1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
呪い発生中!?
シンタニで珍しい物を見せてもらいました。京商の昔のバギー用の、レーシングクラッチです。
ピニオンとクラッチが一体化していて、大きさは指先ほどしかありません。中を開けてタバコと比較した所。
レーシングクラッチ

中は、GPカーの3ピースクラッチシューのような構造ですが直径15mm位しかありません。こんな小さい物をよく作ったものですね。
レーシングクラッチの中


その後、走っているとコースが真っ白い煙に包まれ、なんか車が燃えているではありませんか!
紫色の炎が上がっていたので、LiPoが出火したかと思いましたが、燃えてたのはアンプでした(ノバックGTB)
私のではないですけど、NOVAK USAから届いたばかりの物だそうで・・・
GTB出火

GTB出火2

燃えたアンプの中を調べると、FETが何個かパンクしてショートしたようでした。不良品ですね。


そして直後、ウチの車(BC)もナックルが破損し・・・
ナックル破損


いろいろな破損が連鎖するので、今日は呪われているねと、もっぱらの噂でした。おサルの呪いですかね。
おサル?

スポンサーサイト
LiPoモニターの搭載場所
LiPoモニターを作って、バッテリーの減り具合が危険領域に入らないように使っています。
(ちなみにスロットルを抜いた時の、LEDの光具合で判断します)

搭載場所ですが、2WDの場合はこんな風にしないと、操縦台から離れた時にLEDの表示がうまく見えませんでした。
2WDは真ん中にバッテリーがあるから、窓の近くに設置するのが難しいですね。
LiPoモニター

LiPoモニター2


あとはLEDだけを長いコードでひっぱってくる手もありそうです。
モーターの上あたりで、テールランプみたいに光らせるのもいいかも?


【関連記事】
2009/01/22 LiPoモニターの製作
2009/01/15 リポの注意点まとめ

日本と世界の室内オフロード
和歌山県にHoshiya R/C Racewayという、室内オフロードコース(EP用)ができたようです。
土路面の室内コースって、ヤタベアリーナとシンタニサーキット位しか知らないので、珍しいですね。
なかなかアグレッシブなコースレイアウトです。フェンスがパイプなので、車に優しそう。
しかしこれだけ作るのには、土が何トン必要だったのでしょう?
Hoshiya R/C Raceway


こちらは、海外のインドアオフロードコース(GP用)ですが、ハチイチサイズなので巨大ですね!
奥行きは60mはありそうに見えます
海外のGP用インドアコース


これはどこの国か不明ですが、排気ガスが充満しているような・・・
海外のGP用インドアコース2
海外のGP用インドアコース3
室内とはいえ寒そうですね


屋根があるといつでも走れていいですね~

北海道は雪解けまで、まだ1ヶ月位はかかりそうですよ。
たぶん、コースにはまだ1m位は雪があるんじゃないかな?

ACDCエキスパートチャージャーの改良(2)
過去記事(エキスパートチャージャーの改造)で、ABCホビーのACDCエキスパートチャージャーの、端子が溶けたために修理しましたが、直接コードをハンダ付けすると根元がまだ弱いです。
ハンダ付けした根元が、何回も折れ曲がるうちに弱くなってちぎれる場合があります。
コードをハンダ付け


そこでヨーロピアンコネクターをハンダ付けする方法に変更しました。スモールヨーロピアンを使うとスッキリしていいのですが、手持ちが無かったので、これは普通サイズです。
エキスパートチャージャーにヨーロピアンコネクター


コードの根元を補強すれば、ちぎれる事もなく使えますし、外しておく事ができます。
自作のコード

エキスパートチャージャーの改造2


個人で改造するとメーカーサポートが受けられなくなるので、改造は自己責任でお願いしますね。


【関連記事】
2008/11/07 ACDCエキスパートチャージャーを修理
2008/03/26 エキスパートチャージャーの改造

ABCホビー AC/DC充放電器 AC/DCエキスパートチャージャー 5A BL


輸入パーツ買うなら
ハチイチバギーのパーツは、地元オーム模型で、ある程度揃いますが、輸入パーツは個人で買うには難しいし、置いてあるショップもあまり無かったのですが、この2つのお店が通販ですがその悩みにこたえてくれそうで、注目しています。

クレジネスファクトリー(札幌)
http://crazinessfactory.ocnk.net/
クレジネスファクトリー

輸入パーツが中心で、オーナーがRC8ユーザーだけに、アソシのパーツが充実しています。
XRAYを取り扱う、数少ないお店ですね。
欲しいパーツは取り寄せしてもらえますよ。


