1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/30シンタニレース最終戦
集合写真の準備中
集合写真前


チームあざらしさんのNew・・・(以下報道規制中)
DEX410用の・・・


何かマシントラブル?
マシントラブル?









「ノバックのファンがゴミのようだ!」
壊れたファン



今回は最終戦なので、2WD・4WDそれぞれの優勝者にクリスタルの盾が贈られました。かなり重いです。
クリスタルの盾


2WD優勝はM下さん、4WD優勝はT畠さんでした。
4WD優勝


4WD Bメインの動画
接戦で、順位が目まぐるしく入れ替わります。
4WD Bメインの動画
●YouTube 動画リンク●



私は両方Aメイン入りはできましたが、もっとがんばりたいですね。
リザルトはこちら
2WD Bメイン
2WD Aメイン
4WD Bメイン
4WD Aメイン


じゃんけん大会の景品
Mシャーシのキットまでありますよ。
じゃんけん大会

じゃんけん大会

私はタイヤがよく当たります??
景品


参加賞の走行券を頂きましたが、500円券と一緒にクリスマス券が入っていました。これはいつ使えるのでしょう??
12月券・・・



次回レースは、1月3日だそうですよ。
来年も宜しくお願い致します。

スポンサーサイト
EPも2.4G化
EPは予算の関係でFM40MHzで使っていたのですが、どこのコースでも、どうしても人間のミスからバンドがかぶってノーコンを受ける事があるため、2.4G化してみました。
冬の間は出番の無いハチイチバギーから、2.4G受信機を降ろして、EPに積みます。


フタバの2.4G受信機は、急加速時の電圧降下でリセットがかかって止まる事があるそうなので、巨大キャパシターをBECのラインに付けて対策しておきます。
使うのは電子部品屋さんで買った、1000000μF(1F)の物です。巨大な容量ですが、たぶんやり過ぎです(^^;)これの1/10以下の容量でOKだと思います。

B4の場合
B4の場合

サイバーの場合
サイバーの場合


私は部品を買って作っていますが、フタバ純正や、マッチモアからも発売されています。
フタバ BR0003受信機用コンデンサ 7V22mF

マッチモアノイズキャパシター(受信機用)



アンテナは本当はできるだけ長くした方がいいのですが、折れないように、転倒しても地面に接触しない長さにしました。
土が詰まらないように、アンテナパイプの先端を熱収縮チューブで塞いでいます。
B4に2.4Gアンテナ

サイバーに2.4Gアンテナ


スリックタイヤ作り
タイヤセッターでスリックタイヤ作りをしてみました。リューターで削るのは、あまりにも大変なので・・・
それでも削った後は、顔や体がゴムカスまみれです。
6本仕上げるのに1時間半はかかったでしょうか。
タイヤ削り


HotBodiesのピンクコンパウンドは、削りにくくて難しいですね。
削れ始めると一気にいくから、慎重にやらないとならなかったです。
特にHotBodiesのフロントタイヤは、ゴム厚が薄いのでヒヤヒヤものです。削る時にバーストした話もうなずけました。


【関連記事】
2009/12/07 自家製スリック

メカ積み比較
どれもサイバー10Bなのですが、同じ車でも人によって、メカの積み方や配線方法はかなり違いますね。

HPIのサイトに載っていた車の場合
コードが黒でまとめられていて、カッコいいですね。
受信機は右側かな?
HPI cyber


地元エキスパートS田さんの場合
受信機がスパーの横です。サンワKOの受信機は小さいからここに載るんですね。KOの間違いでした
モーターのエンドベル側に冷却ファンがあります。
S田さんサイバー


私の車の場合
受信機はサーボの後ろです。フタバの受信機は大きいので、スパーの横には載りませんでした。
ほこりのないコースなので、スパーギアのカバーは撤去しています(ギアとコードの接触に注意)
冷却ファンは、モーターの真横です。
もけサイバー



【関連記事】
2009/12/11 曲がる改造
2009/12/01 Cyber10B 組み立て(7)
2009/11/25 Cyber10B 組み立て(6)
2009/11/19 Cyber10B 組み立て(5)
2009/11/17 Cyber10B 組み立て(4)
2009/11/16 サイバー初走行
2009/11/11 Cyber10B 組み立て(3)
2009/11/10 Cyber10B 組み立て(2)
2009/11/06 Cyber10B 組み立て(1)

2.4G受信機のバージョン違い
GPバギーに積んでいた2.4G受信機を、分解メンテナンスしてみました。
どちらも3PK用のR603FSですが、青いのが発売直後に買った初期物で、赤いのが新しい物です。
ケースを開けてみると、今年はあまり土が入っていませんでしたが、エアーを吹いて清掃します。
R603FS新旧


以前にも書きましたが、双葉電子工業さんに問い合わせると、仕様の違いはなく、耐熱性も同じですと返答があり、全く同等品だそうです。金色のポッチ塗装も、単なる製造工程上での目印という回答でした。


