1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MR-4BCのベルト歯飛び対策(3)
新車導入すると出番が減りそうなので、その前にBCネタを書いておこうと思います。
アクセス解析を見ていると、このブログがなぜか海外の掲示板からリンクされていて、外人さんがMR-4BCの記事を読みに来ているようなのです。
日本語読めないと思うんだけど・・・
海外ではまだ使っているファンがいるんですね!


この車の弱点の1つは、リアベルトがすぐにダメになってしまう点です。
ベルトがスキップするようになると、プーリーも削れてダメになってしまいます。


以前に、バルクキャップ側から、ベアリングでベルトにテンションをかける方法を書きましたが、今度はプーリーとベアリングでベルトを挟む、501やBXのベルトテンショナーと同じ方式にしています。

やり方は、リアバルクの左に、モーターベアリングを皿ネジで取り付けます。
穴位置は上辺から12.5mm位です。場所をミスした場合は、プラリペアで塞いで開け直せばOKです。
リアベルト用のアルミプーリーが磨耗しているとダメなので、交換して下さい。
なお、ベルトとベアリングを接触させないと、効果がありません。多少の駆動ロスには目をつぶります。
リアベルトテンショナーの作成

リアベルトテンショナーの作成(2)

上から見た所



こんな感じにリアベルトを挟み込みます。横位置はシムで微調整。
ベルトの位置関係


フロントベルトにもテンショナーを付けたい場合は、ダブルベアリングにします。
バルク内側のナットは薄い物を使用。
両ベルトに付ける場合


独特な音がするようになりますが(^^;)
走りには問題無いようです。


【関連記事】
2009/02/26 MR-4BCのリアベルト延命(2)
2008/04/07 ベルトの寿命を延命

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。