1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界戦の動画いろいろ
先週行われたハチイチバギー世界戦の動画が、ここ数日で増えていますので、まとめてリンクしてみました。
それにしても、でっかいコースですね!

セミファイナルのスタート
動画リンク1
●動画リンク●



原篤志選手のインタビュー(英語ペラペラ!)
動画リンク2
●動画リンク●



どれかのヒートのスタート
動画リンク3
●動画リンク●



どれかのヒートのスタート
動画リンク4
●動画リンク●



泥んこの予選とか、いろいろ
動画リンク5
●動画リンク●



ハイライト集 あちこちで紹介されている動画
動画リンク6
●動画リンク●




スポンサーサイト
エキゾーストクーラー発売
以前の記事、 冷やして燃費UP? でも触れた、エキゾーストクーラーがノバロッシから発売になっています。
プレッシャーチューブに割り込ませ、排気を冷やすことによって、燃料の加熱を防ぐ物だそうですが、かなりの優れ物みたいです。
海外のインプレ記事によると、トラギーで試したユーザーの話では、燃費が相当良くなり、パワーも増えたとの事。
エキゾーストクーラー

ハチイチバギー(かトラギー)に搭載の図。意外に小さい?
ハチイチバギーにエキゾーストクーラー


レーシングではプレッシャーチャンバー代わりに搭載
ハチイチレーシングの場合


試してみたいと思いましたが、スパイラルでは売り切れていました。買い物ついでに見つけたら買ってみようと思います。


【関連記事】
フィオローニのクーラー
冷やして燃費UP?


タイロッド外れ防止
前回のレース中にタイロッドが外れてしまい、残念な事になってしまいました。
定番の皿ネジを使ってボールを留める方法にしているので、取れにくいと思っていましたが、そうでもなかったようです。

地元では777でもMBX5Rでも外れた人に何度も遭遇していますが、外れた物を素手で直そうとしても、固くてなかなかはまりません。不思議・・・


ロッドエンドはまだ新しいはずなので、ボールが磨耗したのかと思い、新品を買ってきて調べてみましたが、使い込んだ物は6.8mm、新品で6.82mmと、減っているものの、ほんの僅かでした。
中古ボール 新品ボール



外れない対策に、プレート側とナックル側の両方のボールを2段にしてみました。
おだんご?????
万が一外れてもボールとボ-ルの間でひっかかってくれるのを期待しています。
勢い余ってもう1個のボールにはまってくれればなおよし?(有り得ない)
ボール2段
ナックル側は、ボール2個の場合、なべネジにしないとネジ頭が少しホイールに干渉していました。

ボール2段(2)


ST-R用の曲がったエンドを使っているせいか、ナックル側がフルリバウンド時に、ステアリングの動きが少し阻害されたので、ボールとボールの間に、クラッチシューに付いてくるφ3mm(0.2mm厚)のシム2枚を入れたら、ちょうどよかったです。

先週はこれで走ってみて問題なかったのを確認しましたが、もう1つ案があるので次に試そうと思います。


ウイング用ステッカーをWordで作る方法(2)
k林さん依頼のJコン用ステッカーの製作手順です。



純正ステッカーをデジカメスキャンして、枠線をWordの図形機能で作るのは前回と同じですが、
JCONCEPTSウイングのスキャン


この大きなJCマークを再現するのが難しいのと、フリーエリアが小さくなるのが気に入らなかったので、PROLINE等と同じように、下にメーカーロゴを入れてみました。
QuickExpressというフォントを使うだけで、簡単にJコン風になります。(Jの所がちょびっと違いますが)
アクティブのウイングも、このフォントを使うと純正そっくりになります。
このフォントはTEAM AZARASHIの、ねるそんさんに頂きました。フリーフォントとしてダウンロード可能なようです。
QuickExpressフォント



黄→赤のグラデーションになっていますが、これはword標準機能の、塗りつぶし効果で簡単にできます。
グラデーションの入れ方


AKAロゴの合成がちょっと難しいのですが、ここだけグラフィックソフトを使わなければなりません。
簡単に書くと、拾ったロゴ画像の背景部分を違う色で塗り潰し、その色を透過させて図形に合体させればOKです。
背景をロゴ内部に含まれない色にしないと、ロゴの中が透けてしまいますので注意です。


次回は8ight用の製作記です


【関連記事】
ウイング用ステッカーをWordで作る方法(1)
ステッカー製造中
ステッカーの貼り方
ウイングステッカーの自作


世界戦で優勝したD8
ハチイチバギー世界戦で原篤志選手が優勝しました!すごいですね~
D8買った人はニヤニヤしている事でしょう(^^)
原篤志word champion



4PKにOS Speedにコスモ、いたって普通です。
受信機の熱対策は問題無かったんでしょうかね?
優勝したD8
去年のようにHPIから『極』シリーズ出たりして?