しかし観察すると、基盤はバージョンアップされているようでした。
基本的な配線パターンは同じようですが、トリマーやソケットが削られていて、謎の金属板?が付いていません。
量産しやすくする変更でしょうかね。
基盤の違い


内蔵のダイバーシティアンテナは、エレメントが大きくなっていました。感度がよくなったりするんですかね。
ちなみに古い方(上)は底の基盤が大きいのか、歪んでいます。大丈夫かな?これ・・・
アンテナ部の違い



【関連記事】
2009/06/05 2.4G受信機のアンテナ交換

リアハブのベアリング大径化
京商(RB5/ZX-5FS/RT)共用のオプションパーツで、リアハブキャリアがアルミになって、外側のベアリングが大径化するそうです。ベアリング込みで定価4410円でした。
アルミリアハブ

スペアのベアリングは、BRG032
ロッシのクラッチにも使えるかな?
専用ベアリング

調べた限りは、1/10EPオフロードでここのベアリングが大きいのは、アソシB44位のようです。
他の車は内側も外側も、1050位の小さいベアリングですね。
目的は耐久性UPなんでしょうか?
外側はわりと痛みやすかったような気がしますからね。

コネクターの抜け止め
GPオフロードで、バッテリーのコネクターが抜けるトラブルって、たまに起きますが、なぜかスロットルを開けている時に限って、なるんですよね・・・
当然、ノーコンになってエンジンを壊すのがオチなのですが。

これは、コネクターを挿した後にはめてロックし、外れるのを防ぐアダプターみたいです。
空物用で売っていたような気がします。
コネクターの抜け止め



リポバッテリーの保温
ホーマックで買った1000円の「電気あんか」で、バッテリーを保温しています。
北海道新聞の折りこみチラシを見ると、安い電気屋さんでは390円から買えちゃうようですね。
(K'sデンキかヤマダ電機のどちらかだったと思います)
リポをあんかで保温


リポは低温状態では非活性化してしまい、かなりパワーダウンするし、そのまま使うと負担もかかるので、充放電時には30℃前後になるようにしています。

最近は室内コースでも床が冷たいので、車に載せたまま置いておくと、かなり冷えてしまいますから、気を付けた方がいいかもしれません。
放電力が30Cよりも低いリポだと、低温のせいで急加速時の電圧ドロップが大きくなり、それが原因のノーコンもあるかもしれません。

12/13 シンタニレース
今回は私を含めてGP野郎が4名程の参加です(途中参加者は写っていません)
カメラ目線でない時の方が、みんないい顔しているような気がします?
集合写真


操縦台からズームして撮ってみました。TZ-7は光学12倍なので、こんな無理な撮影が可能です。
B44

ZX5

急いでます?
U松さん


2WD Bメインの動画
シンタニ君、撮影ありがとうございます。

●YouTube 動画リンク●



※2WD Aメインは、コースマーシャル不足になりそうだったので撮影していません。


4WD Bメインの動画

●YouTube 動画リンク●



4WD Aメインの動画
ANDさん撮影ありがとうございます。

●YouTube 動画リンク●


4WDは前回に続き、サイバー10Bが1位と2位でした。安いのにハイエンドに迫る走りをする車ですね~


リザルトはこちら
2WD Bメイン
2WD Aメイン
4WD Bメイン
4WD Aメイン

4WDは途中まで1位を走行してて鬼ブロックを試みたのですが、S田さんのようにはうまくいかなかったです・・・
でも表彰台に入れれば十分なのでした。
表彰状



次回レース予定は、12月30日(午前中に予選、18時頃終了)、1月3日あたりのようですが、正確な所は近くなってからお店に確認してみた方がいいと思います。

曲がる改造
サイバー10Bは、組み立てた直後に舵角が少なめと分かったので、実は最初から改造して走らせています。

フロントハブキャリアの、ナックルが当たる個所を削るだけです。
ハブキャリアの加工

または、D4用のハブキャリアを使えば、加工無しで舵角が増えるので簡単かもです。


この改造で、現行車並にステアリングが切れるようになります。
小さいコーナーがある場合は、この位切れないと辛いですね。
改造後の切れ角



外側の切れ角も増やしたかったので、アッカーマンの調整スペーサを入れたのですが、ロッドエンドがギアボックスに当たって、内側の切れ角が減ってしまいます。
アッカーマン調整の弊害


なので、ギアボックスも削りました。
ギアボックスの加工


【関連記事】
2009/12/01 Cyber10B 組み立て(7)
2009/11/25 Cyber10B 組み立て(6)
2009/11/19 Cyber10B 組み立て(5)
2009/11/17 Cyber10B 組み立て(4)
2009/11/16 サイバー初走行
2009/11/11 Cyber10B 組み立て(3)
2009/11/10 Cyber10B 組み立て(2)
2009/11/06 Cyber10B 組み立て(1)


