1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
LiPoのオートカットを検証(2)
その1の続きです。

アンプ内蔵や、外付けの保護機能だけに任せていては、バッテリーを痛めたりダメにしちゃう可能性があります。
自作のリポモニターを付けて分かった事ですが、走行中は負荷で変動しますが約1V前後の電圧降下が起こっているのです。
B4に搭載した状態


という事は、よくある6.1V程度の保護設定だと、一定負荷で連続走行中に7V位になれば、電圧降下から、安全にオートカットに入るかもしれません。

しかし負荷のかからない走行をすれば、まだ持ち堪えてしまい、7Vを下回っても走れるでしょう。
そしてその後にゼロ加速やジャンプ、クラッシュによるモーターロック等で、一気に電流が流れると、6Vを下回って電圧降下し、オートカットに入るけど、バッテリーにもダメージを与えてしまいます。

電圧が下がったら即オートカットされるか、しばらく待つかは、アンプの制御プログラム次第なので、一概には言えませんが、しばらく待つタイプはバッテリーには良くないですね。
仮に即止まるタイプとしても、追突されたり、ジャンプで失速転倒する可能性があるので危険もありますけど。


いずれにしても、バッテリー保護のためには、無負荷時の電圧がだいたい7V位になるまでに、走行を止めないとならないと思われます。
ちなみにこれを体感するのはちょっと難しかったです。
7Vではまだ普通にジャンプが飛べるので、ほんの少しのパワーダウン程度でした。
加速感がガクンと落ちた時点ですぐ止めても、もう7Vを下回っていて6.6V位になっていました。

よって、リポを長持ちさせようと思ったら、電圧低下をモニターする装置を付けるか、何分走ったら何mA消費するかのデータを取り、時間を測って早めに走行を止めるようにするのが賢明と思われます。
もちろん、人間の感覚だけではミスするので、保険としてオートカット機能を付けておく事も必要ですね。


ちなみにイーグルの4200mAのリポでは、4WD(8.5ターン)で約15~18分位、2WD(10.5ターン)で約20~23分位の走行時間でした。
ただし、私の走り方はあまりパワーを入れないし、モーターのターン数を増やしてパワーを落としているので、普通はもう少し短いかもです。
イーグルのリポバッテリー
※コネクターはDeansの2Pに付け替えて使っています。タミヤコネクターのままでは接触抵抗が増えるので、溶けちゃいますよ。


【関連記事】
2009/01/28 LiPoのオートカットを検証(1)
2009/01/22 LiPoモニターの製作
2009/01/15 リポの注意点まとめ
2009/01/01 リポ導入
2008/11/21 振り分け型リポと安全袋
2008/11/13 リポ電池爆発

スポンサーサイト
LiPoのオートカットを検証(1)
イーグル(Novak)のスマートストップを付けています。これを使うとリポ対応していないアンプでも、バッテリーを過放電から保護できるようになるとの事です。日本価格は3280円也。
スマートストップ スマートストップ2

取り説通りに設定したものの、本当にオートカットするのか分からないので、動作を確認してみました。

アンプに安定化電源とテスターを接続し、スロットルを少し入れて電圧を少しずつ下げていきます。
取り説通りに、6.1Vあたりでモーターがガックンガックン断続し、サーボの左下にある青LEDが点滅し始めます。
そして20~30秒後に青LEDが点きっぱなしになりモーターが完全停止しました。
過放電事故を起こさないための、安全装備ですね。
オートカットの実験


リポ対応とされている、LRPのAI-Proブラシレスでも同じ試験をしてみましたが、4V台になっても、LiPo/NiMH自動モードでもNiCd/NiMHモードでも、オートカットされませんでした(T_T)

よく考えてみると、電圧だけでバッテリーの種別を自動認識するのはちょっと難しいように思えますね。充電直後のニッケル水素と少し走ったリポでは、同じ位になるでしょうし。

