1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DB-02はどうかな?
サイバー10Bが廃盤になってるので、これが次期EP 4WD用として有力かなーって思ってます。
デュランゴにも興味ありますが。。。

ハイパワーモーターを積んでレースレベルの走りをすると、DB-01ではベルトやプーリーをわりとひんぱんに交換しないとならないようでしたが、ギアだとそれほど心配がいらないですね。

DB-02


ストレートリポが使える所がいいんですよねー

DB-02



センターのベベルは金属ギアのようです。
ギアデフみたいに見えますが、取り説で確認すると、4つのベベルは全箇所が噛み合っているわけではなく、左のベベルでリア、右のベベルでフロントシャフトを駆動しています。
デフはTRF502Xと同じ物が付いているそうです。
DB-02のセンターギア


スポンサーサイト
冬用ヘッド。。。
21XZ-R用の6Sヘッド付きエンジンは100台の限定仕様なんですね~。
慣らし中や気温の低い時にオーバークールを防ぐために使えるそうですが、バギーに転用する手はあるんですかね?
軽量ヘッド


私が以前に、旧型VZ-Bエンジンの壊れたヘッドを1/3くらいカットして、6Sに改造して試したものはこれです。
これで気温8℃くらいで使いましたが、ヒートし過ぎました。。。
バギーはレーシングと違って速度が低いから、あまりフィンを少なくはできないのかもです^^;
2枚カットくらいがいいところかな?
冬用ヘッド?


AMBレンタルポンダーの修理
レースでおなじみのAMBレンタルポンダーの修理を試みています。
反応しなくなったやつを分解すると、樹脂でガッチリモールドされてしまっているので、内蔵バッテリーの周りを精密なリューターで丁寧に削って取り出します。

AMBポンダー


チェック用に内蔵バッテリーにコードを半田付けして充電を試みますが、トリクル充電も受け付けません。
電池が死んでいるようです。
1V以下の僅かな電圧は出ています。
ボタン電池サイズですが、GP SYLVA CHARGE と刻印があります。

AMBポンダーの電池


似たサイズの充電池を持っているので、それを流用してバッテリー交換してテストしてみる予定です。


MP9 TKI3
日本の京商のHPにはまだ載っていないようですが、京商アメリカのHPには載ってますね。
http://www.kyoshoamerica.com/Inferno-MP9-TKI-3-KIT-_p_10854.html

MP9 TKI3

バッテリーはボックスに入りますかね?
LiFe・LiPoではバランスコネクターとかあるから、小さいタイプが向くかも??


MP9 TKI3

英語サイトの方に書かれている変更点は、
強化ユニバ、フロントショックタワーの強化、受信機メカボックスをKO対応化、サーボのメンテをしやすくメカトレイを移動、
だそうです。


メカトレイに変更あるそうなので、もしかしたらシャーシの穴位置が変わっているかもしれませんね。


B.C.Fサーキットの様子
B.C.Fサーキットの様子を見に行ってきました。
入り口が見当たりません。。。
入り口


80cmくらい積もっている感じですね。溶けるまであと2~3週間でしょうか?
操縦台


今年はトラギーが流行りそうな予感。。。
インファーノST-RRevoですね!キレイなボディです。
トラギー


どこのワンコでしょう?
ワンコ


ホーネットJUN-WATANABE
タミヤホーネットのデザイナーブランド仕様です。
ピンクのタイヤがオシャレですね!

ホーネットJUN-WATANABE

女性ウケしそう?


脅威のジャンプするラジコン
何もない所から脅威のジャンプ力を見せるラジコン。
軍用らしいです?
このメカニズムと現代の3chプロポを使えば、昔のマンガ、ラジコンロックで描かれた、何もない所からジャンプするツーリングカーが作れるかも?^^;

ジャンプするラジコン
●YouTube 動画リンク●



元ネタ:GIZMODO


ミニッツバギーのタイヤ
ミニッツバギーはカーペット等、グリップの高い所でハイスピードで走らせると、タイヤがホイールから外れちゃう事があります。
1/10EPのように瞬間で接着してしまいましょう。

ホイールには極小の空気穴が開いています。特に穴径は変えないでこのまま接着しましたが、問題はなかったです。
インナースポンジはありませんが、タイヤ径がとても小さいので必要ないのかもしれません。
ミニッツバギーのタイヤ


2012ブルドッグボディ
ロッシ8ight 2.0用ブルドッグボディ2012バージョンです。
横から見るとルーフが平らになりました。
ロッシ8ight用ブルドッグ2012


ルーフに溝が入ってたり、リア側にエアアウトレット穴?があります。
ロッシ8ight用ブルドッグ2012


D8用もルーフに溝が入りまくり。
D8用ブルドッグ2012


これはMBX6のEP用ボディですが、溝がすごいですね。
MBX6eco用ブルドッグ2012


ブルドッグボディは使った印象では曲がり重視って感じでしたが、2012版ではさらに整流効果を狙っているんでしょうかね?

しかしこの段差ではルーフにペイントパターンを入れるのは難しそうですね。。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。