LOSIカレンダー
2010年のLOSIカレンダーが$4.99だそうです。
カッコいいですね。
ロッシカレンダー



海外のスプリングチャート
PetitRC.comで、スプリングチャートが公開されています。
他にもいくつか見つけましたが、ここのが一番充実していました。
URLはこちらで、Office2007形式だそうです。
http://www.petitrc.com/reglages/UniversalSpringChart.htm
トレストイのサイトのPDFに比べて、多くのメーカーのスプリングレートが表になっています。

デュランゴ、シュマッカー、アソシ、ロッシ、ホットボディーズ、ヨコモ、京商、タミヤ、アカデミー
すごいデータ量ですね。

※ちなみに、16行目のスプリングは、Buggy Rearの間違いと思われます。



バギーのフロント用とリア用が一緒になっていたので、編集して別々の表にしてみました。
編集できないようにパスワードがかかっていますが、Office2000であれば、シート単位のコピー(Aと1の間のボタン)を使えば、新しいシートに複写できるので、これで編集できます。
スプリングチャート

検索しやすいように、メーカー名に色を付けて、カラープリンターで印刷しています。


シリコンオイルの換算表もありましたよ。これでメーカーが違っても硬さの変換が可能かもですね。
オイルチャート


自家製スリック
家でリューターを使って、タイヤをスリックにしてみましたが、削るのに時間はかかるし、体がゴムカスだらけになるしで、大変でした。
(鼻の穴までゴムカスが・・・)
タイヤセッターとは違って、うっかり削り過ぎてバーストさせる心配は無いとは思うのですが。
このリューターはAC仕様ですが、回転数が13000回転程度までしか上げられないので、もっと高速な物を使った方がいいでしょうね。
スリックタイヤ作り

走りはOKでしたよ。

ファンを低く搭載する技
2WDはどれもそうなのですが、B4もアンプの冷却ファンを搭載するスペースが無いので、ファンを傾けて搭載していました。
しかしベタ着地をすると、慣性の力で、ファンの羽ユニットが吸気側にひっこ抜けてしまう事があります。
スポンジテープを使っても、あまり寿命は延びませんでした。

傾けた方法


仕事でHP・CompaqのPCを組み立て・分解なんかよくやるのですが、ダクトをうまく使った構造をしているんですよね。
そこからヒントを得て、導風ダクトを作ってみました。
ダクトの作成

25mmファンに、適当なポリカ素材で組み立てたダクトを両面テープで貼り付けただけです。
素材はミニッツのオートスケールを包んでいた物です。
厚紙でもいいかもしれませんが、透明な方が便利だと思います。
上の小さな穴は、アンプのセットアップボタンを押すための物です。


搭載するとこんな感じ。
かなり低くなるので、サイドが絞られたJCONボディにも干渉しません。

搭載状態

搭載状態2


羽がひっこ抜ける方向は上なので、ベタ着地の力がかかっても、ファンは壊れにくいです。
むしろ、しっかりはまる方向に力がかかるというか。

圧損があるかと思いましたが、ヒートシンクの後ろでも空気の流れを感じますし、走行直後でも40度以下になっているので、効果は結構あります。
ファンを付けないと60度を越えてしまいました。

ハチイチにウォーマー!?
海外で、ハチイチバギーのタイヤに、ウォーマーらしき物を付けている画像がありました。
リアタイヤのみ付けていますね。

バギーにタイヤウォーマー?


オフロードでも、タイヤを加熱する効果ってあるんでしょうか。
それとも、グリップ剤を浸透中なのかな?

平中克幸NewYearパーティ
HDCさんに買い物に行ったら、社長から「宣伝よろしくね!」とパンフレットをもらいました。

平中克幸NewYearParty2010


2010年1月11日にジャスマックプラザ ザナドゥで、平中克幸 NEW YEAR PARTY 2010が開催されるそうですよ。
GTカーもラジコンも速い、イケメンドライバーなんですよね。
200名位集まる、大イベントみたいで、ラジコンのショーもやるような話をしていました。
案内は http://www.k-hiranaka.com/ に掲載されています。

Cyber10B 組み立て(7)
モーターマウント、ウイングステー周りの小細工です。

ノバックのベロシティモーターを使う場合、ネジが当たるのか、モーターマウントがうまく回転しませんでした。
削るのもなんなので、モーターを固定するネジにワッシャーをはさんで対処しています。
NOVAKモーター


ウイングマウントにはかなりのガタがあるので、omiさんブログを参考に対処しました。
パーツのタグの厚紙を7mm幅位に切って、ウイングマウントと一緒に差し込むと、ガタが無くなります。
写真では固定用のピンを挿していませんが、厚紙の上から挿し込みます。
ウイングマウントの細工

10パックほど走行していますが、今の所、使用中に厚紙が抜けちゃうといった事は、起きていません。


【関連記事】
2009/11/25 Cyber10B 組み立て(6)
2009/11/19 Cyber10B 組み立て(5)
2009/11/17 Cyber10B 組み立て(4)
2009/11/16 サイバー初走行
2009/11/11 Cyber10B 組み立て(3)
2009/11/10 Cyber10B 組み立て(2)
2009/11/06 Cyber10B 組み立て(1)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。