なので、BCにもイーグルのスマートストップを搭載しちゃいました。
しかし配線がすごい事に。
サーボの上にスマートストップ、さらにその上にシュバリエ(キャパシタ)を貼り付け。
アッパーデッキの上に自作のリポモニターと、受信機の中身・・・
BCにリポ・・・



ちなみに、イーグル以外の外付けオートカットもいろいろあるようです。
これはホビーウイング製。結構安いようです。$20以下だったかな。
HobbyWingのLiPo保護回路

これらは空物用ですが、2セルモードがあるので、車にも使えそうです。
空物1 空物2


しかし、オートカットには落とし穴が!
その2へ続きます・・・


【関連記事】
2009/01/22 LiPoモニターの製作
2009/01/15 リポの注意点まとめ
2009/01/01 リポ導入
2008/11/21 振り分け型リポと安全袋
2008/11/13 リポ電池爆発


日本全国送料無料!もちろん北海道や離島も送料無料です!ヨコモ急速充放電器 YZ-114SP


京商/ORION OR 130117アドバンテージ チャージャー


イーグル リポバッテリー 25C 2700R 登場!!イーグル 3194Li-PoバッテリーEA2700R/7.4V 25Cハ...


ブラシレスサーボの中身
双葉電子工業のHPからカタログ請求をすると、情報誌が自宅に無料で郵送で届きます。良心的ですね!
RCショップでも、余っていればもらえるかもしれません。
FUTABAの情報誌


ブラシレスサーボのページ。あまり見た事が無い、内部構造が載っています。
ブラシレスサーボの中身


1段目のギアが、BLS351が金属とプラのハイブリッドギアで、BLS352が強化樹脂ギアだそうです。
スペック上はBLS352の方がトルクが高いですが、ギアの強度はBLS351の方が高そうに見えますけど、どうなんでしょうね?
このギアが一番やられるから気になります。
ハイブリッドギア


1/8オフロードでは、スロットル側サーボの故障で決勝をリタイヤした事があったので、それ以来、耐久性重視でBLS351を使っています。
GPオンロードをやっている人の話でも、スロットル側は意外に故障するらしいですね。振動と、ブレーキ側のサーボへの負担が大きいのかも??ブレーキを多用しますからね。

ちなみに私はスロットル側をBLS351、ステアリング側にS9351を使っていましたが、ワークス選手はこの反対の搭載なんですよね(^^;)
来シーズンは逆にしてみようかな~
全部ブラシレスサーボにするのが一番なんでしょうけど。


双葉電子工業(Futaba) BLS451 電動カー用(スピードタイプ)


双葉電子工業(Futaba) サーボ BLS452(JPN) 電動カー用 (トルクタイプ)


双葉電子工業(Futaba) BLS352 エンジンカー用(推奨:GPバギー)


LiPoモニターの製作
リポ(LiPo)バッテリーは1回でも過放電させると、寿命がかなり短くなったり、膨らんで使用不可になったり、最悪は発火したりします。
リポ対応のアンプでは電圧が下がると動力をカットして電池を保護しますが、ギリギリの所まで使ってしまうようです・・・
(最新のアンプにはカット電圧が選択式の物があり、設定値を高めにできれば大丈夫かも?)

そこで残容量がある程度減った事を、走行中に確認するツールを作ってみる事にしました。
同様の製品が、空物用で2000円~4000円位で売っていますが、自作すれば数百円で作れそうです。

やり方は、設定電圧まで下がったらLEDが光ってお知らせするようにします。2色使って2段階の設定が可能にしました。
無線関連から参考回路図を拾ってきて、修正して基盤に起こしてみます。

EXCELで作った実体配線図(2色バージョン)
※LEDの保護抵抗は定格に合わせて変更して下さい。
2色用の配線図


1色バージョン(参考)
上のが難易度高いと思う人向けに、基盤は同じサイズで1色にして、作りやすくした物。
1色用の配線図


材料はこんな
材料の部品です


LEDは赤と黄色にしたかったのですが、超高輝度の黄色が品切れだったので、ちょっと珍しい、ブルーグリーンなんてLEDを買ってみました。
ブルーグリーンLED


完成状態。クリアの熱収縮チューブをかぶせています。
完成形


裏側
基盤の裏側


安定化電源にテスターと基盤をつないで、電圧を調整しながら設定します。
7.0Vで緑が点灯し、6.3Vで赤が点灯するようにしました。光る電圧はボリュームで調整します。

