1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LiPoバッテリーでの事故
京商のホームページを見ると、トピックスにLiPoバッテリー使用の注意が載っていました。
ここを見に来ているような人には既知の事実ではありますが、
『バランスが崩れたバッテリーは、バランス充電しないと発火する』とあえて書かれていました。
ほとんどの事故は人間側のミスで起こるようなので、気をつけたいですね。
http://www.kyosho.com/jpn/topics/information/20140529.html


京商の記事にあった参考リンクは東京消防庁発表のニュースです(昨年のですが)
京商内部のコピーpdf
http://www.kyosho.com/jpn/topics/information/pdf/250523-2.pdf
東京消防庁のオリジナルpdf
http://www.tfd.metro.tokyo.jp/hp-kouhouka/pdf/250523.pdf

直リンクはしていないので、URLはコピペでお願いします。。。
140626lipo.jpg

こんな恐ろしい画像が入ってます。。。
140626lipo2.jpg


ドリフトコースのTEAM-TETSUJINのブログでは、コースでLiPoの爆発が相次いだので、セーフィティバッグの使用を義務付け、場合によっては損害賠償の請求も行う方向のようです。
http://ameblo.jp/team-tetsujin/entry-11878893437.html
画像を含む記事は上記URLでご覧下さい。
140626lipo3.jpg


個人賠償責任保険に入れば、席を離れている間に火災になっても賠償できるので、入っておきたいですね。
大手の自動車保険にはたいてい付帯しているので、チェックしておきましょう。
※保険料を極限までケチっていると外れているかもしれません。

マンションに住んでいる人も、住宅保険に付いてくる場合が多いです。

あと単体で入れるものとしては、RCKのラジコン保険ですかね。
月々188円で1事故1億円まで補償ですが、免責5万となってます。大手の自動車保険に付けれるやつは免責ゼロなので、そちらの方がいいかもです。

スポンサーサイト

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用

ユニバの破損防止
XRAYから出ている、分解式でないユニバを保護するパーツです。
ていうか、極太の熱収縮チューブですね。。。
ちょっと入手しにくいサイズではありますが、電子部品や線材の専門店で買えます。

140621boots.jpg
私はインファーノ777の時代に、センターユニバ(非分解式)の破損防止に自主的にやっていました!
まれにピンが取れてセンターユニバが壊れるんですよね。
レースでリタイヤしたくないので保険でやってました。

TLR22-4の非分解式リアユニバでも、こういう風にチューブを付けておけばピン抜けの破損が防止できますよ。
リアならステアリングと違ってあまり角度が付かないからできると思います。フロントはD/Rで舵角を減らしていないと厳しいかも。
U松さんのマシンが壊れた時に、適当なピンをカットして挿入してチューブを被せて応急修復をこれでやりました。

親バッテリー
自家用車用で予防的に交換したバッテリー。
まだラジ用には使えるので、補充電して死なないようにしておきます。
外で充電する場合はプロポと受信機バッテリー程度なので、ここまでの容量は要らないんですけどね。。。
重さが12キロはあるので、運ぶのはたいへん!

140613batt.jpg


ハイエンド機ならPB(鉛)バッテリーも充電できます。
ウチにある○BCホビーのは、LiPoとかは6Aいけるのですが、PBバッテリーではなぜか充電電流が2A固定でした。ハイテックのは6A充電できます。
充電制御はリチウム系と同じで、最初は定電流・終末は定電圧で電流を減らしていきます。
しかしバッテリーが大きすぎて、定電圧に入ってから数時間はかかります。
0.5Aくらいで止めちゃいますけどね。

140613batt2.jpg


充電中は水素ガスが出るので、引火爆発に注意!
整備工場で爆発するのを見たことありますが、なかなかに衝撃的でした。

ダンパーブーツ流用
ロッシエイトに使うダンパーブーツは、入手のしやすいMBX用を使ってました。
ロッシ純正は切れやすい気がするんですよねー
もうMBX6のパーツが在庫切れなので、MBX7用を購入。
ちょっと形状が変わってて、すそが絞られています。
そしてフロント用とリア用が別売です。

140605boots.jpg


だいたいダンパーブーツはショックの最上部と最下部の取り付け部分から切れるので、そこのゴム厚だけ強化できないのかなーと思ってしまいます。

ちなみに、ゴム風船はハチイチバギーには寿命が短いので、使っていません。。。

6/1 BCF模擬レース
B.C.Fサーキットで、模擬レースでした。
雪で壊れた給油台は、積雪対策で写真のように低くなりました。

140602tenki.jpg


今回はお遊びレースなので、いつものお遊びToroneroエンジンで。
コースに付いてからメンテ開始(^^;
カーボン混ぜてるとクラッチもベルもあまり減りませんねー
ダッシュ力を求める人には向きませんが。

140602nova.jpg


最近はロッシエイト3.0が増殖中です。MP-9に迫る走りをしています。かなりよさげですね。
(ウチのはまだ2.0。。。いや、流用してるから2.1くらいかなw)

140602syugo.jpg


今年はまだ1回しかコースで走ってなかったので、練習不足にもほどがあるのですが、遊びだからいいでしょう。
Bメインポールからそのまま勝ち上がって、Aメインはアッパーのネジが取れてリタイヤしました(^^;

140602neji.jpg


時間帯でタイヤが合わなくなるのが難しいですねー
気温が関係あるのかな?
厳密にはショックオイルの番手も気温の変化に合わせて変えるべきでしょうね。


あ、来週は本番レースだそうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。