1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファンプロテクター
マッチモアから、ファンの破損を防止するアダプターが発売されています。定価は税込み525円。
ファンプロテクター


一般的な25mm×25mmのファンに適合するようで、アルミ製・色も各種あります。
ネジ部に少し段差を設けて、ファンブレードとの接触を回避するように加工されているとの事。
ファンプロテクター

オフロードでは衝撃で、よくファンが引っこ抜けてしまうので、これでトラブルが防げそうですね!





スポンサーサイト
タイヤ作業のリューター
複数の問い合わせがあったので紹介します。
タイヤに付いた瞬間を除去するのに使っているリューターはこれです。
AC電源なので長時間使えるし、回転数が可変なので便利です。
タイヤ作業用のリューター

裏の説明


削り用のビットは買い足していますが、ダイヤモンドビットがたくさん付いて来るのでお得感あります。
付属のダイヤモンドビット


タイヤのゴムに流れた瞬間を除去する時は、回転数を50%~70%位にして、ダイヤモンドビットでゴムの表面を撫でるようにすればうまくいきます。
ゴムがつや消しになりますが、表面に付いた硬い瞬間の層だけ削れて、ゴムはほとんど削れません。
ただし、一箇所にずっと当てていると、発熱して削れてしまいますから注意が必要です。



ホームセンターで買いましたけど、楽天市場の方が安いですね。
私が買ったタイプはこれ。




こちらは先端工具が豊富なバージョンみたい
【送料無料】小型ペンタイプリューター PT-α

【送料無料】小型ペンタイプリューター PT-α
価格:8
190円(税込、送料込)




インナー交換
レースの前に4WDはタイヤのインナー交換してみました。

カッターを入れるために、瞬間が盛られた箇所を削り落とします。
瞬間の補強箇所


リューターのダイヤモンドビットを使うと、瞬間の硬い部分だけが削れてタイヤのゴムは削れずに済みます。
タイヤのサイドウォールに瞬間を流してしまった時のリカバーにも使える技です(^^)
リューターで瞬間を削る


半年ほど使ったHotBodiesの純正インナー。。。
ちょっとぼそぼそです。
出てきたインナー


今回は16Mを未カットで入れてみましょうか!
新品インナー


今回はホイールにゴム辺が残ったまま接着してみましたが、特に問題は無いようです。

後はバランサーでバランスを取っておきます。
新品タイヤと違って、あまりバランスは崩れていませんでした。


【関連過去記事】
2008/03/03 インナー交換してタイヤ延命のやり方


4WDに軽量バッテリー
ヨコモの軽量LiPoをサイバーに積んでレース使用してみました。
隙間が大きいので、段ボールでスペーサを作っています。
サイバーにヨコモ2800LiPo

搭載状態
サイバーにヨコモ2800LiPo


後ろが100gも軽くなったせいか、少し曲がりやすくなりましたが、高速コーナーでインリフトしやすくなりました。

どこのコーナーに速さを求めるかで、大きいLiPoと使い分けようかと思います。


3/20 シンタニで一次予選
シンタニさんでJMRCA 1/10EPオフの一次地区予選が開催されました。
参加者は多かったですよ。
集合写真


ピットも満席です。
ピット


指定されたゼッケン番号を必ずボディに貼らないとなりません。
ゼッケン


車検台で車の大きさをチェック。
車検台


重量も測ります。
重りが飛んでしまって、重量が不足してしまった人も。。。
重量チェック


リア・フロントウイングの大きさを測るゲージです。
ウイング用のゲージ


4WDの速い人のヒート。
4WD最速メンバー


サイバー兄弟です。
ミドルクラスでもハイエンドに迫りますから~
サイバー兄弟


総合リザルト
もはや20周に入らないとAメインに入れませんね。14秒台をたたきださないと。。。
リザルト


じゃんけん大会の大物景品は、四天王がゲット。
きっと次回レースで使用してくれる事でしょう(?)
景品


けっこういい物をいただきました。ありがとうございます。
景品


アルミバルクヘッド
アソシB4・X6用に使えるフロントのアルミバルクヘッドです。
RC Maniax製の方がアソシよりも少し安かったです。
サスピンを4個のイモネジで固定するようになっているので、ガタが出にくいことを期待しています。
RC Maniaxのアルミバルクヘッド

アルミのサスピンホルダーを付けたら、アームの動きが悪くなったので、サスピンホルダーの裏に薄いポリカを貼り付けて対処しました。


軽量バッテリーその2
このヨコモのLiPoは約130gと、とても軽量ですが容量が2800mAしかありません。

ヨコモの2800LiPo

8.2V充電から走行し、時間を計ったところ、シンタニサーキットで44周走って電圧が7.4Vでした。
(※電池寿命を延ばすため、8.4Vでなく8.2Vで満充電の設定)

1周15.5秒として15.5×44=682秒、11分ちょっと走れましたよ。
車はX-6sq、モーターは8.5ターンです。

アンプがLRPのSPXスーパーリバースなので、もっと燃費のいいタイプなら、さらに走行時間が増えるかもしれません。

次回は4WDで試してみたいと思いますが、5分は楽勝でしょう。


B4のオンボード動画
B4のオンボード動画です。
室内のカーペットコースみたいですね。
ジャンプでダンパーステーがしなっているように見えます。
ここの剛性アップはステアリングに効きそうな気も。。。

B4のオンボード動画
●YouTube 動画リンク●




東日本大震災
被災された方には心からお見舞い申し上げます。

何もできませんがインターネット募金で支援させていただきました。


札幌は最大震度3程度の揺れで、余震も多いですが被害は無いと思います。
地震後から携帯とメールが24時間程使えなかったり、石油が届かなくなったためにガソリンスタンドで給油制限が始まったり、仕事の荷物が集荷停止になってしまったりと、間接的に震災の影響を実際に感じております。


ウイングマウントのガタ取り
サイバーのウイングマウントは高さが可変なのですが、ガタがかなり多いのです。
厚紙を挟んで対処していましたが、今は2mmのネジで留めてしまいました。
これでバッチリです。

サイバーのウイングマウント


フロントウイングその2
サイズの違う物を作ってみました。
前回の結果からいろいろ考えて、面積と角度を調整。
要らないMX-4のウイングを使っています。

フロントウイング

今度は高速コーナーも低速コーナーも問題無かったです。
なかなかいい感じです。


【関連記事】
2011/03/01 自作フロントウイング


DDPのトルクスネジ
DDPからX-Factory向けにインチのトルクスネジセットが出ているんですね。

トルクスネジ

説明によると、六角と違って磨耗に強いそうです。
ネジも舐めにくそうだから、いいかもしれませんね。


ベベルギア
ほぼ1年ぶりにメンテしたリアの小ベベルです。
歯がとがっていますね。
ベベルギア

ピンの受けも溝が広がっています。
ベベルギア

ここまで、だいたい100パックは走ったでしょうか?

フロント用はギアの磨耗が見られなくてまだ使えそうだったので、交換無しで引き続き使用中です。

ちなみにサイバーではギア舐めは起こした事がないですよ。
意外に信頼性は高いのではないかと思います。


自作フロントウイング
古~いアソシのウイングを切り貼りして、レギュレーションいっぱいのサイズで作ってみました。
安定系のX-6の動きを改善できるかなと思って。。。

X-6にフロントウイング

トンデモナイ見た目の割りに普通に走ります。
ジャンプの姿勢とインフィールドがよくなりましたけど、高速がちょっと不安定ですね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。