1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巨大バギーの動画
1/5スケールGPバギーの走行動画。
巨大なバギーも面白そうです。
このサイズでも、2WDと4WDとに分かれるようですね。

1/5スケールバギー
●YouTube 動画リンク●


でも、パワーウエイトレシオ的に軽快感があるのはやはり1/8スケールかな?


スポンサーサイト
セッティングシート
忘れないうちに書いておきます。
去年とは少しセットが変わりました。

8ightのセッティング


マフラーの掃除
1年ぶりにマフラーのお掃除です。
ワイドマジックリンへの漬け置き開始。見えないけどマニホールドも沈んでいます。
いろんな洗剤がありますが、マフラーにはこれが最強です!
ワイドマジックリン漬け置き


72時間後の状態。。。
カーボンがたくさん落ちます。
もし残った箇所があれば少しこすって落とします。
ワイドマジックリン漬け置き


マニスプリングも漬け置きすると汚れが落ちやすいです。
3日後にはピカピカになってました。
ワイドマジックリン漬け置き


組み立て完了。
マフラーの接着


マニゴムは表と裏にバスコーク(強力タイプ)を塗って、しっかりと接着してしまいます。
そして繋いだあとにできる外側の隙間もバスコークで埋めてしまいます。
こうするとマニゴムが完全にダメになるまで排気漏れが起こりません。
マフラーの接着


バスコークなので振動で割れたりしないし、クラッシュ時には柔軟性で力を逃がすこともできるはずです。


7/22 全日本地区予選
B.C.F.で行われた全日本地区予選に参加してきました。
前日は0時までシンタニさんにいたのに、3時間の睡眠で朝5時に到着。。。
帰りは眠かったです。。。
集合写真


昼までは曇っていたのであまり暑くなかったです。
駐車場


本日のカップ。
本日のカップ


久しぶりに、まぶまぶさんを見かけました。
まぶまぶ氏のMP9


トラギーのレースは、排気とダストでもうもうになります。
マーシャルはマスクがあった方がいいかも。
トラギーのレース


今回はなぜかダストがすごいので、Iビームでいったら調子がよかったです。とにかく車が前に出るので、上位の人にも加速で追いつけそうな感じでした。
センターにスマートデフ(機械式LSD)が入ってるからかな?
ただしギャップに引っかかるので、転ぶ箇所はピンポイントで正確に把握して集中して走らないとなりませんでした。
リアをIビームでフロントをリボルバーとかありなのかも?今度試してみようかな。。。

地区予選は8名の通過枠を6位で通過。18台中の6位だからそんなに悪くないかな?
そのあとのお遊び決勝はBメイン2位からスタート。最初は4台の勝ち上がりと言ってたので楽勝と思ってましたが、Aメインの台数を減らすために2台に変更。がんばらないとならなくなりましたが、勝ち上がれました。Aメインは6台中4位だったかな?
Myロッシ8ight


もらったけど、うーん。。。
全日本選手権申込書
7/11 シンタニナイトレース
ナイトレースに参加してきました。
北見のpbsさんをシンタニさんで初めて見ました!
。。。て、私が冬に行ってなかっただけなのですが^^;
入賞するのはさすがですね。
pbsさん


新しいレイアウトはなかなかに難しく。。。
サイバーは出足をよくするためにスリッパーをロックに近くしていたら、リアベベルを壊しました。。。
それ以外は大きな破損はしなかったのでよかったです。
結果はどちらもBメイン2位。
もけ号


ジャンケン大会用の豪華景品。
景品


こんな大物が当たりました。
タミグラに出ようかな??
豪華景品


タイヤグリップ材
トリニティのタイヤグリップ剤です。
インドアコースの締まった路面に向くそうですよ。
WD-40や灯油みたいな感じなのですが、臭いがぜんぜんしないので、部屋で使えます。
トリニティのグリップ材


夏場のシンタニサーキットはグリップが落ちるので、塗布してみます。
英文の取り説によると、何回か重ね塗りすると効果があるらしいです。
タイヤ


日曜はBCFでハチイチバギーの一次予選ですが、以前から約束しているので、土曜日のシンタニナイトレースにも出る予定です。


センターユニバにカバー
ロッシエイトのセンターユニバには、標準でカバーが付いていますが、シャフト側に大きな穴が開いているので土が入りまくります。
しばらく使うとガタガタになってしまいます。

ピンは打ち換えできますがCVDの所にガタが出てしまうと再生不可能です。シャフトは高価なので、なんとか寿命を延ばしたい所です。
そこで流用を考えてみました。

左がHS高木製の汎用シリコン製カバーです。肉薄仕様で、ロッシのセンターシャフトにはぴったりサイズになっています。
右がMBX6用、少しゆるいし固定ができません。。。
ユニバのカバー


