1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/29 シンタニ最終レース
参加してきました~
集合写真


マイピット。一人分の幅は1mなので、効率的に使います。
MYピット


転圧中
転圧


転圧した箇所は路面が光っていますね。すごくグリップが上がります。
転圧後の路面


X-6はB決勝でウイリーしてしまいコースアウトし骨折…
EPで足を折るのは、去年のHDCレース以来だから久しぶりです。
めったに車を壊さない人なので、珍しがられました。
クラッシュ

サイバーはBポールから勝ち上がり、そのままの順位で終了ってとこで。


2WD Aメインの動画の撮影を担当しました。
シンタニのブログから拝借。
いろいろ事件が起きた決勝でした。笑いすぎです(^^;)
2WD決勝の動画
●YouTube 動画リンク●



じゃんけん大会の景品
景品郡


これをもらいました。パワーズのバスタオル!
ピットマットとしても使えますって書いてあります。
ピットタオル

当たりました


クリスタルの盾をゲットしたのは、どちらでしょう?
2WD優勝


4WDはTさんが盾をゲット。
4WD優勝

夜はそのままシンタニ忘年会で食べまくりました…

次は1月3日のレースですよ。

スポンサーサイト
12/26 シンタニさんでコソ練
最近、私にライバル心を燃やしている人がいるようですが、なかなか遭遇しませんね。。。


この日試してみたかったのは、4PK特有の、プロポでのニュートラルブレーキです。
アンプのニュートラルブレーキをMAXにしているのですが、もっと強くしてみたかったのです。
4PKのニュートラルブレーキ

アンプはバックをキャンセルし、内蔵のニュートラルブレーキはOFFにします。
4PKのニュートラルブレーキはATLの60%位が上限のようでした。
ON・OFFは上のプッシュスイッチに割り当て、電源ON時は切らないとなりません。


強く設定できるし、手元でニュートラルブレーキが調整できるので、なかなか便利だと思いました。


フロントワンウェイ
サイバーにフロントワンウェイを試してみました。
D4用がポン付けで載ります。
D4用フロントワンウェイ

カップの抜け防止には、ミニッツのフロントスプリングを入れます。
ミニッツではあまり出番のなかった赤を使いました。
カップの抜け防止


ワンウェイにするとシビアで扱いにくいと聞きますが、個人的には問題なかったです。
予想通りインフィールドの入りがよくなりました。
唯一難しくなったのは、最終コーナーの出口でスロットルを入れすぎると飛びやすいという点でしょうか。
F右ユニバのピンがずれて左コーナーの挙動が変になってました…


京商マスターズ2010
京商マスターズのレポートが掲載されていました。
北海道勢も1ページ使って載ってます!

京商マスターズ
京商マスターズのレポートはこちら
http://www.kyosho.com/jpn/race/presently/masters/2010MstersReport/index.html


プレペイントクリーナー
シンタニレースでいただいた景品の中にこれがありました。
TAMIYAのプレペイントクリーナー


小瓶なので、プラモの接着剤?と思いましたが、違いました。
塗装の前処理剤みたいで、塗装の剥離にも使えるとか。ちょっと溶剤のような臭いがします。
こんなのがあったんですねー
TAMIYAのプレペイントクリーナー





12/19シンタニレース
デジカメを忘れたので、シンタニさんから画像をもらいました。
シンタニレース

例によってどんでん返しがあり、なかなか面白いレースだったと思います。
M下さんとO場さんがいなかったのが残念ですが…

路面が良くなってタイムが出るようになり、2WDも4WDも一発で19周に入ってびっくりしました…
サイバーは19周5分10秒、X-6sqは19周5分16秒が出ました。2WDで初めて15秒7を経験。
決勝は撃沈しましたが(^^;)

セッティングを大幅に変更したX-6が意外によく走ってくれたので、よかったです。
あとで車の詳細を書こうと思います。


インファーノVE・レーススペック
インファーノVEに、レーススペックバージョンが出るようですね。
日本で発売するのか分かりませんが…
レディセットとの違いは、プロポが2.4GHzになり、スタビライザーが標準、ホイールがMP9用てあたりでしょうか(まだあるかも)
インファーノVEレーススペック
●YouTube 動画リンク●



ブレーキはサーボを付けず、モーターのままみたい。
インファーノVEレーススペック


4セルLiPoで走らせたら楽しそうだなー
日本でも1/8EPのレースが流行ればいいのにって思います。


ウイングのガタ取り
ウイングの取り付け穴を少し大きく開けてしまい、カタカタするようになってしまいました…
ボディリーマーを使っても、ぴったりの穴径で開けるのは難しいですよね。
ウイング


ウイングワッシャーをシューグーで接着したら、ガタが無くなっていい感じです。
ウイングのガタ取り


12/12 シンタニさんでコソ練
X-6のセットをいろいろ変えてみました。
大きく変えて方向性を探ってみたところ、とりあえず分かった事は・・・
リアにソフトスプリングは×
スタビは△
フロントスプリングが柔らか過ぎるのは△
アンチスクワット全開は×
こんな感じです。

リアスプリングはアソシのグレー~ブルーの中間が欲しいです・・・
リアのオイルを少し硬くしないとならない気がします。


キャンバーリンクをショートにするアダプターを付けました。
ショートキャンバーリンク


あまり高さを上げるとアッパーアームがハの字になってしまうので、変更範囲は2mm以内かな。
ショートキャンバーリンク


全日本に猫乱入
たまに面白動画でも。
全日本選手権に猫が乱入しています。
全日本にぬこ
●YouTube 動画リンク●



この動画が著作権侵害らしく、持ち主のアカウントが停止されたので今は見れません・・・


ひさしぶりのシンタニ
ほぼ7ヶ月ぶりにシンタニサーキットに行ってきました。
土を入れて整地したので、タイムが1秒位アップするそうです。
シンタニサーキット


路面が滑らかになってますよね。
滑らか


窓を塞いでありました。ゾンビとか出てきそうな雰囲気…
ゾンビが…?


