1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アソシB4.1 FTキット
B4.1のファクトリーチームキットが間もなく発売になるので、どこが違うのかアソシから取り説をダウンロードして調べてみました。

アソシB4.1 FT
http://aedownloads.com/downloads/manuals/t4.1ft_b4.1ft_manual.pdf


もしやギアデフかと思いましたけど、ボールデフ仕様でした。
ただしデフのアウトドライブがミリに変更されており、ミッションケースとベアリング、シャーシプレートが新型になっています。
ギアデフがポン付けできますが、従来のデフは載らなくなってしまいました。

他に気になる箇所
・V2ショック
・V2スリッパースプリング
・GT2用のステアリング周りの強化パーツ
・ユニバのピンの抜け留めリング
・トーイン0.5度のアルミリアハブキャリア(2分割のハイブリッド型)
・カーボン?バッテリープレート
・バッテリープレートはネジ式


ボールデフのままなら、ミッション変更しなくてもよかったんじゃないかな~
ギアデフを試すには都合がいいですけど、たぶんみんな使わないと思う。
新型のアウトドライブをスペアで買い揃えないとならないですし(とても値段が高い)

欲しいパーツは、V2ショックと新型リアハブあたりかな。あとトーイン変更するサスマウントも。



ヨコモのサイトでは定価¥45150円となっていました。
アソシ製品は大幅値下げすると、アナウンスしていたのですが、これは値下げ後の価格なのかな?
A Main Hobbiesでは$239.99で売ってますけど・・・


スポンサーサイト
XADOグリスの容器
XADO=「ハドゥー」って読みます。ウクライナ製だとか。
金属接点の傷を修復してしまうという、優れたグリスです。
ベアリングに使うと飛躍的に寿命が延びるそうですね。
かなり高価ですけど、お徳用サイズを買ってみました。赤と緑がありますけど、ベアリングには緑がいいみたい。
XADOグリス


このままでは使いにくいので、注射器型容器に詰め替えます。
容器入りも売ってますけど、少し高いので自分でやる事にしました。

ただしダイソーで売っているようなピストンがゴムの物だと、グリスがゴムを膨潤させて動かなくなってしまうらしく、プラスチックピストンの注射器型容器を楽天で検索しました。

で、熱帯魚用品屋さんで発見!
1個たったの120円でした(今は10円値上げしています)


送料の方が高くつきますが、地元で入手できないし、○イク△フ製とかで1個数百円で売っている事を考えると、これでもいいかなと。その代わりに何個か買っておきました。


これに詰め込んで使いやすくなりましたよ。
注射器型容器に詰め込んだ


保護キャップ替わりに、燃料チューブを切った物を先端にかぶせておきます。

ベアリングが長持ち→メンテの手間が減る・走行中にロックしてリタイヤする可能性も減る・・・予定です(^^)


7/25 輪厚での動画
短いですが、コースの感じが分かると思います。
去年と違って、バンクが無くなったのがいいですね。
この動画のお2人はかなり上手いです。


トラギーの予選中(午前)

●YouTube 動画リンク●



バギーの練習中(お昼頃)

●YouTube 動画リンク●



※バックのミ゛~という音は、セミの声です。


7/25 輪厚で1/8オフ地区予選
今年初めて輪厚オフロードコースに行ってきました。しかも、いきなりレースという無謀さです。
新レイアウトなので1回位練習に行きたかったのですが、天気と用事の都合がつきませんでした。

この日は帯広・北見からたくさんの参加がありました。遠くからお疲れさまです。
集合写真

生け花?
生け花?


操縦台がすごく高くなっていてびっくりしました。高い方が死角が少なくて見やすいんですね。
運営本部は2階の奥に設置されていました。
操縦台


朝からものすごく天気が良かったです。
前日までの雨で、最終コーナーだけ終日ウエットでした。
そこがタイヤ選択を悩ませたかもしれません。
コースの様子


ストレートから崖を上って60度位の急斜面を駆け下りる、通称『セクシーナイツコーナー!?』
なかなか難しく、何回も落っこちました。
全体的に攻略は難しかったです。
セクシーナイツコーナー


Nさんのニューボディー。なかなかカッコいいんじゃないですか。
真っ黒ボディの時よりタイムアップしたそうです!?
高画質で載せてみましたよ。
N野さんのニューボディー


予選の走行の様子(望遠で撮影)
走行の様子

走行の様子

走行の様子


セミがいっぱいいました。
なぜか人間に向かってぶつかってきます。
セミ


JMRCA・北海道地区予選は、予選3回のベスト2回で、ポイント制で順位を決めます。
結果は北見のあに~さんがTOP通過し、模擬レースも優勝しました。
さすがですね。
その他の結果は後日、オーム模型さんのHPでご覧下さい。
※公開されたので貼ってみました。HPの方は順番が違うような?
Aメイン結果


