1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ショックのカップ外れ対策
ロッシ8ightは、走行後にショックのカップが外れている事がしばしばあります。
脱落はしないのですが、テンションが変わるので走行に影響しますよね。
カップがゆるゆるなのと、スプリングのかかりが浅いのが原因と思われます。


対策に、カップの上端の全周に瞬間(中粘度)を1mm位盛って溝を作り、スプリングがカチっとロックされるようにしています。
8ightのカップ外れ対策


これで、少し力を入れないと外れません。
ロッシエイトのカップ外れ対策



スポンサーサイト
10/4は、いろいろレース
10月4日は深川でハチイチバギーレースになったそうです。
新しいレイアウトでは、まだ1回しか走っていないので行きたいところなのですが、天気が心配です。


同日は催しが多いですね。

輪厚サーキット:GPオンロード最終戦
HDCサーキット:EPオフロード最終戦
シンタニサーキット:基本はサンデーレースで、当日の参加者次第でナイトレースに変更する可能性があるそうです。


週末は天気が悪そうなので、どれでも出れる準備をしておきましょうか・・・

ブレンド燃料でコソ練
北海道は、あと1ヶ月弱しか走れないので、余った燃料をうまく使い切りたい所です。
ムゲンとコスモの燃料をブレンドすると、オレンジ色の「ムスモ?」燃料ができました(^^;)
ポンプに入っているのがそうです。
ブレンド燃料

ニトロ30%と20%を半々で混ぜたので、たぶん25%位です。
燃調はけっこう変わります。


K林さんがボディを忘れてきたので、練習用の、ポン吉ボディをかぶせました。
ポン吉



夕方には、バギー6台位でチキチキ走行が盛り上がっていましたよ。
K林さんに運転してもらった、インファーノ777(ロッシはレース後のメンテのため、お休み)
777の動画
●YouTube動画リンク●



まんぷくRC(EPオフ)の動画
先日の、「まんぷくRC in HDC」の動画です。

4WD Aメイン決勝
上位陣を中心に追ってみました。
4WD Aメインの動画
●YouTube 動画リンク●



2WD Aメイン決勝
滑る路面をよくコントロールできるものですね。
2WD Aメインの動画
●YouTube 動画リンク●



23ターンクラス決勝
アルティマRT5が快走しています。欲しい・・・
グラスホッパーがトラックに踏まれそうです(^^;)
23Tクラスの決勝の動画
●YouTube 動画リンク●



ラリークラスの動画は撮っていません・・・


まんぷくRC・EPオフロード編
京商の足立伸之介選手主賓の、「しんのすけ まんぷくRCレース」が、HDCサーキットで行われました。
今回はEPオフロードです。


参加者は50人位は来ていたのでしょうか?
集合写真の準備中。「あっKYOSHOのロゴが逆だ」
集合写真


北海道のEPオフロードレースで、こんなに車が集まったのは、近年、無いんじゃないでしょうか。
集合写真2


ピットも人がいっぱいです。
ピットエリア

ピットエリア2


足立選手のピットテーブルを拝見!
上手い人はみんなきれいに整頓されていますね。
足立選手のピットテーブル
(撮影&掲載許可をいただいております)


それに比べて、私のピットテーブルは相変わらずごちゃごちゃしていますね。
しかもダブルエントリーで、(人間が)いっぱいいっぱいですから。
Myピットテーブル・・・


キャラバンクでの攻防。
練習では何とも無いのに、本番ではミスるんですよねー。
キャラバンクを上から


スターティンググリッドに整列した所。
スタート直前


ラリーも行われました。
間近で見るとカッコいいです。
ラリー車


決勝Aメインになると、ギャラリーの数もすごいです。
Aメインの操縦台&ギャラリー


レース後のお楽しみ抽選会&じゃんけん大会です。
ブラシレスモーターやキット等、豪華景品がいっぱいでした。
豪華景品

抽選会

今回は2回当たって、ADVANのジャンパーとクリーナーを頂きました。
もちろん、まんぷくRCステッカーも参加者全員にもれなく当たります。
全員にもらえるステッカー


終了後は、コース脇で焼肉パーティーです。
焼肉


おまけ
レース走行中にショックタワーが壊れてショック!
内側の穴はまだ使えますが・・・
ショック!



