1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1/29のコソ練
シンタニさんで練習しましたが、路面が激変していてグリップが落ちていました。
サイバーは思いついたセット変更でとても調子よかったのですが、X-6がうまくなかったですねー。コーナーの入りが曲がらない。
ステアリングのEXPを+50%とかして走っていました。

サイバー10B


今回は試しにサイバーのフロントにオイル#0というのを試してみました。
オイル無しです。。。
1/12はフロントがスプリングのみでリアだけダンパーなので、こういうのも有りかなーなんて。

ストレートのフワフワ感とジャンプの底付きが気になるけど意外に走れるものだと思いました。
その後、オイル入れましたけどね。
(^^;)


スポンサーサイト
4PKのバッテリー
4PKのバッテリーにはATLUSのLiFeを使っています(フタバ純正LiFeの発売前だったので)
とても軽くなっていいですよ。
バランス端子が付いていないですが、バランス回路・過放電防止回路内蔵なので、プロポ標準の充電器でOKみたいです。

4PKのバッテリー

放電時間を調べてみましたが、LiFe1900mAで約8時間半でローバッテリー警告が出始めました。
1日使うには充分ですね。


ちなみに純正NiMHの方は中古なので1500mAしか入りませんでしたが、10時間以上使えます。


カワダのバッテリーは普通にバランス端子付きですね。


D4X?
D4の次期バージョンでしょうか?
D4X

前後のギアボックスとステーがアルミになっていて、強化バージョンていう感じがします。
D4X

D4X


D4はリアのギアが壊れやすい気がしているのですが、ギアボックスをアルミにする事で回避できるんでしょうかね。



シンタニさんでコソ練
いろいろセットを修正してテストしましたが、X-6はホイールベースとスプリングの調整で、以前より走るようになりました。
この車は5mm近くホイールベースが調整できるので、ずいぶん変ります。
スプリングはF:アソシブラウン、R:アソシシルバーより少しだけ硬めがいいようです。

シンゴさんにやってもらっても好評でしたよ。元郷あ~るみぃを超えていそうだとか!?
次はリアのトーを調整してみる予定です。
X-6sq



サイバーは前後のロールセンターを試してみました。
ここをいじっている人はあまりいないようですが…

アッパーアームの高さで調整しますが、1~2mmの変更で車の反応がずいぶん変ります。コーナリングとこけやすさに直結しますね。
比較的ロールの多いサイバーだから分かりやすいのかもしれませんけど。

ハイグリップ路面には、リアはロールセンター高(バルク側を下げる)・フロントは低(バルク側を上げる)が調子いいようです。
逆にするとインリフトを始めるポイントが早くてタイムが落ちました。
しかしどこかを良くすればどこかが悪くなるので、ある程度の妥協というか中間点を見つけないとなりませんね。加減が難しい…


サスアームの破損防止処理
Tebo選手が(MP-9の?)サスアームを煮ています!?
しかしこの格好は。。。(^^;)
サスアームの調理!?


寒い季節は樹脂パーツが折れやすいのですが、こうすると折れにくくなるんですよね。

冷却過程で構造を安定させる処理を、工業用語ではアニーリングと呼びます。
時間をかけて徐々に温度を下げる方が良いようですね。

上のズンドウに沈めて常温になるまで放置したらいいかも。


サイバー10Bの改造
サイバーのセッティング幅を増やす改造をしています。

フロントのキックアップ(スキッド)角度を変更。
0.5mmのスペーサをフロントの前側のサスマウントに貼り付けると角度を減らせ、ステアリングの反応が少し上がり敏感になります。
後ろ側のサスマウントの底を削れば角度が増えるので、安定し後曲がりになります。
もっと角度を増減してみたいのですが、サスピンの穴にも角度が付いているので、そのままでは0.5mm以上の変更は無理っぽいです。
フロントスキッドの変更


リアは前側のサスマウントの下を削れば、スペーサで高さを調整して角度が可変にできます。
下が加工品。1.5mm削りました。
リア側はスキッド(アンチスクワット)角度を増やすのと減らすのとどちらがいいかは一概には言えないので、いろいろ試してみる必要があります。
リアスキッドの変更


D4のリア用・後側のサスマウントを前に付ければ、リアのトーインも変更できます。
この中央部を削らないとギアボックスに当たります。あと、1mmのスペーサをサスピンに入れる必要があります。
2度を前に使うとリアのトーインが1度になりました。
リアトーの変更

