まで平面が出ればOKです。250番のペーパーを使いました。
プレートの面出し


ブッシュが食い込まないように、0.1mm厚のシムをはさんでみました。シムにはブラックグリスを少し塗ってあります。
ワッシャー追加


クランクのブッシュが入る個所は、面取りします。ブッシュの耳の付け根がわずかにカーブしているため、こうしないと奥まで入りませんでした。
面取り

これらの加工で、ガタが無く、ネジを閉めこんでも動きはスルスルです(^^)



サーボセイバーのスプリングが入る所がきついので、ここもomiさんブログを参考に、リューターで内径を少し広げてスムースに動くようにします。
サーボセイバーの加工


スプリングが当たる個所にステンレスのシム(タミヤ製)を入れて、滑りを良くしてみます。
他メーカーの一部の車種(B4、B-MAX4等)は、こういう風になっていますね。
シムの追加


スプリングも尖った角を落とし、接触面を磨いてみます。
スプリング加工前

磨いた後
磨いた後


ステアリングプレートが、フロントのドライブカップに干渉するので、裏側を削ります。
ステアリングをいっぱいに切った時に、干渉が多いです。
プレート削り

プレート削り

オプションのセンターユニバを入れれば、カップが少し細いでしょうから、こんなに削らなくてもいいかもしれません・・・



プラのブッシュは4個とも、ベアリングに換えてしまいます。
ベアリング


サーボセイバーの締め込み量ですが、写真では取り説の指示値なのですが、これではだいぶ弱かったので、さらに数回転閉めこんでやります。


【関連記事】
2009/11/16 サイバー初走行
2009/11/11 Cyber10B 組み立て(3)
2009/11/10 Cyber10B 組み立て(2)
2009/11/06 Cyber10B 組み立て(1)

スポンサーサイト
コメント
コメント
サーボセイバーのスプリング
EMAIL:
URL:
Losiのサーボセイバーのスプリングも受け側のカップとのクリアランスがキツキツでした。
工場組み立て済みなので気づかなかったので、
そのままにしていたら樹脂が割れてしまいました。
樹脂の面だし、面取りもこれ位万全を期せばトラブルは防げそうですね。
2009/11/18(水) 08:47:47 | URL | Nimbus #bM86Wp2E [ 編集 ]
Nimbusさん
EMAIL:
URL:
言われてみれば、Losiのサーボセイバーは動きがきつめに思います。一度分解してみましょうか・・・
GPでは、サーボセイバーが土ぼこりでロックするのが怖いですね。ロックしたらサーボが1日もたないで壊れちゃいますので、走らせる日には必ずチェックしています。
EPではサーボ破損よりも、戻りが悪くなってセンターが出ない不具合の方が多い気がしています。
2009/11/18(水) 12:33:27 | URL | もけ@管理人 #qIBfRr9o [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。