RC-SHOP T-ONE(青森)
http://8627.teacup.com/tone/shop
T-ONE

フィオローニの代理店だそうです。
あの青いカッコいいパーツが、ユーロ安でお買い得ですね。2~3割安くなったように感じます。
トルセンデフとか1個2万円位しますが、興味はあります。

3/14 シンタニナイトレース
ずいぶん久しぶりのナイトレースです。
電飾ランエボがカッコいいですね~ ナイトレースだからラリーはありませんが・・・
電飾ランエボ


ZENNOさんの、オプティマミッドのコンバージョンキットです。レア物ですが、本体のオプミもレアですからね。
ターボオプティマミッド・コンバージョンキット


個人的に注目だったのが、HPIのサイバー10Bです。シャーシが広くてメカ搭載が楽そうです。
しかもほぼキット素組みなのに速い!ちなみにAメイン動画の緑のマシンがそうですよ。
サイバー10B


リザルトはこちらです。今回は3分予選で、Aメイン決勝だけ5分でした。
2WD Bメイン、Aメイン
2WD Bメイン2WD Aメイン


4WD Bメイン、Aメイン
4WD Bメイン4WD Aメイン


私は今回は4WDはBメイン2位、2WDはAの後ろでした。
リポ用のセッティングは難しく、4WDは足回りをかなりいじり、2WDはウエイトを増やしていく方向で良くなってきてはいます。
海外ドライバーは、リポでもウエイトを積まないで対処できるらしいですが・・・それは無理!!

3/14 シンタニレースの動画
シンタニレース 4WD Aメインの動画です。
今回はデジカメのメモリを増やして30fpsで撮影したので、動画がスムーズです。
4WD Aメイン決勝の動画

レースのリザルトは後で載せますよ。

LiFeの注意点とかまとめ
タミヤからLiFeバッテリーが発売になり、かなり売れているようですね。
リクエストがありましたので、カー用LiFeバッテリー全般のまとめ記事を作ってみました。

現在発売されているLiFeバッテリーの中身は、大きく分けると、A123とそれ以外になります。
タミヤのLiFeバッテリー アトラスのLiFeバッテリー

※LiFe=リチウムフェライトバッテリー全般の意。
※A123=A123System社製のLiFePO4バッテリーを指します。自動車や医療機器に使われていて高品質とされています。

A123を採用しているのがタミヤとコスモエナジーだそうです(他にもあるかもしれません)
ラジコン技術誌のテストによると、A123でないLiFeは、少し安いけど寿命や性能の点で劣るようです。

今の所、A123とそれ以外のLiFeの充電や取り扱い方法は、同じようですので、これ以降LiFeと統一で書きます。


●●●特徴をまとめると

・安全、丈夫、充電が早い、軽い、1日に何回でも使える、電圧が6.6V、値段が高い、寿命が割と長い、容量は少なめ(並列接続で増やす方向)。

●●●充電

・LiFeモードかA123モードで充電する必要があります。LiPoと同じ充電方法ですが、終了電圧が違います。LiPo=4.2V
LiFe=3.6V。

・2C充電で約30分、4C充電で約15分で終わります。それ以上も可能のようですが、高電流充電に対応している充電器は少ないです。

・1日に何回でも使って充電できます。

・もちろん残量のある状態から追い充電もOK。

・おすすめ充電器はタミヤパックならタミヤ、それ以外で選ぶならハイペリオンやコスモエナジーあたりで。

・バランスが崩れにくいのと破損しにくいので、バランス充電はたまに行なう位でいいようです。

・バランス端子に各社種類があるので、購入時は追加で変換端子が必要かどうか要チェックです(ハイペリオンと他社が合わない)


●●●使用

・1日に何回でも使えます。

・使用後の放電は必要ありません。

・使用限度は2.0V/セルです。

・放電曲線はLiPoと似ていて、最初がパワーあり、少しパワーが減ってそのまま持続し、最後は一気に落ちます。

・たれるまで走行し過ぎた場合、充電ができなくなる場合があるよう
です(充電器の電圧チェックではねられてしまう)
その場合の復活方法は、
(1) 数日の放置で勝手に電圧が復活する事がある。
(2) 又はNiMH・NiCdモードで少し(数十秒程度)充電するといいそうです。

