1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホイールの補強
面白い補強リブの入ったホイールです。
ある程度の補強がないとすぐ歪みますからね~
かと言っても硬すぎると運転が難しい感じがします。
ほどよい剛性が必要ですね。

ちなみに最強の硬さはAKAのホイールに裏からのマッドカバーでしょうか?

補強リブ


スポンサーサイト
アンチスクワット
ロッシ8ightはオプションのサスホルダーを付けると、フロントキック(サスアームの迎え角度)・リアスクワット/トーの角度調整ができるようになります。
8ightのEUや3.0は標準装備ですけどね。

ここを変えると劇的に車の動きが変わります。

リアアンチスクワット


リアはアンチスクワット角を付けるほどロールとジャンプでの沈み込みが減る方向ですかねー。
8ightの場合はコーナー中盤以降のピーキーさが減って操縦しやすくなる印象です。

トーインは3~4度が適正値でしょうか。

ロッシは難しいと思っている人には、この部分の変更をしてみるといいかもしれません。。。


そういえば、わたしの場合は、インファーノ777やB4・X6sqでもここは中間~MAX値を使っていました。
他との兼ね合いや好みもあるから、いちがいには言えませんけどね。


12Vプラグヒーター
冬の間に買ってあった、12V式のプラグヒーターをようやく付けてみました。
荷物や充電の手間を少しでも減らすための装備です(^^;
SINWAのよりも安くて3000円強だったと思います。

弱ったNiMH電池でテストしても動作しないので、ずっと不良品だと思ってましたが、元気のいいLiPoにつなぐとしっかり動作しました。

プラグヒーター


スターターの電源と共用です。
バッテリーがLiPoなので実際には16.4V(LiIo設定)かかります。
壊れないかな?
ちなみにMでもプラグが真っ赤になるので、設定はLでちょうどいいです。

全体図


スターターBOXの左側の端子を外してそこからコードを取り出し。

コードの取り出し


ちょっとブースターが小さくて持ちにくいので、いずれ普通のポケブーを改造してつなぐかもです。

ヒート部分


7/14 B.C.F.でコソ練
午後からBCFでコソ練です。

B.C.F.サーキット


今週もセッティングを試しました。
前回はスマートデフが不安定でダメだったので、今回はスマートデフで走れる車を目指します。

8ight 2.0


暑いのでショックも変更。気温でずいぶん固さが変りますからねー
いろいろ試していますが、適正値は55/450~54/550あたりでしょうか。
標準セットの250とかのオイルはちょっと合わないですね。。。
ちなみに日なたに置いておくと、暑さで引きダンパーが押しダンパーに変化してしまいます(^^;

ショック


まずはセンターデフをスマートデフにしてオフステアを出します。バネは0.15mm x 4個。
進入~中盤が難しくなるので、フロントデフを10000に。
ステアリングのEXPで反応を調整。
これで車が暴れず、ピーキーさもなく、いい感じになりました。

8ight 2.0


それにしても走行後のデフは触れなくなるほどの温度になっていますね。これだと走行中にセットが変化しそうです。
エンジンからの熱もありますが、デフオイルが柔らかすぎる場合に発熱が増えますね。
スマートデフだと金属パーツがぶつかり合うからそれもあるかも?


8ight 3.0からの流用
8ight 3.0はステアリングプレートにベアリングを圧入するようになっています。
ガタが出ないからいいですね!
これを2.0に流用してみようと思います。

ベアリング入りプレート


輪厚サーキット
近くを通ったので日曜に輪厚サーキットの様子を見てみました。

けっこう人がたくさん来ていますが、みんなオンロードの方でした。

輪厚サーキット


コースレイアウトは昨年のままです。

輪厚サーキット


オフロードコースはMP-9を走らせている方が1人おられただけでした。

輪厚サーキット


8ightの耐久性アップ改造
8ightのアッパーアームのアルミボールは磨耗が早いので、京商の鉄ボールとプラパーツに変更しています。
当然、ネジ・ナットも一緒にミリ化しないとなりませんが。。。
1シーズンはこの仕様で使っていますが、ガタの発生も少なく、いい感じです。


フロントはMP-9用のアッパーアーム(短)を2セット使用します。
こうするには2台分買わないとなりません!
このターンバックルは社外の太い物だったと思います。

MP-9用パーツ流用


リヤのアッパーアーム

MP-9用パーツ流用


ショックタワー側はMP777のパーツですが、MP-9用でも同じだったはず。フランジワッシャーは無くてもいいと思いますが、付けた方が安心かも。

MP-9用パーツ流用


ハブ側はこんな感じ。
京商のボールでは隙間ができるのでワッシャーを挟みます。
セッティング的にほぼ内穴しか使わないので、固定して大丈夫だと思います。
自作のマッドガードはアッパーアームのネジと外側のネジの2本留めです。

MP-9用パーツ流用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。