電池の容量が充分にあっても、加速中には電圧降下で一瞬光るので、その頻度で減り具合をつかみます。

停車中のLED
●● 無点灯調整 7.2V以上 容量あり
緑点灯調整 7.0V以下 残量少なめ
赤+緑点灯 6.3V以下 やばいのですぐ止める

走っているうちに、だんだんとLEDが光る状態が増えていき、停車中も緑LEDが点きっぱなしになったら、あと数周以内に走行をやめるという感じがよさそうです。



B4に載せた状態
アンプはGTBより古いNovak SS+ブラシレスです(モーターはOrion)
イーグルのスマートストップも一応付けていますが、もう要らないかも・・・
B4に搭載した状態

B4に搭載(2)


こういう使い方で確実に過放電を防げるのであれば、リポ対応のアンプでなくても大丈夫かもしれませんね。


【関連記事】
2009/01/15 リポの注意点まとめ
2009/01/01 リポ導入
2008/11/21 振り分け型リポと安全袋
2008/11/13 リポ電池爆発


バッテリーの電圧チェックヨコモ YZ-MBCマルチバッテリーチェッカー


デジタルテスター Ver1.0



LRPの特攻タイヤ
LRPの1/8GPバギー用のタイヤ名がちょっとおかしいです。
名前を付けたのは外人さんだと思うのですが・・・

LRPのハラキリタイヤ

KAMIKAZE(神風)

SUICIDE(自殺→特攻)

HARAKIRI(腹切り→切腹)



このタイヤを使うと、速いけどロッシやアソシの車に突っ込んで玉砕したりして!?


シンタニのコース改良
ちょっとコソ練に行ってきました。
Lipo向けセットもいろいろ試していますが、導入者が少ないのでまだ手探り中です。それでもだいぶ走り易くはなってきています。

予約していた、あざらしパーカーをゲットしてきました!
あざらしパーカー


初回予約特典の、缶バッジ付きです。
あざらし缶バッジ


コースの改良個所は、4連の最後と、コブの最後にカーペットが埋め込まれていました。
着地やブレーキで掘れちゃうみたいなんですね。
コースの改良個所

コースの改良個所2


てっきり、ここを目掛けて飛べば、車が壊れない目安なのかと思ってしまいました(^^;)


1/12シンタニレースの動画
毎度おなじみ、TeamHHRさんによるフル動画です。
ブロードバンドの方は、高画質モードに切り替えて再生が可能です。

2WD Bメイン
2WD Bメイン動画
●YouTube 動画リンク●



2WD Aメイン
上位3台の走りのスムースさに驚愕!
2WD Aメイン動画
●YouTube 動画リンク●



4WD Bメイン
1周目に事件が・・・ごめんなさいね
4WD Bメイン動画
●YouTube 動画リンク●



4WD Aメイン
4WD Aメイン動画
●YouTube 動画リンク●



ラリー決勝
ラリー決勝動画
●YouTube 動画リンク●



ラリー ドリフトコンテスト
エボのウイングがGT-Four
ラリー ドリフトコンテスト動画
●YouTube 動画リンク●




三菱ランサーエボリューション3 1996WRCエディション クリアボディー




リポの注意点まとめ
リポ(リチウムポリマー電池)を使うようになり、地元でも使用者が増えています。
自分の勉強も兼ねて、扱い方を情報収集してまとめてみました。
文書量が多いので、独断の重要度ランクで色分けしています。