・アンプの電圧カットは、LiPoモードで使うとすぐに止まってしまうため、NiMH・NiCdモードにするか電圧カット無しで。

・低温でも使えます(LiPoは20度以下でかなりパワーダウン)

・6.6Vでもパワーを出すには、ブラシレスモーターの使用が向いていそうです。NiMHやLiPoから乗り換えた場合、とりあえずピニオン枚数を増やしたり、アンプのパンチ設定・モーター進角を変えてみて、それでもパワー不足や過負荷だった場合、モーターのターン数を減らせばいいかも。

●●●自作の場合

A123のバラセル・A123のバラセルから2200を自家パックする場合は、1100mAのセルを4本使い、2本並列で容量を2200mAにします。


・バランスコネクターの付け方は、並列にした物は1本とみなしてOK。それでバランスがとれます。

・バランスコネクターの配線は、セル毎のコードの長さを同じくしないと抵抗値にずれが起こり、バランスが取れなくなるようです。少しコードが余ったら迂回配線しておけばいいようです。

・セルを縦にハンダ付けするのが構造上難しい場合があり、その場合は平網線等の曲がるシャンテを使うのがいいようです。


●●●その他

・GPのスターターに使うのは問題無いようです。ただしタミヤではなぜか禁止しているので、使用は自己責任でお願いします。

・過充電に比較的強い事を利用して、強引にLiPoモードで充電したり、NiMHモードで手動カットで充電したり、安定化直結(!)で充電する方がいらっしゃるらしいですが、リスク承知でできる人限定ですね。

・もし過充電した場合は、内部圧力が上がっているので、安全弁が開く前に早めに放電した方がいいようです。

・タミヤサーキットでは、LiPoバッテリーや、爆発実績のあるNiMHバッテリーは危険なために使用禁止になりました。LiFeはもちろんOK。



間違いや追加情報があれば随時修正しますのでご指摘下さい。
m(_ _)m

手持ちのLiPoはたぶん1年位で劣化すると思うので、次はLiFeにしようかな・・・
LiFe 2本直列13.2V仕様でハチイチブラシレスを作ったら、充電が短いから猿ラジできるかも!


【参考リンク】
タミヤLiFeのシャーシ別搭載例 あらゆるシャーシに載せています。戦車にも
http://www.tamiya.com/japan/notice/090128lfbattery/index.htm

ミワホビーさん LiFeの解説(ページ後半にあります)
http://www.miwahobby.co.jp/atlasa/jatlas/jbattery.html#lifetouring

模型のカブースさん A123をバラセルで購入可能
http://caboose3.blogspot.com/

aircraft-japan ハイペリオン充電器サポートページ
http://www.aircraft-japan.com/hp/eos/default.htm


【関連記事】
2009/02/24 タミヤの次世代バッテリー




ハイペリオン HP-EOS0606i-AD-C

ハイペリオン HP-EOS0606i-AD-C

価格:10
380円(税込、送料込)



神風特攻タイヤが!?
過去の記事、LRPの特攻タイヤで紹介したタイヤが、海外のレースでTQ(ポールポジション)を取ったそうです。
特攻タイヤ

ネタっぽい名前と思っていたのですが、本当に速いとは・・・

なお、玉砕したのかどうかは分かりません。


【関連記事】
2009/01/20 LRPの特攻タイヤ

京商の非接触温度計を修理
京商の非接触型の温度計ですが、指サイズと小さく、-33℃から180℃まで0.1℃単位で測れてとても便利です。
GPでは、プラグ穴にちょうどいいサイズなので、エンジンのニードル調整の目安にしています。
EPでは、充電時にバッテリーのセル別の温度を調べたり、走行後のアンプやモーター・キャパシタ(意外に発熱する)の温度を正確に調べるのにも役立っています。
測ってみると、人間の感覚的な温度は全然アテにならないのがよく分かりました。
京商の非接触式温度計


温度計は、2年位前に先端をぶつけて割ってしまい、パッカリ開くのでテーピングして使っていましたが、カッコ悪いので修理してみる事にしました。
モーターの温度


プラリペア補修にはプラリペアを使います。これは速乾性で非常に強度の高い樹脂で、パーツの複製やネジ穴修復もできて便利です。

ただしグラファイト混入樹脂(ざらざらしたやつ)には不向きです。タミヤ系に多いツヤのある樹脂には強力につきます。

使い方は説明しませんが、プラリペアのサイトにいろんな応用例が載っています。


欠けた個所に多めに盛ります。外側にセロテープでガイドを作ると削る量が減らせます。
修理1


5分位で硬化しますが、完全硬化させたいので、1日おいてからリューターで成形していきます
修理2


ロックする爪のかかる場所を内側から掘り込みます
修理3


完成。ちゃんとロックします。隙間は元からあるものです。
修理4


外装は黒く見えますがスモークなんですよね。
プラリペアが白い半透明なので、キャンディーブラック色(黒マジック・・・)を塗って、補修個所を目立たなくしました。
修理5


プラスチックの補修剤プラリペア PL-16 [白・黒・透明・赤・青・黄]


エンジンプラグや、路面温度などの計測に小型、非接触なので使いやすい。京商 36207 サーモメ...