この日はX-6Sqのシェイクダウンでしたが、けっこう普通に走ってくれました。
コーナーの中盤までがよく曲がりますね。その分プッシュアンダーが少し気になります…
RRのB4とは違った動きで面白いです。
ファンが壊れて交換しただけで、どこも破損無しです。
X-6Sqシェイクダウン

X-6Sqシェイクダウン

EPは7ヶ月ぶりですが、GP特有のスロットルをあおる癖(半クラ)も出なかったようで、人間の切り替えがうまくできるようになったようです(^^;)
この日はリアスプリングの変更と、スタビの有り無しをテストしてみました。
次回いろいろセットを変えてみるつもりです。


プラグキーホルダー
キーホルダー型のプラグホルダーです。
こうして持ち歩いてたら落っことしそうだけど・・・

プラグキーホルダー


X-6Sqの組み立て(7)
フロント周りは基本的にB4のままですが、分解ついでにステアリングクランクのベアリングをTEAM AJの安いタイプに換えてしまいます。
アソシのベアリングは入手困難なのでずっとメタルのままでした。
TEAM AJのベアリング


フロントアームとシャーシが干渉する所を削るよう指示がありますので、少しだけ削っておきました。
フロントシャーシの加工


なぜか、スリッパーを閉めこむと駆動がすごく重くなります??
問題発生


ここに内径4mm・厚さ0.3mmのシムを入れて解決しました。モータープレートを交換したせいかも。
対策


リヤアームホルダーは樹脂だとよく折れると聞いたので、TEAM AJのアルミを入れました。
チームあざらしからも発売されていますよ。
アルミのサスホルダー


スタビを付けれるようにしました。
D4のスタビホルダーを加工し、ウイングステーと一緒に留めます。
スタビ


ミッドシップはモーターの発熱が多いので、ファン&ヒートシンクを搭載。
モーターのファン


完成!次回は走行レポートです。
完成形


X-6sqの組み立て(6)
4ギアミッションはコンパクトで精度が高いです。
ドライとか、デフルーブとか手法がありますが、私はギアにグリスを塗る派です。
使うなら飛び散りにくく、圧力に耐えるグリスがいいと思います。無限のスーパージョイントグリスや、カワダの白い高いやつを使っています。タミヤのアンチウエアもいいようです。
4ギアミッション
グリスアップしないとギアの磨耗が早いですね。
このトップシャフトは何年も使ってますが、ぜんぜん磨耗していません。


旧B4の黒いアイドラーギアはまだ使えるけど、新型の黄色いタイプにそろえてみました。
アイドラーギア


ノーマルのモータープレートは曲がると聞いたので、強化品に変更!
モータープレートサポートは樹脂だとネジ穴がダメになりそうなので、アルミに変更。
取り付け時にはシャーシ側のネジを緩める必要がありました。
モータープレートサポート


リアハブもついでにB44用のベアリングが大きいタイプに変更してみます。
中のスペーサ(クラッシュチューブ)が変わる事に気付かず、後で発注し直しました…
B44用のリアハブ


ここで問題発生!
B4用のリアユニバは長さが短くて、リバウンド時に外れてしまいそうです。
ユニバの長さが・・・


結局X-6用のCVDセットを発注しました。値段が高い…
上がB4用、下がX-6用のロングアクスルです。2mm位長くなっています。
イモネジを使わないで、樹脂のカバーでピンを固定する方式が面白いです。
X-6用CVD



デュランゴDNX408
トレスレイのサイトに取り説がアップされていました。
これで全貌を知る事ができます。
12月中旬発売予定で、予価¥72450円。
DNX408


EPカーのような低重心ボディ。
リアウイングをタイヤに近付ける事に意味があるそうです。
DNX408


タンクのキャップがセンターに来てて、フロントウインドウから給油する方式なんですね。
DNX408


フロントのアッパーカバーとトルクロッドが一体化していて斬新です。
ステアリングクランクに傾斜角がついているので、効率よさそう。
DNX408


気になってたリアアームマウントは、左右別パーツで、シャーシにネジ留めされています。ここはちょっと不安が残る構造かな…
DNX408


取り説を見て分かった事ですが、メカボックスがスロットルサーボの上にあり、フタと一体化した受信機をよけると、バッテリー交換ができるようです。
すごいレイアウトですが、バッテリーを低重心化していて、理想的かもしれません。
DNX408


それにしても、Losi 8ightを初めて見た時と同じくらい、斬新な設計という感じです。
けっこう欲しいかも。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。