赤=超重要・絶対厳守
紫=けっこう重要(守らない場合は自己責任で)
青=おすすめ
黒=参考情報

※カー用動力、2セル7.4Vに合わせて書いています。プロポ用・受信機用など、保護回路内蔵の物は少し扱いが違います。

●●●充電
リポ用充電器で、設定値やモードを絶対に間違えないように行ないます。
Lipo用充電器


過充電(1セルあたり4.22Vを越える)させると、膨らんで壊れてしまったり、発火の恐れがあります。

電圧が6.6Vを下回ったり、8.44Vを超えているバッテリーを充電すると、膨らんで発火する可能性があるので廃棄します。

バッテリーが熱い状態の時は、常温になるまで充電しないようにします。

充電中も異常が無いか、見守ります。

難燃性の袋に入れて充電するのが安全です。
Lipoの安全袋リポ用耐火袋


バランス充電が推奨(新品でも10回位の使用でバランスが崩れてるものがあり、一部のセルが過充電になって膨らみ→発火の恐れあります)

1C充電が各社推奨の安全圏内です (4000mAなら4A)

2C~3C充電をした場合、充電完了後に電圧が自然に上昇し続けたり、膨らんだりする場合がありますので、あまり行なわない方がいいかも。

バッテリーのセル毎の状態を細かくモニターできる充電器が推奨です。

完全満充電には、定電圧充電のために時間がかかるし負担をかけるので、90%充電でやめれば充電が早いしバッテリーの寿命も伸びます。

・充電器とバッテリーの選択には、どうしても相性があったり、いまいち粗悪な物もあるらしいので、選択は実際の使用者の意見を参考にするか、自己責任で行なって下さい。

・バランスコネクターはメーカーによって種類があるので、後付けで購入する必要がある場合があります。買う時にはよく調べましょう。

●●●使用
Novak Lipo SmartStopリポ対応のアンプを使います。非対応であれば後付けのスマートカットも2500円位で売っていますが、ちょっと入手しにくいです。


アンプのオートカットは安全の為にありますが、それを効かす位使うとバッテリーを痛めるので、できるだけカット前に走行を終わらせます。

過放電させると(1セルあたり3V以下)、膨らんで壊れてしまいます。膨らんだら発火の恐れがあるので廃棄します。

充電後は30分以内に使用した方が良いです。満充電後に時間が経過すると膨らんでくる場合があります。

過電流に弱いので、定格を絶対に超えないように使用します。4000mA
20Cなら80A放電が限界で、それを超えて使うと壊れたり次回充電時に異常が起きたりします。


ショートさせると時間が経ってから発火の恐れがあるので、ショートさせてしまったら、15分位安全な所で様子をみます。

モーターロックも過電流と同じ事なので、15分位安全な所で様子をみます。

電池の内部が変形する程の激しい衝撃を与えた場合、発火の恐れがあるので、安全な所でしばらく様子をみます。

アンプに繋いだままだと、スイッチOFFでも徐々に放電して壊す可能性があるので、注意します。

セル間のバランスが0.05V以上ずれた場合は、バランサーにかけてバランスをとった方がいいようです。

・20Cの電池は10C以上の放電をすると劣化が進むそうなので、余裕のある使い方がいいようです。

・最初の数パックは3C~5Cまでの放電にしないとバッテリーにダメージを与えるそうです。4000mAなら12A~20A。
ちなみに、スリック路面では発進時に瞬間的に30A以上流れます・・・

最初はOKでも、使い込んでくるうちに異常が出てくる場合があるので、そういうバッテリーを、いち早く見つける管理努力が必要です。

●●●保管
残容量50%~60%で保管が推奨です。車用の2セルでは7.5~7.6V。高級な充電器で保管モードが付いている物もあります。

難燃性の容器で保管・輸送するのが安全です。
2重の安全 リポバッグの諸元

満充電で放置すると、温度の変化で電圧が自然に上がり、バッテリーにダメージを与えたり自然発火する事があるので、絶対にやらない。

自己放電はかなり少ないですが、劣化してくると減るのが早いので、危険領域(1セル3.3V未満)にならないように時々電圧をチェックして、必要なら補充電します。

温度が70℃以上になるような車内に放置すると、自然発火の恐れがあるので注意します。

●●●廃棄
膨らんだバッテリーは、使えても危険度が増しているので、なるべく廃棄した方がいいです。

膨らんだバッテリーは危険なので、針で刺してはいけないです(破裂・炎上の恐れあり)