連休中にまんぷくRCに2戦も出て、本当に満腹になりましたよ。
そこまでやるラジキチは私とO下さんだけのようでしたが(^^;)


Aメインの結果だけでも控えてこようと思ったのですが、肉を焼くのに集中していたため、リザルトは控えていません・・・
結果はHDCサーキットのHPでご覧下さい。数日中には掲載されると思います。

参加者のみなさま、お疲れ様でした&ありがとうござました。
m(_ _)m


レースの動画は次の記事でアップします。

まんぷくRC・GPオフロード編
京商の足立伸之介選手主催の、しんのすけ まんぷくRCレースが、輪厚オフロードサーキットで行われました。
今回はGPオフロードです。

コースには朝5時台に行きましたが、吐く息が白く、すごく寒かった・・・


参加者は30人位かな?
バギーはA~Dメイン、トラギーは確かCメインまでありました。
集合写真


コース上に出現した、謎の地上絵。
謎の地上絵?


朝からツインドリフトしてます。
ツインドリフト
●YouTube 動画リンク●



1/8GPバギー予選、速い人が集まったヒートの動画です。
バギー予選
●YouTube 動画リンク●


1/8GPトラギー予選、速い人が集まったヒートの動画です。
トラギー予選
●YouTube 動画リンク●



休み時間には、9月発売予定の、1/8ブラシレスバギー、インファーノVEのデモ走行が行われました。
なかなかよく走りますね。
インファーノVE

MP7.5・MP777・MP-9まで搭載可能な、ブラシレスコンバージョンキットも発売されるそうですよ。

箱出し状態での走行動画です。
インファーノVEのデモ走行
●YouTube 動画リンク●



決勝リザルトはAメインだけ貼っておきます。
決勝リザルトバギーAメイン

決勝リザルトトラギーAメイン


バギー決勝ですが、予選4位でスタートした足立選手は最後尾に落ちますが、どんどん追い上げていきます。
後半、TOPを走る足立選手を、O下さんが2秒差まで追い詰めますが、最終LAPのつまずきで、足立選手の優勝となりました。

バギーAメインの、後半5分間の動画です
バギー決勝
●YouTube 動画リンク●


トラギーをやるのが、初めてなのに素晴らしい走りを披露してくれた足立選手でしたが、マシントラブルでリタイヤとなりました。残念です。

トラギーAメインの、最後の2分半の動画です
トラギー決勝
●YouTube 動画リンク●



私はCメインから上がれず、いい所がありませんでした。うーん
次回がんばろう。

レース後に、抽選会、じゃんけん大会を行って終了しました。
外ラジコンもあと1ヶ月位でシーズンオフですね。


おまけ
参加賞のステッカーです。
全員にもらえるステッカー


まんぷくRCの前日
明日は、京商の足立選手が参加される、まんぷくRCなので、練習に行ってきました。
雨やらなんやらで、お盆からずっと走らせていなかったですね~


入り口の自販機が無くなっていました。
泥棒にバールで破壊されてしまい、撤去されたそうです・・・
みなさん飲み物持参で来ましょう。
自販機が消えた


コースは栗まみれで、すっかり秋です。
栗だらけ


なぜか国旗が?
国旗


777からMP-9に乗り換えた方がおられました。オリオンエンジンが載っていますね!
独特な高い音がします。
MP-9


足立選手も練習中。
足立伸之介選手


カタログ写真のようにピカピカなトラギー、新車だそうです。
トラギーは走らせた事がないと言ってましたが、そのまま明日のレースに出るそうです。
でも速いんでしょうねー
足立選手のst-rr


ダイナミックな走りは、先月来られていた大阪選手を彷彿とします。
足立選手のMP-9



私は今回は、せっかくなので777で出ようかと思って、久しぶりに走らせてみましたが、走り比べてみると明らかにロッシの方が速かったので、明日はロッシで出ます。


なお、コースレイアウトはほぼ以前の状態でした。
4連とか、モーグルセクションは不評で(?)消えたようです。

岩見沢のオフロードコース
部屋で車をメンテしようと古新聞を敷くと、岩見沢市にオフロードコースがオープンした記事が出てきました。
記事

記事によると、コースは一周約200mで、傾斜50度のバンクや高さ1.5mのジャンプ台もあるそうです。
コース名は「ダートスピード ボディーマン」
所在地は岩見沢市栗沢町で、使用には事前申し込みが必要となっています。
受付は
ホビーハウスF(長沼町銀座南1)
0123-88-3017
使用料 1日2000円、年間パスポート15000円
だそうです。
地図で見ると、お店からコースまでは15kmほどありますね。

連休中に見に行ってみようかな?