リアのトーイン減らすのは、シンタニサーキットでは最近流行のセッティングです。


1/16 シンタニレース
集合写真が面白かったのでシンタニさんのHPから拝借
みんなで注入♪
集合写真

集合写真


X-6のリアアームをやっつけましたよ…
アーム破損


この工具をおく台は、宝石用に使われていた物だそうです。贅沢ですね(^^)
宝石な工具


プロポを代えてごきげんのNさんの車。
珍しい車種ですが、やらせてもらうとなかなかよく走ります。
コーナーを丸く曲がれる印象でした。
中野さんの車


景品は参加者全員に当たります
景品


今回はサイバー10Bはなんとか予選でAメイン入り、決勝はタナボタで3位に。
セッティングは最近、大幅に変更しています。
4WD入賞


ちなみに直線番長仕様です。ストレートでは負けませんよ~
Novak6.5ターン

注)エキスパートな人たちは4WDは7.5ターンだそうです。きっとそれが正しいです。


氷上ラリーでドリフト
冬は氷の上で、ラリーカーのラジコンでドリフトさせて遊ぶのが楽しそうですね。
除雪直後のフラット路面なんか、おすすめです(^^)

ラリー
●YouTube 動画リンク●


ラリー車の氷上ドリフト
●YouTube 動画リンク●


受信機・アンプの防水と、遊んだ後はすぐに乾かして金属部にWD-40をかけておくのを忘れないように…





4PKはフランスモードでなくてOK
出来心で4PK Superを買いましたよ。
高レスポンスモードを試してみたかったので…
4PK Super

とりあえず、4PKはGP用、4PKSはEP用と使い分けようかと思っています(^^;)


そこで気が付いた点。
以前の4PKはフランスモードに設定するよう注意書きが添付されていたりしたのですが、4PKSにはそれがありませんし、最初からGeneralに設定されています。
そこでメーカーに問い合わせてみました。

質問
X-6のモーター冷却
ミッドシップの2WDはモーターがかなり発熱します。

X-6用の冷却ファンアダプターがこんなカタチでE-Speedから発売されるようなのですが、まだ国内で入手できません。
E-speed


そこで自作してみました。
トルクロッドにファンをくっつけています。
ポリカのステーを両面テープとタイラップでトルクロッドにガッチリ付けます。
自作のファン


ファンの底と両側を両面テープでステーに留め、グラステープで巻きます。
自作のファン

シャーシを割るほどの衝撃があっても、ちゃんと固定されてます(^^;)


シャーシ墓場?
路面が超ハードだった世界戦のでしょうか?
すごい量です。車種もいろいろ。

シャーシ墓場


1/3 新春シンタニレース
初ラジコンしに参加してきましたよ。
集合写真


バッテリー多すぎですかね。
3年目の20C LiPoを40Cに買い換えたのですが、2WDにはオーバーパワーでした…
よって40Cを4WD、20Cを2WDに使っています…
LiPoたくさん


2WDも4WDもいろんな意味でBメインが見所です。
けど、なんかいまいち調子が出ませんでしたねー


4WDはBメイン2位でスタートし、そのまま終了。
2WDはBポールからスタート。S田さんに撃墜されずになんとか勝ち上がり、Aメイン4位でした。

2WDはシュマッカー使いのN野さんが、最近速くなってきているので、あなどれません。


2WD優勝はM下さん、4WD優勝はT畠さんでした。


よく走っているような気がするX-6sq
X-6sq


じゃんけん大会の景品
じゃんけん大会の景品

キットが2個も!
景品のキット

今回はHPIの昔のキットのベアリングが当たりました。
古くてもいろいろ流用できるからお徳です。
そういえば前にもTC用のベアリングセットが当たったような気が…
当たった

参加賞のJRプロポのカレンダーがよかったです。
横50cm位の大きさです。
カレンダー


X-6被害状況
1月3日のレースに向けてメンテをしていますが、最終戦で鉄柱に激突したX-6、被害はアームだけではなくて、ショックシャフトも微妙に曲がっていました。
そしてシャーシにもクラックが…
X-6のシャーシ破損
X-6のシャーシ破損


復活できるのか?


謹賀新年
明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。