私は今回はインファーノ777で参加。
旧車ですが、全国にまだいると思われる777ファンのために、がんばってみようかなと。
この日は他にもいるかなと思いましたが、私1人しか使っている人はいませんでした。
ヘッドが21VGですが、腰下はOS Speedです。ノーマルプラグでなくターボヘッドに改造し、穴だらけにしてあります。
インファーノ777

北海道地区予選は10名の通過枠の所を、8位で通過。
模擬レースはBメインからスタート。2位以下をLAPしてトップで勝ち上がり。
Aメイン決勝は最初の数周はうまく逃げて3番手でしたが、5位でゴールでした。
TOPから1周差だったので、路面も内容も荒れてたのかもしれませんね。リタイヤも何台もありましたし。
賞状

現行車の方が走りやすいですが、古い車も使えない事はないという感じがしました。
きれいにして、Tカーにします。


エンジンランを含めると、B~Aメインで40分も走ったのでお腹いっぱいです。
しかし決勝を終わってみるとリヤダンパーがこんな事になってました。
危ない危ない。
ダンパーのトラブル

予選や練習の動画を少し撮ったので、後日アップします。


巨大なTRAXXAS!?
でかいラジコン!?
巨大なTRAXXAS

て思ったら本物のレースだったようです。
カッコいい!
実車のバギー?

実車のバギー?


8/8には陸別町で、実車のバギーのレースがあるようですね。
道新オフロード全日本選手権ってなってました。
見に行こうかな?
陸別町のバギーレース


スターターのパワーUP改造
アクアレースの時、使い物にならなかったロッシ純正のスターターボックスを改造してみました。

○ベさんがやっていた方式を真似てリレーを使います。
これは30A仕様のリレーで、オートバックスで1500円位で売っていました。
20Aなら1000円位だったかな。
30Aリレー


いわゆるバッ直という繋ぎ方で、車のヘッドライトやフォグの強化改造で使われる手法です。
モーターとバッテリーをリレーでダイレクトに接続。
リレーの駆動側にメインスイッチと蓋スイッチを通します。

配線コードはとにかく太い物を使い、モーターの端子はカシメからハンダ付けに変更します。
リレー周りの配線


8ight2.0の場合は、リングがシャーシ穴のセンターにきていないので、5mmほど駆動ユニットを右にずらします。
ユニットを留める4つのネジ用の溝から、横に新しく溝を掘ります。
モーターユニットの位置調整

電圧UPも考えましたが、モーターの寿命を考えてNiMH12セル仕様のままにしました。
バッテリーは1/10で使っていたバラセルをヨーロピアン接続です。
ショートしないように箱に入れています。


完成形
完成


始動がだいぶ楽になりましたよ。
新品エンジンの始動もしやすくなりそう!(買えないけど...)

他社製スターターボックスも、モーターを換えたりしなくてもこの方法でパワーアップできるかと思います。




2010/7/22 追記
エーモン工業のHPに、リレーの使い方の解説があります。
http://www.amon.co.jp/diy/diy_guest/relay.php

はたっちさんのブログにも、スターターボックスをリレー化改造する記事がありますので、参考にしてみて下さい。
http://hatch.at.webry.info/200807/article_1.html


B・C・Fでコソ練
ジャンプの後にステアリングのニュートラルが出なくなり、サーボのギア舐めた? って思いましたが、サーボホーンが壊れていました・・・
こんな壊れ方は初めてです。まぁ3~4年は使っていますからね。
サーボホーン破損

強化サーボホーンだけあって、セレートの所は無事でした。
アルミサーボホーンは壊れないでしょうけど、ロッシのサーボセイバーは効きの調整範囲が狭いので、サーボへの負担が大きく、樹脂ホーンで少し逃げを持たせておきたい所なのです。



ダンパーブーツにダイソーの風船を試しています。
1/10EPではよかったので、1/8でもいけそうな気がするのですが・・・?
ダンパーブーツのテスト

ロッシダンパーの場合は、ダンパーケースの根元でスプリングが当たり、ここが裂けやすかったです。
弱点

他社ダンパーではもしかしたら大丈夫なのかもしれません。


1/32バギーの動画が凄い
タカラトミーから発売予定のギガテンバギー。
手の平サイズなのに高速走行・大ジャンプしまくりの動画が凄いです。
ボディデザインもレーシングバギーしているので、大人が買いそう。
ギガテンGXバギー