自己廃棄の場合は、塩水に数日間漬けて低温で完全放電させてから捨てるのが良いようです。不燃ゴミか可燃ゴミかは、地元の自治体に問い合わせて確認して下さい。漏れた物は有害なので、手で触らないように。

・稀少金属(コバルト)が使用されているので、できれば電池リサイクルに出すのがいいらしいです(塩水に漬けた後でもOKみたい)

●●●発火する時
・膨らんだパックに傷が付き、内部の電解質や可燃ガスが空気に触れると発火炎上します。

・膨らんだせいで、内部のセル間の端子がショートしても、発火炎上します。

・ショート・過電流(時間差あり)

・パックの破損(時間差あり)

・過充電(バランスの崩れた直列充電も)

・過放電(時間差あり)

・70℃以上の高温

満充電でしばらく放置した場合(時間差あり)

2C~3Cの超急速充電終了後に、勝手に電圧の自然上昇が始まった時。

●●●もし発火したら
・内部の物質が空気中の水分と反応して燃えるらしく、空気を遮断する必要があるので、消火器を使うか砂をかけるのが良いようです。

水をかけると高温になり火傷の危険性があります。

・飛び散った物が服や皮膚に付いた場合も、水で洗い落とそうとすると、高温になり危険なので、乾いた物で拭きとって医師に相談します。

●●●その他
安いテスター・0.01V単位のチェックが重要なので、デジタルテスターがあった方がいいかもです。最近では1000円位から売っています。右のテスターは1050円でした。

充電器に0.01V単位のLCD表示や分析機能が付いていない場合、その充電器はあまりおすすめできませんが、それでも使う場合は管理用にテスターを別に持っていた方がいいと思われます。

デジタルでも古いテスターだと、ずれている可能性があるので、メーカーに校正に出すか、安い新品に買い換えた方が早いかもしれません。


CellMeterのようなリポチェッカーがあればなおいいですね。これは残量やバランス具合を判定する小さなツールです。
CellMeter4



リポはパワーがありメモリー効果が無くて軽いけど、値段が高くて発火する事があります。
しかし性能はすばらしく、しっかり知識を持って、取り扱いに注意すれば、事故はあまり起こらないようです。



【参考リンク】
・RCK(ラジコン電波安全協会)リポのトピックス
http://www.rck.or.jp/contents/topics/topics015.html

・ep-plane.com リポ安全マニュアル
http://www.ep-plane.com/liposafety/LipoManual.html

・K&S リポの取り扱い方まとめ
http://www.ks-j.net/xo/modules/pico/lipo.html

・電動UコンHomePage リポ電池の安全な使い方
http://www.officejdream.jp/ripobatterytukaikata.html

・AllAbout リポバッテリーの安全な取り扱い方法
http://allabout.co.jp/gs/radiocontrolplane/closeup/CU20080319B/

・ASTRO HOBBY ハイペリオンリポバッテリーの取り扱い方法
http://www.astrohobby-izu.com/newpage28.html

・ミワホビー バランス充電とは (2008/1/17追加)

