1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
X-6Sqの組み立て(5)
バッテリーにLiPoを使うのでウエイトを搭載するのですが、そのついでにシャーシを低重心化してみます。
釣り用の板オモリを使用。

薄手の両面テープで貼り付けて積層していきます。
板おもり
重り
バッテリースロット用おもり


バッテリースロットを埋めてみました。
1箇所につき5gになります。
4セル側の両端は少し広いので、4枚重ねです。
バッテリースロットを埋める


さらに横方向に積層します。
最後に上に薄いポリカをオモリに貼り、ポリカをテープでシャーシに留めます。
オモリ自体はシャーシに接着していませんし、一体化しているので、シャーシ交換があっても簡単に載せ換えできます。
低重心化ウエイト


スポンサーサイト
エアクリにコンドーム?
かなり前に海外で拾った画像なのですが、ベンチ上で手でエンジン調整しているシーンです。

しかしエアクリーナーにかぶせてある物体が、コンドームに見えます??
エアクリにコンドーム?

どこからエアーを吸うんでしょう。
見えない側に穴が開いているのかな?
海外では流行っているんでしょうか??

教えて!エロい人




X-6sqの組み立て(4)
ボディだけ先に作ってしまいました。
シャーシはまだ進んでいませんが(汗)
X-6のボディ完成

ボディにカッターを入れないやり方を模索しているので、今回は細いマスキングテープを切り貼りしてするのみで作ってみました。
もちろん、いつもの缶スプレー塗装です(^^;)
色を重ねる分だけマスキングを繰り返すのがめんどくさいですが、きれいにできたように思います。


1/8GPではとにかく重量とスピードからくる衝撃が相当なので、ボディの割れに悩まされます。ほんの少しでもカッターが当たった箇所はもうダメですね。
今回みたいにボディにカッターを当てないやり方ができれば、その問題は解決できそうです。


燃料ポンプのひも
5年程使った燃料ポンプのフタをつなぐひもが切れたので、タイラップで留めてみた…
これで問題なく使えています。

ほこりが入るのがイヤなので、必ずフタ付きを使います。
フタを失くすのがイヤなので、必ずひも付きを使います。
ポンプのひもを修理

OPTION No1のポンプですが、中身はOFNA製と同じようです??

●ントラルのポンプは1回しか使っていないのに、根元がひび割れてだめになりましたが、これはかなり長持ちしています。

らくらく燃料ポンプ500cc

らくらく燃料ポンプ500cc

価格:700円(税込、送料別)



●商のポンプもデザインがいいですよね。
これは現在のOPTION No1ですが、●商と同じOEMかも…
K1027/OPTION NO.1/燃料ポンプ500cc

K1027/OPTION NO.1/燃料ポンプ500cc

価格:588円(税込、送料別)



X-6sqの組み立て(3)
リポのストレートパックを載せようとしたら、高さがあるのでバッテリーホルダーがうまく付けられません。
皿ネジを使えばうまくいきそうですが、何回か付け外ししたらシャーシのネジ穴がダメになってしまいそうです。

そこで、バッテリーホルダーを受ける穴をエンザート加工してみました。
出っ張りは削り落とします。
エンザート加工


使うのはこれ。
M3ネジ用で、長さ6mmのエンザートです。
外側がタップのネジ切り機構を持っていて、セルフ回転防止機構付き。内側がネジ山になっています。
指定の下穴を開けてネジ込むだけです。
エンザート加工


付属のプラスネジで取り付けるように指示されていますが、キャップネジ&レンチを使った方が真っ直ぐにネジを切れます。
エンザート加工のコツ


完成形
完成


バッテリーホルダーを固定した状態です。
M3の皿ネジを使用しています。
サドルパックのリポに買い換えても、この方式でいけるでしょう。
完成形

完成形





1/8GPオフ世界戦
先日の1/8GPオフロード世界戦の結果。
表彰台が京商、HB、京商、無限、サーパントの順。
原篤志選手が2位入賞はすばらしいですね!
1/8世界戦結果

1/8世界戦結果


逆バンク有りの、B・C・F並みの巨大ジャンプ有りの、難しそうなコースですね。
コースが大きいから遠目には1/10クラスに見えてしまいます。
世界戦の動画
●YouTube 動画リンク●