あざらしブログに書かれていましたが、岩見沢市には、室内コース(ドリフト・オンロード・オフロード)もオープンしたそうですね。

折れて埋もれたネジ外し
2008年5月3日のブログ記事で書いたのですが、
クランクシャフトの先端に、折れた3mmのステンレスネジが残ってしまったわけです。
こんな状態になったら普通はあきらめると思いますが・・・
でもその後、無事に救出できています。
クランクシャフト


まずはネジが緩みやすくなるように、ネジロック剤を弱くします。
ロックタイトのHPで調べると、200℃で5分間加熱せよと書いてありますが、そんなにやったらシャフトが歪みそうです・・・
とりあえず1~2分位トーチで軽く加熱しておきます。


ネジに穴を開けて逆タップで回すわけですが、鉄工用のドリルビットでは、ステンレスネジには刃がたちません。
超硬ビットとチタンコートビットを試すと、超硬ではダメでしたが、チタン刃はわずかずつですが削れます。
穴の内径が3mmなので、1.5mmの刃では、刃とクランクの隙間は0.75mmしか余裕がありません。慎重に・・・
チタンコートビット


これでネジに直径1.5mm、深さ2mm程の穴を掘り、2mm用のエキストラクター(逆タップ)をたたきこんで、
押し付けながら反時計方向へ回すと・・・
取れた!(^^)
取れた折れたネジ

イモネジじゃないですよ、折れたネジの本体です。



復活した~
復活したクランクシャフト


このクランクシャフトは、復活後1年間、元気に回っておりましたよ。
エンジンブローするまでは(T_T)

HDCさんでコソ練
9月23日のまんぷくRCに参加しようと思い、HDCさんで初走行してきました。
チームタネガシマのあの方も、コソ練に来ておられましたよ。
HDCサーキット


もちろん、シンタニ仕様からセットをがらりと変えました。
ギア比、ターン数、ダンパー位置、オイル、スタビ、アライメント、全部変更です。
タイヤは、ホールショットやボウタイでも無難に走れましたけど、LOSIやJコン、パンサーなんかもいいようです。


2WDは難しいですね~
繊細なスロットルワークをしないと、まっすぐに加速できません。
集中力が切れると、このような事に・・・
B4骨折



それに比べると、4WDはよく走るので楽しいです。
いまだにBC

10年以上前に設計された旧車(MR-4BC)なので、現代の車に比べるとステアが切れませんが・・・
デフのパーツが足りなかったので、フロントワンウェイを入れています。
過去にフロントワンウェイを入れた時は、ユニバをよくやられたので使いたくなかったのですが、この日は大丈夫でした。


ナイター走行の風景
数人走っていましたけど、社長がめちゃめちゃ速いです。
ナイター走行


このライトは何か変ですよ。
どこがおかしいか分かります?
電球


完全防塵できるか!?
久しぶりに外で走らせようと思い、防塵仕様のMR-4BCを作っています。
防塵BCspecial


ファクトリーキットをベースにノーマルシャーシに入れ替え、スリッパー入れてバックボーンのカバーを付けて、隙間をバスコースで埋めています。

数年前に深川で走っていた時は、塵一つ入らない位になるまでの防塵化をしていたのですが、HDCさんで走るには、そこまでやらなくてもいいかな。

あまりにも走らないようであれば、没にするか違う車を買うか・・・

シャーシ磨耗防止(2)
DE Racingのスキッドプレートは3枚入り1000円くらいで、これでリアシャーシの端っこの磨耗を防げるから安上がりなのですが、減ってくると「めくれ」が起きて、ダメになってしまう事があります。
スキッドプレート(旧型)


最新のは形状が変わり、めくれにくそうになっているように見えます。
本家サイトを翻訳してみると、旧モデルもこの形状になるみたいです。
スキッドプレート(新型)


先を丸くして、路面からの引っかかり抵抗を減らしているんでしょうね。

これは以前に自作していた物ですが、この形だと、めくれは起きませんでしたよ。たぶん同じ理屈ですね。
自作のスキッドプレート

最近はアルミで自作していますけど、加工が面倒なので、またDE Racingのに換えようかな?


【関連記事】
2008/08/26 シャーシ磨耗防止

ポンダーが妙な所に・・・
苦肉の策で作ったポンダーステー。材料は廃ウイングです。
こんな所に付けている人はあまりいないでしょう・・・
リアショックタワーにポンダーステー

なお、カウントは問題無かったです。


基本はマイポンですが、コースによってはAMB20の旧式ポンダー(充電式の大きなやつ)を使う場合があります。
でもロッシエイトは無駄の無い設計のため、AMB20の搭載場所が確保されていないんですよ。


他の人は、ボディのフロントウインドウに穴を空けて、付けていました。
私の場合はそこにフィルターを置いていたし、ステアリングプレートがアルミなので、無理だったんですねー