動画はこちらから http://www.takaratomy.co.jp/products/gx/

スロットルがデジタルプロポーショナルみたいですが、ステアリングはそうでないのかな?
実売5000円程度みたいなので、1個買ってみてもいいかも。

改造してMicro-Tの中身をこれに移植すれば、さらに本格的なバギーに・・・
(^^)



1/8ブラシレスの理想形?
1/8EPをシャーシから設計すると、1/10のようにバッテリー振り分け、フロントモーターがベストなのかもしれません。
このレイアウトは最近の1/10EPと同じですね(ただしリポ4セル)
ハチイチブラシレスの設計

シャーシの写真

シャーシの写真


海外の掲示板を読んでいると、機械式ブレーキが無くてESCでブレーキをかける場合、前後にブレーキが効くようにセンターデフを#20000とかにして対応しているそうです。


プラグレンチの改造
HUDYのプラグレンチは精度が高くカッチリしていて、丈夫でいいのですが、プラグをホールドする機構が付いていないのが難点なのです。
不便なのでずっと使っていませんでした。
でも、もったいないので、改造します。
HUDYのプラグレンチ


ホームセンターで買ってきた小さい磁石を使用。
もしかしたら●ップエレキバンでもいいかもしれません。
強力磁石


少し大きいので、プラグレンチの中に入るように、ペンチで少しずつ割っていきます。
磁石を小さく加工


磁石をシューグで接着
エポキシでもいいと思いますが、失敗するとやり直しできない可能性があるのでご注意。
1 磁石が入るあたりに爪楊枝でシューグを塗ります。
2 レンチの柄の先端にグリスを薄く塗っておいて(接着防止)、後ろからつっこみます。
3 磁石をプラグ側から挿入し、レンチの柄で位置決めし、内側壁面との隙間に、爪楊枝でシューグを埋めます。
4 磁石の中央部にはみ出たシューグは、綿棒で拭き取ります(プラグが接着されないように)
5 磁石をプラグとレンチの柄でサンドイッチして、正確に位置決めしたら、一晩放置します。
磁石を接着


完成!
完成形


磁石でプラグがカチっとホールドされるので、たいへん使いやすくなりました。
少し振った位ではプラグは外れないので、実用性は充分です。
このレンチはお気に入りの逸品になりそう(^^)





KO充電器の修理
ボタンが3個も効かなくなったKOの充電器の修理を依頼されたので、直してみました。

KOの充電器の修理

テスターで基盤の裏から導通を調べると、押し方によっては不安定につながるので、ボタンの接点がおかしいようです。
自分の物だったら、メーカー修理できなくなる事など気にしないで、直接ハンダして違う部品に置き換えてしまうのですが、人の物なので、荒っぽい事はやめておきます。

押しボタンを接点洗浄剤やクリーナーで地道に洗ったら復活しました。
表面実装部品のため、非分解でやりましたがそれなりに効果はあったようです。

原因は屋外使用による土ホコリでしょうかね?
GPでは大電流充電はあまりしないので、大きなタッパ等に入れてホコリを避けて使うのもいいかもしれません。


デフのプチ技
デフケースの底にギア(プラネタリーギア)がオイルで張り付いて、なかなか取れない事があります。
インファーノの場合はラジオペンチでつまみ出せましたが、ロッシ8ightはギアが薄いせいかうまくいきません。

そこで、2本のマチ針の先を曲げて、引っ張り道具を作ってみました。

デフギアの引き抜き

針をギアの脇から入れて90度向きを変え、ギアの底に引っ掛けて、まっすぐ引き抜きます。
これを実現する工具が欲しいです・・・


輪厚コース2010
オーム模型さんのHPに輪厚コースの新レイアウトが掲載されていました。
この木の台は、給油台になるのかな?
輪厚コース2010


なかなかアグレッシブなレイアウトですね。今年はまだ行っていないのですが、近々走りに行ってみたいと思います。
輪厚コース2010

もし既に行った方がいましたら、感想教えて下さい。


Cyber10Bセッティング
5/5シンタニレースの時の、Cyber10Bのセッティングシートです。
シンタニサーキットで走る方の参考に、忘れないうちに記録しておきます。

Cyber10Bセッティングシート

フロントスプリングは、ヨコモホワイト(BC用)も良かったです。
HB系の短い物より、少し長めの方が合う感じです。


キャブのブーツ加工
ここからのオイル漏れが多いようで、走行後にホコリがこびり付きます。
なので、キャブレターのブーツの根元をバスコークで接着。
オイル漏れとホコリの侵入の両方が防げます。
キャブのブーツ接着

ボールリンク側は何もしていませんが、大丈夫みたいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。