世界戦の動画
●YouTube 動画リンク●



ステアリングホイールの改造
4PKは標準で薄い小径スポンジが使われていますが、操作中にずれる事があり気になっていました。

そこでスポンジを取ってしまい、代わりに1mm厚のゴムシートを貼り付けて使っています。
4PKのステアリング改造

4PKのステアリング改造

ノーマルよりも小径になり、スポンジのたわみも無いから、少しはレスポンスがよくなったような気がします。


X-6sq組み立て(2)
まずはカーボンパーツのフチの瞬間処理をしてしまいます。
カーボン繊維の剥離防止として使われる手法です。
見た目をよくする(?)効果もあります。
エキスパート選手とかやっていますから、マネしたくなりますよね。
カーボンパーツ


やり方としては、瞬間をフチに流して硬化剤で固めるのを何度か繰り返し、ペーパーで磨いていきます。
内側はやらなくていいと思いますが、1回だけ軽く流しておきます。


このタミヤの瞬間だと白化しなくてよかったです。
タミヤの瞬間

硬化剤はこれ
勢いが強いので、少し離して噴射しないと接着跡が荒れます。
硬化剤大入り

ペーパーは、400番→1000番→2000番と順に磨いていきます。
ペーパー磨き

切らすとイヤなので、たくさん常備してあります。
タミヤのフィニッシングペーパー

磨いた結果、フチはツルツルテカテカです。
コンパウンドをかけるとさらにピカピカになると思います。
磨いた結果


表面にタレてしまった場合は、ペーパーで修正してしまいます。
はみ出しとかあるので、表面全体も400~2000番で磨いてみました。


11/7 B・C・Fレース
B・C・Fレースに参加してきました。
おそらく道内では今シーズン最後のレースかも。
この時期にしてはかなり暖かかったです。ヌックンの出番が無かった…

朝6:20頃にコースに着くと、mabumabu氏がもう到着していました。到着TQですね(^^)

参加人数は少なめだったので、遅く開始してマッタリ進行でした。
集合写真


路面はやや湿った感じで、最初インサイドジョブ路面(持ってないし)、午後にリボルバー?路面へと変化していきました。
終始グリップ高めでしたね。
路面の様子

ピットエリア


人間用の燃料
お、おにぎりなんだな。
お、おにぎりがす、すきなんだな


なんか、うまく撮れた気がします。
走行シーン

走行シーン2


ほとんどノーメンテだったのですが、クラッチスプリングがいきなり折れてました… 無限は折れやすいような??
クラッチスプリング!!

ちなみに今回はあまり気合入れずに、どうでもいいエンジン(VZ-B 20L以上使用)と、どうでもいいタイヤ(予選:シティブロック・ハード、決勝:Iビーム)、どうでもいいバッテリー(エネループで重い)を使って軽い気持ちで出走してみました。
ロッシ

なんとなく走って予選は6番手。
Bメインの2番グリッドスタートで、1周目に追突されて転倒・ビリに…
途中トップになったり下がったりしながら、3位でゴール。
勝ち上がれませんでしたが、上位5台は16秒以内という、たいへんな内容でした。

そしてAメインのマーシャルは3名しかいなかったので、大忙し!
「起こせー!!」というエンジンの空ぶかし音が響きまくり。タイヤ膨らみまくり。


優勝はツグ君でした。
優勝


抽選会です。
抽選会

抽選会


景品はカーボンスターターケースとアルコールが当たりました!
景品


ヌックン買ってみた
だいぶ寒くなってきましたが、まだレースがあるし、外で走れると思うので、寒さ防止のヌックンを買ってみました。
雨避けにも使えるかもしれません。

ヌックン

3PK・M11用のポリカのアダプターが入っていました。
4PKはそのままでいいようです。


量販店はどこも在庫切れでしたが、楽天で見つけたのでこちらで購入しましたよ。
2箇所のリンクを貼っておきますので、欲しい方は在庫が切れないうちにどうぞ。

ホイラープロポ用防寒カバー ヌックンW1



X-6sq組み立て(1)
X-6sqのキットはLiPo対応になっていますが、メインシャーシのバッテリースロットのリブを削った方がバッテリーを低く載せられそうなので、加工します。
ちなみにストレート型のLiPoを使う予定です。
X-6sqのシャーシ加工

こちらは加工前のブラックコンポジットシャーシ。
X-6sqのシャーシ


グラファイトシャーシが160gで、ブラックコンポジットシャーシが190g位でした。
軽くて硬いシャーシがいいか、重くてしなるシャーシがいいか…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。