よく見ると前後でタイヤが違います。今後はハチイチバギーでも前後異種タイヤが流行ってくるのかも?
優勝したD8のメカ



EPでは前後のタイヤが違うのは当たり前でしたけど、たぶんそうでないとクイック過ぎて走れないと思います。ワンウェイ付けてリアのみブレーキ利かせてターンという曲がり方もしますし。

ハチイチバギーは、最近の車種は重心がセンター寄りになってきているし、スピードも上がってきているでしょうから、車を安定させるために、リアタイヤを変更するセットが増えてきているのかもしれませんね。

個人的にはリアタイヤが太い方がカッコよくて好きです。


今日のコソ連
今日も輪厚で、昼頃からいつもの4人で練習してきました。
ちなみに京商2人・無限2人です。


OS Speedのレデューサーが品切れだったので、JX Ninjaのレデューサーを買ってみたのですが、Vスペにバッチリ合いました。まぁ同じOSですからね。
Ninjaって書いてあるけど、こっちの方が色が合っていていいかな?
今まで純正の8mmの赤をずっと使っていましたが、この7.5mmは燃費も反応もよくて調子よかったです。次は7mmを試してみようかな。
NINJAのレデューサー



社長、散水お疲れさまです。
今年から井戸水をポンプで吸い上げて水撒きができるようになったので、乾燥時のほこり対策が可能なのです。
でも、ただいまの時間は、もう3時なのですが・・・
散水中


「水撒き終わったよ~」って言われたけど、走れるのだろうか?
散水後・・・


お仲間と水たまりをすくい取って土を盛って、乾くのを待ってから走行再開しました。この後は日暮れまでグッドコンディションが続いてました。エアクリーナーが全然汚れません。
コース整備



その後、真っ暗になるまでダベっていたので、鹿が出ないかドキドキしながら帰って来たのは、言うまでもありません(^^;)


受信機のスイッチのシブシブ対策
ほこりの多い所で走っていると、スイッチブーツを付けていても、受信機のスイッチがだんだんシブシブになって、入り切りするのにすごい力が必要になっていきますね。
交換するしかないので、動きが悪くなったスイッチが何個も溜まっていきます・・・

京商の場合は3個入り¥280円の上面だけのブーツから、
BS79スイッチブーツ BS79スイッチブーツ(2)

今は1個¥500円もするフルカバータイプに変わっていて、これがほこり対策の強化なのかもしれません。無限は元からこの形みたいですね。
IF351スイッチブーツ

しかし人の車を見せてもらうと、この青ブーツでもやっぱりシブシブ・ガキガキになってしまっていました。
去年使っていたタッパのメカボックスでは、黒ブーツ使用でもバスコークで完全防塵したところ、1シーズン使ってもスムーズでしたので、防塵対策すればOKだと思うのです。


そこでブーツの下側からバスコークを詰め詰めして、スイッチを密封してみました。
スイッチブーツにバスコーク


上面は大丈夫と思いますが、一応ネジ穴付近にもバスコークを塗ってあります。写真では見えないけど・・・
メカボックス



受信機のスイッチは車種を問わず共通なようなので、インファーノ以外でもこの対策はできそうです。
ん?
という事は無限のパーツを流用すれば良かったのかな?
無限だと B0401スイッチカバー¥200円ですね!(^^;)


4PKは設定変更が必要
4PKを使っていると、混雑している時に他社の2.4Gで電波が出せないトラブルが起こり、その回避方法として4PK側での設定変更をフタバで推奨しているようです。
4PKをフランスモードに設定する事によって、他社の2.4G(サンワ?)が動作するようになるそうです。

確かフランスは電波法の違いで2.4Gの使用帯域が狭いので、それで空きチャンネルが出るのだと思われます。裏技っぽいですね・・・
4PKの台数が増えた時は、帯域が狭いのでレスポンスが少し落ちそうな気がします。


以下はPRO-SHOP FUTABAからの転載です。

深川走行会のお知らせ
9月28日に深川サーキットで、GPオフロードの走行会が行われる予定です。
なおレース形式ではないので、レースは苦手という方もどうぞ。
ラジコン&焼肉をやりますが、肉は持ち込み推奨だそうです。

♪焼肉焼いてもエンジン焼くな(?)
焼肉



9/14 輪厚オフロードレース
輪厚レースに参加してきました。朝からずっと天気が良かったです。
バギーとトラギーは参加人数が大盛況で、どちらもCメインまで行われました。ここ数年で最大の人数かも?