とりあえずMBX6用で組んでみました。
中にはたっぷりグリスを入れて、漏れ止めとズレ防止に、バスコークで接着しています。
MBX6用のカバー


標準よりカバーが長くなったので、フロント側はトルクロッドを削らないと干渉してしまいました。ロッシは3点止めの大きなトルクロッドなので、削っても問題ないでしょう。。。
リヤ用はバッテリーケースに干渉したので、当たる部分をほんの少し削りました。
5タンク使用しましたが、いまのところ問題なく使えています。


7/15 BCFでコソ練
日曜日はB.C.F.でコソ練です。
今週はかなり雨が降りましたが、路面はほとんど乾いていました。
BCFサーキット


来週の一次予選に向けてXZを積んでいます。
25%の燃料で、ほどほどのニードル設定で燃費は8分20秒、そこから5分絞って9分でした。
スローはこれ以上絞ると加速不良が出るので、10分走るには、メインをあと10分は絞らないとダメかも。
プラグはP3だし、この位にしておこうかな。
なぜかP4はフィーリングが好きになれません。。。
XZの調整


今週のマイカップ(。・ω・。)
今週のカップ


MP9 TKI3の新パーツ
海外サイトの情報で、MP9 TKI3用の新パーツで、アルミのポンダーステーが出るそうです。
見た目の飾りだけではなくて、受信機ボックスとバッテリーボックスをしっかりつなぐことで、この部分のシャーシのしなり具合を調整する、セッティングパーツになるそうです。
左側はエンジンでシャーシが押さえられているから、左右のしなり具合を適正化する目的なのでしょうか?

ifw426


アクアさんでRCM天下統一
今月発売のRCマガジン8月号に、アクアさんで8月5日に天下統一レース開催のお知らせが載ってます。
北海道の1/8GPオフロード好きは集結しないとですね!
RCマガジン


ちなみに145ページですよ(下記画像は拡大不能にしてありますから、買って読んでね♪)
RCマガジン


鉄美の日記(アクアさんのブログ)にも掲載されています。


7/8 BCFでコソ練
土日は気温が30℃近くまで上がって暑かったです。。。

BCFはにぎわっていますね~
BCFの様子


ロッシエイトのEUボディを見せてもらいました!
いつもカッコいいペイントですね~
losi 8ight EU

エンジンの後ろにヒレ形状のものが。。。
あざらしさんがポリカでこういったテストをしていたのを目撃したことがあります。
losi 8ight EU

サイドの盛り上がりも大きいです。
試しに導入してみようかな?
losi 8ight EU


本日のマイカップ ( ̄(エ) ̄)
マイカップ


エンジンのチェック
バックプレートを開けてコンロッドの具合をチェック。
開ける時はピストンを上死点に上げるのをお忘れなく(ピストンスカート欠けちゃいます)

15Lは炊いていますがコンロッドにガタはなかったので、まだそのままにします。

ちなみにエンジンヘッドはなるべく開けません。。。
アタリが変わると調子が崩れるのを避けています。
ピストンの具合はプラグ穴からチェックし、カーボンがだいぶ堆積してきたなら分解・清掃します。
エンジンのチェック


ちなみにエンジンに関しては、まめに分解して清掃する派と極力バラさない派がおりまして、それぞれに利点はあると考えるので、どちらが正解とは言えないように思えます。。。
キンキンに絞る人は早めにコンロッドを代えた方がいいでしょうね。



バックプレートは清掃して、Oリングにオイルを塗って組み立てます。
ここのネジが折れたエンジンをしばしば見かけますが、ネジが細いのに馬鹿力で締めるからだと思います。ここは強力に締める必要はない箇所ですねー。キュッと締めればOKです。
バックプレート


コブラのスタビ
サーパントコブラのオプション用のスタビですかね?
普通は曲げたバー1本でできていますが、これは分離式になっています。

コブラのスタビ


スタビが折れる時は、たいてい曲げ加工した箇所から折れるので、このタイプなら破損しにくいかもしれませんね。
動く箇所にベアリングも入っているし、高級感があります。パーツが多い分、重くはなりますが。。。


ブレーキリンケージの変更
ロッシのブレーキリンケージを変更しました。
ブレーキをかける方向の力はキット標準では燃料チューブでテンションをかけるようになっているのですが、ブレーキが効きすぎる感じがあるので、国産車みたくバネ式にしてみようかなと。
ブレーキリンケージの変更


これが要らなくなるパーツ。
ストッパーもインチのイモネジがなめやすいので、ミリに変更します。
シリコンチューブ


パーツはMBX5用のを流用。
MBX5のパーツ


試走すると、ブレーキは少し弱くなった感じがしますけど、大差ありませんでした。
スプリングをだいぶひっぱらないと効かないからかな?
試走


しかし、チューブ式だとヘタリ等で前後の効きが変わることがあるので、それがなくなればいいかなと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。