1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テーパーピストン
1/8GPオフでは、テーパーホールのピストンはXRAYが先駆けだったかな?
ビッグボアショックが流行りだしてから各社から出てきましたね。

1/10EPオフでもヨコモB-MAX4用に出てきました。
片面がテーパー形状になっていて、6個の穴も少しテーパー状になっているように見えます。
ヨコモのテーパーピストン


以下はヨコモのサイトの説明です。

B-MAX4用オプションのリア エックスショック用テーパーピストンです。ピストンの片面をテーパー形状とすることで、伸び側と縮み側の減衰フィーリングを変えることが可能です。
例えばフロントに使用する場合はテーパー面を上側にすることで、減速時にフロントへの荷重がかかりやすくなり、ハンドリングがより良くなるなどの効果が見られます。
リアに使用する場合はテーパー面を下側にし、コーナーリング時のロールオーバーによるリアブレイクを抑えることが可能です。


1/8GPオフではいまいち使い方がよく分かりませんでしたが、この説明が参考になるかもしれませんね。


スポンサーサイト
軽量バッテリー
最近このバッテリーを実験的に使っています。
GT500をやる訳ではありませんが…
ヨコモの2800LiPo


このLiPoは容量が少ないですが、サイズが小さくて軽いです。約100g位軽くなります。
ストレートパックを使うと重心が高くなってしまうX-6には向いているかも?
従来の積み方では隙間ができてしまうので、スペーサを作ってみました。
スペーサ


車に積むとこんな感じです。
X-6sqに搭載

X-6sqに搭載


タイムが少し上がったので、X-6には合っているかもしれません。
8.5ターンモーター使用で、8分位走行可能でした。


2/20 シンタニレース
参加してきました~
集合写真
集合写真


LEDに彩られたピットの電飾、実際はもっとまぶしいです。
電飾


近いです近いです?
スタッガー


予選で、ストレートで止まっていた車にフルスピードで激突しました
最近この車は呪われているような。。。
X-6クラッシュ

ダンパーステーは3つに分離
クラッシュ2



そんなこんなでもX-6は一発Aメイン入りしてました。
サイバーは予選をがんばりましたが19周5分4秒の自己ベストを出してもH沢さんに2秒足らず。。。
Bポールから勝ち上がって、Aメイン6番手スタートの4番手ゴールでした。
2WDはK林さん、4WDはH沢さんがライバルですねー。



じゃんけん大会のヘリコプターは、電飾ピットの方に当たりましたよ。
景品


リアルなワーゲンオフローダー
リアルなワーゲンオフローダーですねー

1/1ワーゲンオフローダー
●YouTube 動画リンク●


まるで本物みたい。。。


V2スリッパー
X-6sqのスリッパーの締め込み具合がこんな事になっています。
パッドやハウジングは時々ペーパーで荒らしてはいるのですが。。。
スリッパー締め過ぎ


そこで、B4.1用のV2スリッパーセットを買ってみました。
この新しいスリッパーハウジングは滑りにくくなっているらしいです。
また、バネが太くて強いので調整範囲が広がりそうです。
V2スリッパー


2/12のコソ練
X-6は転がった時に、また同じような破壊です。
1本1000円のサスアーム…
国産車のアームが利用できないか検討中です
X-6のアーム破損


サイバーはリアのアンチスクワット(スキッド)をいじってみたら、更に良くなりました。
こけやすさもだいぶ改善されています。
サイバー10B


RCラリーカージャパン
斑尾高原で行われているラリーイベントでしょうか?
夜の電飾がカッコいいですね!
うまい人同士の決勝かな?
RCラリーカージャパン
●YouTube 動画リンク●



こちらは昼間のレース
RCラリーカージャパン
●YouTube 動画リンク●



TAMIYAのデフプレートグリス
U松さんおすすめのグリスを買ってみました。
デフリングとハウジングが滑らないようにするための物です。


グリスというよりは、ものすごーく硬いペーストみたいな感じで、粘りもすごいです。デフリングがしっかり固定されます。
高価ですが、これはなかなかいいかも。

VGデフプレートグリス

デフリングはいつもゴム系接着剤で貼り付けていましたが、剥がれ始めると滑るんですよね。
今度からこっちにします。
2/5 シンタニさんコソ練
路面グリップが復活していました。
前回調子の悪かったX-6のセットを変更していきます。
X-6sq


見た目はトンデモナイですが、よく走るキャンバー。鬼キャンを通り越して、馬鹿キャンと呼ばれています。
(^^;)
ミッドシップの常連勢はこのキャンバーが多いです。
X-6sq

ダンパー立てたり寝かしたり、スクワット付けたり減らしたり、ウエイト調整等いろいろやって、15秒29までいきました。



サイバーの方は前後バランスを見直していったら、路面グリップが良くても悪くても走るようになりました。
この日は1パックしかやりませんでしたが、14秒台に突入。
車のセットは追及し尽したような気がしてきましたので、後は腕でしょうかね…

それともブースト??


あと、K林さんが素組みのB4.1をシェイクダウンしていました。
やらせてもらったところ、非常に初期反応が強く、よく曲がる印象でした。
それとジャンプの吸収がいいですね。V2ショックの性能がいいのかも。


ヨコモのナノクロ
これいいですね。
ヨコモから発売された、カードサイズのナノクロです。小さいのに4駆。
ラジコンではなく赤外線コントロールみたい。
ステアとスロットルはデジタルプロポーショナルではないけど、多段階制御で、操作性は良いみたい。

ナノクロの動画
●YouTube 動画リンク●



ナノクロの動画
●YouTube 動画リンク●



ボディカラーが赤と黒は生産が遅れてて、2月末の発売だとか。
ブラックが欲しい。。。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。