木の下にピットテーブルを広げていたので、上からこんな物がゴンゴン落ちてきます。※収集しても、いい事はありません。
どんぐりボトボトどんぐりこ


Tom-Gさんのロッシ8ight。トラブルにもめげず健闘しておられました。
Tom-Gさんの8ight


今日は予備のビッグダンパーを777SP1(左)にも付けてみたのですが、操縦がやたらと難しくて・・・SP1に使うならセットを見直した方が良さそうです。
SP1にビッグダンパー?


SP2の方は調子は良く、Bメインの4番スタートで2番でまで上がり、このままキープして勝ち上がり・・・と思っていたらコースアウトの衝撃でステアリングリンケージが外れてしまい、捜索で3分位ロスしてしまいました。コース復帰できましたけどここで終了~でした。


結果リザルトは私の好み(手抜き?)でハチイチバギーのみ掲載です。
Cメイン結果
Cメイン結果


Bメイン結果
Bメイン結果


Aメイン結果
Aメイン結果


輪厚オフロードは来月10月12日が最終戦です。この季節は雨が多いですから、晴れるといいですね。


マフラーの簡単掃除
マフラーの汚れを簡単に落とす方法です。よくネットでも見かけますよね。
1年位使って汚いマフラー&マニですが
汚いマフラー



ワイドマジックリン2Lのペットボトルの頭を切り取った容器に、ワイドマジックリンをキャップ1杯、お湯に溶かして、漬け込みます。


マフラーつけおき中汚れは2日目でほぼ落ちていましたが、3日間・72時間程漬けたままにしておきました。


ほとんどこすったりしなくても、取り出すだけでぴかぴかです。
一部、焦げが厚く堆積した所やフィンの隙間は、さすがに落ちないので、ヤスリで軽く削ってやります。
汚れた取れた状態


こんなにきれいになりました。
掃除完了



以前にパイプクリーナーとかも試した事がありますが、値段の割にうまく汚れが落ちなかったです。
ワイドマジックリンが安くてよく落ちるようですね。

裏の注意書きを読むと、鉄や銅は溶けるから漬けないようにと書いてあります。イモネジを外し忘れるとまずい事になるかも?
アルミを2時間以上漬けると変色の恐れあり、とも書かれています。みんなやっているから大丈夫と思いますが、お試しはくれぐれも自己責任で。


鹿に注意
4月頃、輪厚サーキットから帰る途中に、鹿に激突して車がヘコみ、心もヘコみました (T_T) 1mちょっと位の大きさの鹿でした。

鹿に注意
そろそろ、鹿が多い季節だそうなので、みなさん気をつけましょう。エゾシカの大きいのは体重100Kgを超えるそうで、車が廃車になった話も聞きます。
この付近にはこの標識は無かったですけど・・・


熊に注意知人は北広島スキー場の駐車場で、バックした時に熊にぶつかったそうです(@_@)ヒグマの生体じゃなくてよかったですよね。


ちなみに私が鹿とぶつかった場所の地図はこちら、北広島ICあたりのR36から、道道790を南に2Km位の場所です。スキー場とR36の中間地点あたり。

詳しい地図で見る


この時は夜で、左の防雪柵の間から、でっかい鹿が2頭位出てきてぶつかったのでした。右の草原にもいたから1頭ずつ道路を横断していたのでしょう。

検索してみたら、北海道での鹿との交通事故はかなり多いようです。半年で350件以上の接触事故だとか。
生息数は推定20万頭、うち8割は道東に生息しているそうですが、ずいぶんたくさんいるんですね~

エゾシカは夕方から朝方にかけて、草を食べに歩き回るそうです。
朝、薄暗いうちからサーキットに行く場合と、夜の帰りは注意ですね。


【関連外部サイト】
北の道ナビ:エゾシカ交通事故防止4原則
北海道警察:鹿で交通死亡事故発生(pdf)



センターユニバの破損対策
インファーノのセンターユニバは、ごくたまに予兆もなく突然壊れる事があるようで、しばしば見かけます。
私は2年間使っていてまだ一度も経験ありませんが、もしレース中に起きたら不幸ですよね・・・
ユニバの中のクロススパイダーピンが抜けて分離してしまうようですが、ここは元から固定なので強化する方法が見当たりません。
そこで、内径15mmの太い熱収縮チューブをかぶせて、ピンが抜けてこないようにしています。

