1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
21XZ-B spec2
21XR-Bは、XZ-Bとパーツ互換ながら、価格がかなーり安いですね。
遊び用や初心者の最初の1機にはいいかも?

21XR-B


余裕のある人はこれから買うならXZ-Bのspec2を買うんでしょうか?
OS Speedのサイトを見ていると、新型PCと軽量コンロッドにクランクシャフトも新型みたい。鋭いレスポンスが期待できそうですね。

21XZ-Bspec2



スポンサーサイト
空物プロポの復活
インフィニティ660というヘリ・飛行機用ハイエンドプロポの復活を依頼されました。メーカーでは製造から年数が経っているのでもう対応してもらえないそうです。

30分くらいでメーターが下がってしまうそうですので、送信機のバッテリーをチェック。

ニッカドバッテリー


バッテリーパックを開いてみます。刻印からすると92年9月製造っぽいです。もう21年も前になるんですかね。

ニッカドバッテリー


強制的に充放電してみますが、内部抵抗が高いのか電圧がかなり上がります。何度やっても放電容量が140mA程度しかなく、復活は無理でした。。。

強制充電


バッテリーから端子を取り外して、仮にフタバコネクターを取り付けて3PK用のニッカドをつないでプロポ本体を動作チェック。。。問題ありませんでした。
よくトラブルの元になる基盤上のリチウム電池もまだ元気です。

プロポ本体


ダメなバッテリーのカラを再利用して、中に入るニッカドバッテリーをいろいろお店や通販・オークションで探しましたが、見つからず。。。

少しサイズがはみ出るけど、ケースを加工して3PK用のニッカドか小型のLiFeを収めようかと検討していましたが、オーム模型で新品のバッテリーパックを発見しました。

古いので目覚めるか心配でしたが、3回ほど充放電を行ったところ容量が回復し、問題なく使える状態に。
充電末期にけっこう電圧が上がる(13V越え)なので、念のため放電状態からACアダプターでトリクル充電し、満充電されるかも確認しました。
受信機用のバッテリーも充放電を行って、動作チェックを行いましたよ。
いろいろ試しましたが、やはりニッカド電池はデルタピークを深めにとらないと誤カットが起こるので、長時間のトリクル充電か、ハイエンド充電器での1C(以下)充電が間違いないでしょうね。
結局、ABCホビーの充電器は放電用とし、ハイテックの充電器でニッカドモードで再生を行いました。


無事に使える状態になってオーナーさんの手元に戻りました。
サンデーフライトを楽しんでもらえれば幸いです^^


グリッドアイアン2
AKAのグリッドアイアン2というタイヤですが、まだ国内に入ってきていないのでしょうか?
とりあえず何が変わったのか違いを探してみました。
左が1で右が2です。

グリッドアイアン2

英語サイトによるとこんな感じでした。

・サイド側のリブの強化(中の外側に見えるリブがそうかも)
・外側のブロックをナナメに
・5%の軽量化

よりハイスピードに対応したって感じでしょうか?


ウイングの塗装
ウイングを塗りました。
もし出れたら明日の全日本一次予選に出ようかなと。。。
JMRCAのレギューレーション上、ウイングは塗装が必要ですからね。
左の2個は古いあざらしウイング、右のは新しいあざらしウイングです。

ウイングの塗装


塗装ブースに、塗料ミストがけっこう溜まっています。。。

塗装ブース


掃除機で吸ってみると、フィルターもすごく汚れていました!

塗装ブース


残りも吸い取りました。これでフィルターも復活です^^

塗装ブース

コードレスハンダゴテ
愛用のコードレス・ガス式のハンダゴテがだめになったので、新しいのを買いました。
もう15年くらい使ってますからねー

もちろん、100Vのコテも15W~100Wまで4本くらい持っていますが、ガス式はすぐ熱くなるし、電源のない場所で使うのに便利なんですよね。

コテライザー


だめになった方のコテ先はきれいなのですが、うまく燃焼しなくなっています。

コテ先


コテ先の中にあるガス触媒が痛んで欠けたり詰まったりしていて、触るとぼろぼろ落ちてきます。。。

触媒


こちらは新品の方です。きれいなカタチをしています。
触媒を含めてコテ先は消耗品って説明書にも書いてありました。

触媒


コテ先のキャップは透明なので、落としたり、ごちゃごちゃしている所だと見失うので、こんな風にカラーのビニテとかを巻くといいです。

キャップ




Losi 8ight 3.0
TLRの英語サイトに案内が出ていますね。
2013年4月頃に発売だそうです。
8ight 3.0


詳しく仕様を見ていくと、2.0のフルオプションをベースにリファインした感じです。

・Gen3メカボックス
・テーパースプリングでショックのカップの脱落を防止
サスジオメトリーの見直し
・15度キャスターにして、フロント周りを一新したようです
・前後ショックタワーが頑丈になっているよう
・シャーシの黒コーティングがなくなった?
・F/Rセンターユニバがドッグボーンに
・リバウンドスクリューの変更
8ight 3.0

・調整式ウイング&ボディ
・ブレーキディスクの戻りスプリング

2.0オプションの標準化
・ピポッド式サスプレート
・ライトウエイトアウトドライブ
・ターンバックルの強化
・サーボホーンのメタルインサート
・アルミのベアリングホルダー


ウイークポイントが改善されているから、耐久性も上がっているでしょうね。
弱かったリアハブは強化されていないのかな?
個人的にはネジのミリ化や、サスボールをスチールにして欲しかったですが^^


既存の2.0を3.0仕様に近づけるには、Gen3メカボックス・フロントキャリパー周り・前後ショックタワーの変更ですかねー。
でもそこまで変えるならキットを買った方が徳かな。。。


ベルト式バギー
ベルト駆動のEPハチイチバギーです。
1/8サイズでベルト駆動って珍しいですね。ダスト対策とか耐久性とかフリクションとかいろいろ課題がありますもんね。
1/10ではXX4、4BC、catと名車がたくさんあるんですけどね。
4BCはわたしの中では名車です! ^^

ベルト式バギー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。