http://www.miwahobby.co.jp/atlasa/jatlas/mh7390/p1.html

【関連記事】
2009/1/1 リポ導入
2008/11/21 振り分け型リポと安全袋
2008/11/13 リポ電池爆発







1/12 シンタニレース
今回の集合写真です
集合写真


ラリー予選の一コマ
ラリーの予選


HHRさんのRB5はリポ仕様で軽くなったため、ウエイトが積まれています。かなりの重量ですね。
RB5にウエイト搭載


リポは使用方法を間違えたり、ショートさせると発火しますので、安全のために消化剤が用意されています。
後ろにマスクした男の心霊写真が!?
消化剤&心霊写真


ジャンプシーンの流し撮りです。フラッシュ無し・シャッタースピード優先で撮っています。画像のレタッチ 画質の修正も必須ですが。
ジャンプ1

ジャンプ2

ジャンプ3

ジャンプ4

ジャンプ5

ジャンプ6



レース結果
今回は2WDはT畠さんに追いつけず勝ちあがれませんでした。なぜか4WDは勝ち上がり。
2WD Bメイン結果
2WD Bメイン結果


2WD Aメイン結果
2WD Aメイン結果


4WD Bメイン結果
4WD Bメイン結果


4WD Aメイン結果
4WD Aメイン結果


ラリー結果
ラリー結果


動画もアップ
今回は2WD Aメイン決勝のみです。
シンタニ君がTQゴールを決めています。
2WD Aメイン決勝動画
●YouTube 動画リンク●



次回レースは2月1日の予定だそうですよ。

NOVAの冬用ヘッド
NOVAの冬用ヘッドだそうですが、すごく薄いですね!
NOVAはよく冷えるから、この位でちょうどいいのかな?
NOVAの冬用ヘッド


2007年の秋に、旧VZ-Bのヘッドをカットして似た物を作った事がありますが、その時は切りすぎてエンジンがヒートしてしまいました(^^;)
その時の過去記事→ 2007/11/10 輪厚で走りおさめ

冬だったらちょうど良かったのかもしれません(雪が凄くて走らせませんけど)
冬用ヘッドを作る時は、切り過ぎないように・・・


【関連記事】
2007/11/10 輪厚で走りおさめ


1/3シンタニレースのフル動画
HHRさんがレースの動画をアップしてくれました。編集お疲れさまです!
なんと全部そろっていますよ

2WD Bメイン決勝
2WD Bメイン動画
●YouTube 動画リンク●



2WD Aメイン決勝
2WD Aメイン動画
●YouTube 動画リンク●



4WD Bメイン決勝
4WD Bメイン動画
●YouTube 動画リンク●



4WD Aメイン決勝
4WD Aメイン動画
●YouTube 動画リンク●



ラリー Bメイン決勝
ラリーBメイン動画
●YouTube 動画リンク●



ラリー Aメイン決勝
ラリーAメイン動画
●YouTube 動画リンク●



ラリーのおまけ ドリフトコンテスト
ドリフトコンテスト
●YouTube 動画リンク●



ko_bo_omi製 MR-4BC用パーツ
omiさんからお下がりで頂いた、MR-4BC用のカスタムパーツです。
これはBCスペシャルの軽量ホイールハブですが、イモネジが打ってあり、タイヤを外した時にホイールハブが一緒に取れたり、ピンを紛失したりしにくくなっています。便利ですね!
BC-spの軽量ハブカスタム


なかなかマネできない加工技ですよ。
ほかにもありますので、徐々に紹介していきます。


1/3レース ラリーの動画
1/3シンタニレースの、ラリー部門 決勝Aメインの動画です。
かなりズームして撮ったので、近くが追いきれていません。酔わないようにご注意。
ラリーの動画
●YouTube 動画リンク●



1/3新春シンタニレース
新春シンタニレースに参加してきました。
ピットエリアも満席状態です。
集合写真


車も正月仕様です。レースなのに安全運転!?
安全祈願


D4のリアのプロペラシャフトは、1年くらい使い込むといつか折れるそうです。
シャフト破損


私を含め、リポ使用者が少しずつ増加中ですが、ハードケースのリポが膨らんで分離してしまっています!
充電のトラブルみたいですが、危険ですね~ 燃えなくてよかったですね。
膨らんだリポ


左がノーマル状態
膨らんだリポ2


ラリーの走行画像
カメラの専門家、ORCさんのアドバイスで、デジカメのマイナス露出補正でシャッタースピードが1/13から1/25位まで上がり、フラッシュ無しでも走行中の車がある程度は写るようになりました。
ラリー1

