1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アソシのサーボホーン強化
B4のサーボホーンが折れました(T_T)シクシク
手持ちの汎用品で直そうとしましたが、アソシのサーボホーンはかなり前方にオフセットしていて、リンケージがうまくいきませんでした。
割れたサーボホーン


そういえば去年、スミさんのB44もサーボホーンが割れましたね。
その時の写真を観察すると、2WDと4WDの違いなのに同じような割れ方です・・・これはアソシの宿命ですか?
B44クラッシュ

スペアを注文しようと思いましたが、買ってもいつかまた割れそうなので試しに作ってみる事にしました。


GP用サーボ、S9351やBLS351に付いてくるサーボホーンは、分厚くて丈夫そうなので、これを加工します。
フタバのサーボホーンは他社より柔らかいので、割れにくいですしね。
代替品

GPバギーのブレーキリンケージでは、サーボホーンを重ねてネジ留めし、オフセットさせる手がよく使われるので、その方法でいきます。
表面を荒らして瞬間でくっつけ、φ2mmのネジ2本で留めます。
ボールに近い方は皿ネジにして、リンケージに干渉しないようにします。
完成品

完成品2

これで強度は大丈夫でしょう。もう壊れないと思います。


穴位置の関係で、サーボホーンが少し長くなりましたが、問題無く使えます。
長くなった分、ストロークが増したので、左への切れ角が不足していてEPAが左120%となっていたのを、適正値に直す事ができました。
修理完了


サーボセイバーも点検しましたが、ロックしたりはしていませんでした。
念のため分解してグリスアップするついでに、かなり昔に買ってあった強化スプリングを入れてみました。いまさらですが何か?
HDサーボセイバースプリング


アソシユーザーでサーボホーンの割れに悩む人は、こんな改造を試してみてはどうでしょう?
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。