フロント
ユニバのスパイダーピン外れ対策

リア
ユニバのスパイダーピン外れ対策(2)

777程度の曲がり角度では、たいした抵抗にはならないようでした。

軽量センターユニバ(黒)の方はまだ使っていませんが、強化品なので、より壊れにくそうな気がします。


秋のコソ練
もう日付は日曜になりましたが、今日9月7日の深川レースは雨で中止だそうです。
昨日は輪厚にコソ練に行き、K林さん、Wさん、Iさんのバギーと一緒に走ってきました。

この時期はコースには栗がいっぱい落ちてきます。別名:栗トラップ?
操縦台から遠い場所なので、落ちているのが見えないまま全開で通ると、車がトリッキーが動きをしてびっくりします。
今度拾って帰って食べようかな。
コース上の栗



今日は777のセットを少しずつ変えていきました。試したい予想項目は今週ずっと考えてあったので、チキチキしながら1つずつ実行していきます。
●ジャンプとギャップが難しかったので、フロントのバネをパープルからライムに→ジャンプが跳びやすくなった
●コーナー前半でリアが粘りすぎているようなので、リアのロールセンターを下げてみる→曲がりやすくなった
●大ジャンプ手前のフル加速時に底付きしてはねるので、リアダンパーの下穴を外側へ。車高を1mmUP→しっかり吸収するようになった
●ボウファイターを試す→ハイスピードでギャップに飛ばされる事が少なくなって、全体的に走りやすくなった
●リアのスキッドプレート3度の青がいいよ!という事で、Wさんからプレートをいただいて装着、ありがとうございます!→ギャップの安定感が増した感じ。スロットルをより開けていけます。

途中でフロントサスアームのひびを発見して、交換するのに時間がとられましたが、だいぶ好みの走りになってきました。
あとはフロントダンパーを寝かせば曲がりが改善されていくような気がします。(来週試してみよう)

フロントにトラギーのサスプレートを使った、スキッドを大きくした日本人のセットって、なかなかないので、セットが独自路線になってしまいますが、ハイスピードでギャップに耐える、よくばり仕様になんとか近づいてきているような気がします。


これはIさんの7.5ですが、ちょっと珍しいノバロッシのエンジンが付いています。
一見旧車ですが最新の車と同等と走りをします(@_@)やっぱり、ウデなんでしょうか?
ちなみにこれは北見の"あに~"さんとの対戦用車両だそうです(^^)2人とも速くて私はかないませ~ん。
IさんのMP7.5(KANAI?)

そういえばボディには剣崎塗装店のロゴが・・・でっかいのも塗ってくれるんでしょうか?


MBX6の写真
やっとCADでないシャーシ画像が出てきました。
写真を見てると欲しくなりそう(^^)
MBX6の画像(1)

MBX6の画像(2) MBX6の画像(3)

MBX6の画像(4)


量販店価格だとMP9が¥86
830円、MBX6が¥57
120円位ですね。
777からMP9への乗り換えは、ダンパーとクラッチ以外ほとんどのパーツが変わっているようなので、初期投資の事を考えると無限に乗り換えてしまうのもアリかなと思ったりします。
ていうか乗り換えのチャンス?


ウイング用ステッカーをWordで作る方法(1)
1/8GPオフロードで定番の、ウイング用サイドダムステッカーをMicrosoft Word (2000)で作る手順を紹介します。
特別なソフトが無くてもなんとかなるものです。
自分用のステッカー


簡単に考えると、市販のステッカーをスキャナーで取り込んで、そこに編集・印刷してしまえばいいんじゃ?と思いますが、取り込んだ画像を印刷しても全然きれいに出ませんので、それではダメなんです。
シンプルでもいいので、最初からデジタルデータで作成するのがベストです。


まずはウイングの縁取りのために、ウイングに付属してきたステッカーをスキャンして、Wordに貼ります。これは形と大きさを見比べるためだけに使います。
自宅にはスキャナが無いので、デジカメを使っています。拡大するので、なるべくjpg画像のピクセス数が最大になるよう設定した方がいいです。
プロライン用ステッカーのスキャン
Wordに貼ったら実際に印刷してみて、付属のステッカーと同じサイズになるように、画像の大きさや比率を微調整します。


Wordのオートシェイプ→線→曲線を選択し、縁をなぞっていきます。画面いっぱい200%位に拡大した方がやりやすいです。
これは各頂点を自動的に曲線でつないでくれる機能ですが、ちょっとクセがあるし、一筆書きで書かないとなりませんので、何回かチャレンジしてみて下さい。書き始めは直線の真中へんがいいです。
大体うまくできたら、さらに500%位に拡大し、頂点を移動したり付け足したりして微調整します。
Wordでなぞる