全国制覇?
やっと47都道府県が揃いました。特に島根県・高知県の方、ようこそ。
たまたま検索で訪れただけの方も多いと思いますが、こんな濃ゆい(?)内容のブログに全国からアクセスありがとうございます。
ジオターゲティングで全国制覇


これは一週間以内にアクセスがあったアクセス元の都道府県を、日本地図上に表示するという感じのブログパーツです(右下にあります)
北海道が一番多いのは地元だからとして、次に人口の多い関東、そしてブログでの繋がりのある県が多いようですね。

フタバの無料カタログPDF化
以前、フタバの情報誌が無料で郵送してもらえると書きましたが、 いつの間にかPDF形式でダウンロードできるようになっていました。
カタログ誌

カタログのダウンロードはこちらから
https://www.rc.futaba.co.jp/formtest/catalogue_download.html

PDFファイルを開くためのアドビリーダー(無料)はこちらから
http://www.adobe.com/jp/products/reader/


もしかして、このブログで紹介したせいで、申し込みが増えてしまい、 事務の手間が増えたから、ダウンロード配布を始めたとかだったりして??


【関連記事】
2009/02/13 フタバの無料情報誌で
2009/01/26 ブラシレスサーボの中身
広坂正美が引退
RC誌に載っていましたが、広坂正美氏がレース活動から引退するそうです。
いまだにTOPクラスの実力を保っていると思いますが、時代の流れなんでしょうかね。
なんだか残念な気がします。
レースの功績はおそらく今後も破られる事はないでしょう。
広坂正美の功績


去年の夏、アソシのRC8を運転していたので、次はGP部門にも進出か!?と期待もしていたのですが・・・
レースに出ないだけで、今後は広報活動がメインでしょうから、1/8オフロードのデモ走行なんかして、流行らせてくれるといいですね。
広坂正美とRC8

【関連記事】
2008/07/04 広坂正美がハチイチバギー
2008/04/24 広坂正美の正美道場


ヨコモ 広坂正美の HOW TO ドリフティング (ドリフト入門)

アソシのサーボホーン強化
B4のサーボホーンが折れました(T_T)シクシク
手持ちの汎用品で直そうとしましたが、アソシのサーボホーンはかなり前方にオフセットしていて、リンケージがうまくいきませんでした。
割れたサーボホーン


そういえば去年、スミさんのB44もサーボホーンが割れましたね。
その時の写真を観察すると、2WDと4WDの違いなのに同じような割れ方です・・・これはアソシの宿命ですか?
B44クラッシュ

スペアを注文しようと思いましたが、買ってもいつかまた割れそうなので試しに作ってみる事にしました。


GP用サーボ、S9351やBLS351に付いてくるサーボホーンは、分厚くて丈夫そうなので、これを加工します。
フタバのサーボホーンは他社より柔らかいので、割れにくいですしね。
代替品

GPバギーのブレーキリンケージでは、サーボホーンを重ねてネジ留めし、オフセットさせる手がよく使われるので、その方法でいきます。
表面を荒らして瞬間でくっつけ、φ2mmのネジ2本で留めます。
ボールに近い方は皿ネジにして、リンケージに干渉しないようにします。
完成品

完成品2

これで強度は大丈夫でしょう。もう壊れないと思います。


穴位置の関係で、サーボホーンが少し長くなりましたが、問題無く使えます。
長くなった分、ストロークが増したので、左への切れ角が不足していてEPAが左120%となっていたのを、適正値に直す事ができました。
修理完了


サーボセイバーも点検しましたが、ロックしたりはしていませんでした。
念のため分解してグリスアップするついでに、かなり昔に買ってあった強化スプリングを入れてみました。いまさらですが何か?
HDサーボセイバースプリング


アソシユーザーでサーボホーンの割れに悩む人は、こんな改造を試してみてはどうでしょう?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。