ラリー2

ラリー3

ラリー4

ラリー5

ラリー6



レースの結果。
私はリポのパワーに振り回されながら、2WDも4WDもBの3番手あたりからなんとか勝ち上がってどっちもAの最後尾でした。次回はリポ向けにセッティングを見直してみよう。
2WD Bメイン
2WD Bメインリザルト

2WD Aメイン
2WD Aメインリザルト

4WD Bメイン
4WD Bメインリザルト

4WD Aメイン
4WD Aメインリザルト

ラリー Bメイン
ラリーBメイン結果

ラリー Aメイン
ラリーAメイン結果



参加したみなさんお疲れさまでした~

次回は1月12日(月曜祝日)、2月1日あたりの予定だそうですよ。
詳しくはシンタニホームページにてご確認下さい。


リポ導入
あけおめ!
みなさん、今年もサーキットで、ブログで、飲み会で(?)よろしくお願いします m(_ _)m
さて、年明け早々、ニューアイテムの話です。

バッテリーを買いましたが、いまどき、ストレートパックのタミヤコネクターですか?
イーグルのリポバッテリー
ってよく見たら、ヘンなコネクター生えているし、2セル・7.4Vのリポではないですか!
試しに導入してみました。


もちろん、取り扱いには細心の注意が必要なバッテリーなので、ちゃんと安全装備も買いました。
リポの充電・保管時に使用する、耐火袋です。消防服と同じ素材でできているとか。
電池が楽に4本は入りますよ。
リポの安全バッグ


中はこんな感じ。カーボン&ケブラー繊維だそうです。
リポバッグの中


この袋はK&Sというメーカー製で、洛西通販で入手しました。2600円位です。まだいっぱい在庫ありましたよ。
リポバッグの諸元


過去記事でも書いた、エンルート取り扱いのリポバッグはもっと安く、1600円位でPro-Shop Futabaの通販で取り扱っていましたが、今は品切れになっていました。
http://www.pro-s-futaba.co.jp/store/index.php?main_page=product_info&products_id=11398


燃焼時には、袋がパンパンにふくれて袋の口から高温のガスが勢いよく噴出すため(そう説明書にも書いてある!)、保管時はさらに鉄製のケースに入れておきます。これで安心でしょう。
電池の説明書にも、充電器の説明書にも怖~い説明がくどいほど書いてありますからね。
設定を間違うだけで発火の可能性あるので、リポは初心者にはちょっとおすすめできないかも。
2重の安全

ちなみに過去記事に、燃料時の様子が書いてあります。


充電器はHiTECの旧型が入手できなかったので、Li-Fe対応の少し高いやつになってしまいました。12V仕様です。
今なら、ハイペリオンのACDCタイプが便利でいいかな。荷物は少しでも減らしたいですからね。
充電コネクターはヨーロピアン端子だけ付属していて自作するようになっていたので、リポ用にディーンズの2Pと、バラセル用にワニグチを付けました。
バランスコネクターは、使わない端子は熱収縮チューブで覆って、絶縁しておきました。リポバックが通電性なのでショート防止です。
充電器


アンプとバッテリーは2Pに代えましたが、まだバラセルも使うと思うので、2P→ヨーロピアンの変換コネクターも作っておきました。
2P→ヨーロピアン変換



1月3日のレースでいきなりリポを使ってみるつもりです。
燃えるか、車が1コーナーでふっとぶか、こうご期待!?


【関連記事】
2008/11/21 振り分け型リポと安全袋
2008/11/13 リポ電池爆発


ディーンズ2Pコネクターオスメスセット 507


日本全国送料無料!もちろん北海道や離島も送料無料です!ヨコモ急速充放電器 YZ-114SP


京商/ORION OR 130117アドバンテージ チャージャー


イーグル リポバッテリー 25C 2700R 登場!!イーグル 3194Li-PoバッテリーEA2700R/7.4V 25Cハ...


バッテリーの電圧チェックヨコモ YZ-MBCマルチバッテリーチェッカー


デジタルテスター Ver1.0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。