下の方の塗りつぶしの個所は、同じようにそこだけオートシェイプの曲線で閉じた領域を作り、塗りつぶし色を指定します。
メーカーロゴやフリーのWEB素材をダウンロードしてきて、テキストボックスに貼り、重ね合わせています。

ちなみに、この無限用ステッカーの場合、
無限用ステッカー(紙出力)

これだけのパーツに分かれています。2つのオートシェイプと4つのテキストボックス。
無限用ステッカーのパーツ

PROLINEのロゴ部分は、オリジナルのステッカーよりもきれいにできてしまいました(いいのか?)


パーツができたら、図形の調整→順序で重ね順番を変えてうまく配置していきます。
最終的に1枚分できたら、図形の調整→グループ化して1個の図形にしてしまいます。
それをコピー&ペーストすれば、A4用紙1枚に3台分位はレイアウトできると思います。
ここで、PCのメモリーやCPUパワーが少ないと、コピー&ペースト時にWordが固まる事があるので、こまめにセーブしましょう。OSにもよりますが、メモリー512M、CPU 800MHz以上は欲しい所。

ちなみに、枠だけグループ化して左右反転すれば、もう片側も簡単に作れます。
でも画像ごと反転しちゃダメですよ(^^;)


印刷用紙は、これがおすすめです。二層式のため耐久性が高いです(値段も高いです!)
ステッカー用紙

用紙に取り説が付いていますが、白地のフィルムにインクジェットプリンターで印刷し、1日乾燥させ、同封の透明フィルムを上に貼ります。
乾燥しにくいので、雨の日には作業しない方がいいように思います。
取り説に詳しく書いてありますが、透明の保護フィルムは、定規を使って貼ると気泡がまったく入らず、きれいに作れます。


ウイング付属ステッカーのモノマネ+αの作成はこんな感じですが、長くなったので、もう少し凝った物は次回で。


エンジン長持ちするために(2)
エンジンはあまり分解しない方が長持ちしそうだという事で、検証中なのですが、前回の記事の続きです。

そんな訳で春にナラシしてから1回も分解していませんでしたが、16リットル近く回した頃、8/10の輪厚レース前日にVZ-B vspecエンジンのコンロッドとF・Rベアリングを交換していました。
ベアリングは普通はもっと早く交換すると思いますが・・・

外したベアリングはもう使いませんが、洗浄して調べると、リアベアリングはなんともないですが、フロントベアリングからは微妙な金属粉がちょっと出てきました。
見た目や手で回した感覚では分からない傷みがきていたのかもしれません。


ピストンはそこそこカーボンが溜まっていました。ちょっと絞り気味かも?
トップと裏側は綿棒で拭き拭きしてきれいにしておきます。
カーボンの溜まったピストン


これで今年はシーズンオフになるまで、もう分解する事はないでしょう。その時点で、去年1年間使ったVZよりも圧縮が残っていたらうれしいです。

もしあまり変わらなかったら・・・来年はガンガン分解してしまおう!



ブログ1周年
2007年8月末にこのブログを開設してから、ほぼ1年経ちました。
いつも見に来ていただき、ありがとうございます m(_ _)m

主に競技用ラジコンカーの便利な情報の紹介や、地元レースの模様等をいち早く共有できればと思って始めたブログですが、多少は役に立てているようです?
また、ブログを通じて知り合った方もおられ、これはとても貴重な事だと思っています。


次にデータ的な話ですが、ブログ開設者でないとあまり興味ないかも。
記事数 250(3日に2記事のペース。週2くらいを目指しているのですが)
いただいたコメント 786件(半分くらいは私の返信)

トータルアクセス数 155813 (PV:表示回数・ページビュー)
トータル訪問者数 60958人 (UU:24時間以内の重複しない人数・ユニークユーザー)

※右上に付いているカウンターはJavaScriptなので、実際より10%位カウントが少ないです。


月間アクセス数の推移
アクセス数推移

最近は、1月あたり2万弱のアクセス、訪問者が8000人も訪れてくれています。
1日平均では650アクセス、訪問者が260人です。
そのうち半分位の訪問者はgoogle等の検索エンジンから来られているようです。期待する情報がうまく得られなかった場合は、ごめんなさいね。


これからも役に立つ情報や、新しい・面白い情報を発信していこうと思いますので、よろしくお願いします。
ネタが尽きるかラジコンを休止しない限りは、ブログは続くと思いますので(^^;)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。