1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LiPoのオートカットを検証(2)
その1の続きです。

アンプ内蔵や、外付けの保護機能だけに任せていては、バッテリーを痛めたりダメにしちゃう可能性があります。
自作のリポモニターを付けて分かった事ですが、走行中は負荷で変動しますが約1V前後の電圧降下が起こっているのです。
B4に搭載した状態


という事は、よくある6.1V程度の保護設定だと、一定負荷で連続走行中に7V位になれば、電圧降下から、安全にオートカットに入るかもしれません。

しかし負荷のかからない走行をすれば、まだ持ち堪えてしまい、7Vを下回っても走れるでしょう。
そしてその後にゼロ加速やジャンプ、クラッシュによるモーターロック等で、一気に電流が流れると、6Vを下回って電圧降下し、オートカットに入るけど、バッテリーにもダメージを与えてしまいます。

電圧が下がったら即オートカットされるか、しばらく待つかは、アンプの制御プログラム次第なので、一概には言えませんが、しばらく待つタイプはバッテリーには良くないですね。
仮に即止まるタイプとしても、追突されたり、ジャンプで失速転倒する可能性があるので危険もありますけど。


いずれにしても、バッテリー保護のためには、無負荷時の電圧がだいたい7V位になるまでに、走行を止めないとならないと思われます。
ちなみにこれを体感するのはちょっと難しかったです。
7Vではまだ普通にジャンプが飛べるので、ほんの少しのパワーダウン程度でした。
加速感がガクンと落ちた時点ですぐ止めても、もう7Vを下回っていて6.6V位になっていました。

よって、リポを長持ちさせようと思ったら、電圧低下をモニターする装置を付けるか、何分走ったら何mA消費するかのデータを取り、時間を測って早めに走行を止めるようにするのが賢明と思われます。
もちろん、人間の感覚だけではミスするので、保険としてオートカット機能を付けておく事も必要ですね。


ちなみにイーグルの4200mAのリポでは、4WD(8.5ターン)で約15~18分位、2WD(10.5ターン)で約20~23分位の走行時間でした。
ただし、私の走り方はあまりパワーを入れないし、モーターのターン数を増やしてパワーを落としているので、普通はもう少し短いかもです。
イーグルのリポバッテリー
※コネクターはDeansの2Pに付け替えて使っています。タミヤコネクターのままでは接触抵抗が増えるので、溶けちゃいますよ。


【関連記事】
2009/01/28 LiPoのオートカットを検証(1)
2009/01/22 LiPoモニターの製作
2009/01/15 リポの注意点まとめ
2009/01/01 リポ導入
2008/11/21 振り分け型リポと安全袋
2008/11/13 リポ電池爆発

スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/01/30(金) 23:04:01 | | # [ 編集 ]
同感です。
EMAIL:
URL:
私の使っているヨコモのアンプは最高設定でも6vオートカットです。
電圧降下で一瞬6vになったらカットされるのか、6vが持続するとカットされるのか分かりませんし、設定が3~6vで設定と言う事にも疑問を感じます、1セル当たり3vカットは、リポが少々痛んでも構わないから限界まで走り続けていたい場合の設定としか思えませんが、それが最高安全値として設定されているわけで、最高値は7vでないと意味が無いと思います。
ヘリのラジコンでは無いのですから、スロットルオフの時間なんていくらでもあるわけで、電圧を測っているのは、それを制御するアンプなのですから、スロットルオフの電圧で7vならカットなんて設定は、簡単なはずです。
空物から見たRCカーのリポ事情は、4年遅れに見えます。車界ではまだ1c充電を推奨しているバッテリーが多いですが、空物では3年前には2c充電常識、今は6c充電です。カットオフに関する技術も、ニッケル水素 気分が抜けていないと言わざるを得ません。
ちなみに工場出荷時にオートカットは オート設定が推奨されていて、なんと5
5vだそうです。
リポの爆発から車を守る物であり、リポを守る機能ではなさそうです。
2011/05/09(月) 15:22:47 | URL | ジェフ #bfeOjSXA [ 編集 ]
ジェフさん
EMAIL:
URL:
コメントありがとうございます。
実際のところ、アンプのオートカット機能は危険領域に入るので、使えませんよね・・・
かなりバッテリーにダメージを与えると思います。
もっと高い電圧でカットするように工場出荷し、ユーザーが使用状況に合わせて設定変更するのがいいと考えます。
(変更できないタイプが多いですが・・・)
最近は、スロットルOFF時に7.5VあたりでSTOPするのがいいと考えます。スロットルを入れている間は電圧降下でもっと下がりますからね。
カー用で難しいと思われるのは、常にスロットルをある程度入れている空物と違って、負荷が0~100%に変化する所にあります。
ゼロ加速時に短い時間ですがかなりの放電負荷がかかってしまいます。
なのでカット電圧はかなり低めに設定しないといけないんですよね。
理想は、スロットルON時の電圧カットと、スロットルOFF時の電圧カットの2種類を組み合わせるのが、いいと思います。
または、電圧の移動平均値を常時計測すれば負荷の急激な変動が吸収されるので、その場合は1個の設定でカー用のカット電圧として実用的になりそうに思います。
2011/05/10(火) 10:35:20 | URL | もけ@管理人 #kl4cBp9M [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。