高品質な激安リポ
ヨコモから発売されたばかりの、リポバッテリーが気になっています。
4000mA、28Cで、定価が7980円の所を発売記念価格で、4000円後半~5000円前後で売られています。
かなりのお得ですね!(限定価格なので、いずれ戻ると思います)

発売記念 お試し価格ヨコモ YOKOMO リポバッテリー LiPo BATTERYヨコモ YB-L401

ストレートパックなので4WDでは車種が限られてしまいますけど、たいていの2WDには載るでしょう。


容量は3000でも充分という人はこちらでいいかも。値段も3000円台ですし軽くなります。
発売記念 お試し価格ヨコモ YOKOMO リポバッテリー LiPo BATTERYヨコモ YB-L301




気になる点は、ターン数の少ないモーターを使う場合には、タミヤコネクターが溶けそうなので、2Pに付け替える必要はありそうです。

中身は、アソシと同一のメーカーから提供された物で、3年間無事故の実績のある品質だそうです。値段は高くなるけど安全性を重視したんだとか。

ヨコモからリポが出たという事は、JMRCAでもリポが解禁になる流れになるんですかね?

コソ練でデュランゴ
今週はGPのサーキットが使えなかったので、シンタニさんにコソ練に。
輪厚でお会いしている方が先に来ておられました(^^;)


4駆は前回の走行で、オーバーヒートしてしまったので、対策をしてきました。
ヨコモの強力な5Vファンをバッテリー直結駆動し、モーターにヒートシンクを追加。
ファンの風がかなり強いので、モーターの所まで風がきます。
熱対策


アンプのケースを削って、ヒートシンクの露出面積を増やし、FETにも風が当たるようにしました。
熱対策2

この対策でアンプもモーターも、15分位走行後で40℃後半位におさまりました。



デュランゴを早速購入された方が!(書かなくても誰のか分かると思います)
箱のサイズはD4と同じくらいで、コンパクトにぎっしり入っています。
デュランゴ


取り説はフルカラーです。
1/8GPでもフルカラーなのは、XRAY位だったと思うので、これはいいですね。
デュランゴ2

ガスケットは入っていませんけど、デフの仕組みが1/8GPと同じ。
セッティングの幅が広がるから、面白そうですね。

ちなみにガスケット無しでもオイル漏れしないように組むのは、1/8GPでのノウハウになりますが、
合わせ目にバスコークを塗る
接着がイヤであれば、合わせ目にアンチウエア等の固いグリスを塗る
デフケースの面出しをする
ネジはがっちり、対角に締める
ネジを締めると、ネジ穴のふちが僅かに盛り上がって密閉が悪くなるので、もう一度面出しするかネジ穴を軽くカッターでさらう
ネジ頭の下にもバスコーク

こんな感じになります。
デュランゴユーザーのご参考に・・・

冷やしてノーコン防止
フタバの2.4Gを使用しているためだと思いますけど、海外のMBX6の例。
メカボックスが穴ぼこだらけ。
MBX6の受信機冷却


こちらはバッテリーも冷やしています。
エンジン横のメカボックスだと、決勝の時はかなり熱くなりますからね。
MBX6の冷却2


メカボックスのフタにエアインテークを作っています。これはすごい。
エアインテーク


私はLOSIではこうしてみました。
穴が少なめですけど、フロントなのでエンジンの熱を受けないですし、受信機は603なので、45℃に制限される604よりは大丈夫なのではないかと思います。
LOSIでの受信機冷却


ちなみにメカボックスに穴を開けた場合、底かサイドにも土抜きの穴を開けないと、砂が溜まっていきますよ~


【関連記事】
2008/08/11 8ightの2.4G熱対策
2008/07/12 フタバ2.4Gの熱ノーコン対策


マッチモアレーシング MR-25FAN モーター&ESC クーリングファン 25×25


エンジン溶けた
めったにエンジン壊しませんが、たまにやらかします。

Vスペを使っていて突然、燃料が甘くなり、プラグが切れやすくなりました。
ベアリングかな?と思って、分解してみると、
ピストンが溶けています・・・
デトネーションとか巣立つとかいうやつですね。
追記:鬆が立つ(すがたつ)というのが元らしいです。

溶けたピストン


燃焼室もこのように
インナーヘッド


ベアリングの玉も砕けています(12時の位置)
リアベアリング


ついでにクランクケース、クランクシャフト、バックプレートにも微妙に溶けカスのダメージがあり、無事なパーツはキャブとヘッド位です。


今回はスローの絞り過ぎが原因でしょう。3年前にも同じ事をやっていますが・・・
絞りすぎには気を付けましょう~
(T_T)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。