1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アソシのターンバックルレンチの改造
アソシのターンバックルレンチを買ってみました。
ランスフォードのターンバックルに合うと思ったのですが、微妙にはまりません。しまった。。。

140218rench.jpg


捨てちゃうのもなんなので、ヤスリで少しずつ削ってみました。
どうせだから精度にこだわってみます。

140218rench2.jpg


ヨコモのターンバックルレンチよりも高精度に仕上がりました!
ガタがかなり少ないです。
(^^;

140218rench3.jpg

スポンサーサイト

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用

LiPoの保管箱
LiPoバッテリーの自宅保管用&持ち運び用に、難燃性の丈夫な箱を探していたのですが、これがよさそうです!
LiPoの保管箱

...金属製の工具箱です^^;


念のためストレートパック4本はLiPoバッグに入れたまま、ショートリポは絶縁して4本一緒に、こんな感じに詰め込んでいます。
万が一発火しても、箱の中の酸素がなくなるから誘爆はしないでしょう。。。
LiPoの保管箱


金属のロックが付いているので、安心できるかも。
LiPoの保管箱


金属製のケースに保管する場合は、端子の絶縁に気を付けましょう~






LiPoの小型化
Hさんがセパレート型LiPoを改造して、小型化していました。
最近の高容量タイプは2セル仕様でも、内部で並列に数個入っているので、このような事が可能なんですね。

この1個1個が8.4Vになります。
小型化LiPo


大きさ比較
小型化LiPo

小型化LiPo

軽量・小型バッテリーは細い2WD車に使うのが有力ですね。


※LiPoバッテリーの改造はとても危険なので、マネされる場合はくれぐれも自己責任でお願いしますm(_ _)m


バランスコネクターの裏技
2年位使ったLiPo対応の充電器が、しばしばバランスエラーを出すようになりました。
どうやら充電器本体の2セル用のバランスコネクター端子がおかしくなっているようで、ここを触ると直ったりエラーになったりします。

本体基盤の修理が必要と思うのですが、裏技で回避してみました。

シンゴ君と一緒に試行錯誤し、4・5セル用ポートで代用できると判明。
6セル用ポートでは1セルしか認識できませんでした。
バランスポートの不調の回避


バランスコネクターは5セル用の端子に右寄せで挿します。
4セル用端子ではうまくいきませんでした。
バランスポートの不調の回避


これで充電器本体は2セルモードと認識してくれるので、充放電が可能になりました。
バランスポートの不調の回避


充電器本体はそのうち自分で修理してみようと思いますが、まだ1~2年はこれで使えそうです。



マネする場合は、極性や電圧をよく確認したうえで自己責任で行って下さい。


ダイソードライバーの改良
このような入り組んだ箇所の六角スタッドボルトを回すには、絵の長いボックスドライバーが便利なのですが、ダイソーのボックスドライバーは先端にテーパー加工してあるので、こういう薄い六角には、うまくかかりません。
ダイソーレンチの改良


そこでドライバーの先端を平ヤスリで平らに削ってしまいます。
ダイソーレンチの改良


これでうまく使えるようになりました(^^)
ダイソーレンチの改良


使い込んで先端の磨耗したボックスドライバーなんかも、このように加工するとまた復活できたりします。


ファンプロテクター
マッチモアから、ファンの破損を防止するアダプターが発売されています。定価は税込み525円。
ファンプロテクター


一般的な25mm×25mmのファンに適合するようで、アルミ製・色も各種あります。
ネジ部に少し段差を設けて、ファンブレードとの接触を回避するように加工されているとの事。
ファンプロテクター

オフロードでは衝撃で、よくファンが引っこ抜けてしまうので、これでトラブルが防げそうですね!





インナー交換
レースの前に4WDはタイヤのインナー交換してみました。

カッターを入れるために、瞬間が盛られた箇所を削り落とします。
瞬間の補強箇所


リューターのダイヤモンドビットを使うと、瞬間の硬い部分だけが削れてタイヤのゴムは削れずに済みます。
タイヤのサイドウォールに瞬間を流してしまった時のリカバーにも使える技です(^^)
リューターで瞬間を削る


半年ほど使ったHotBodiesの純正インナー。。。
ちょっとぼそぼそです。
出てきたインナー


今回は16Mを未カットで入れてみましょうか!
新品インナー


今回はホイールにゴム辺が残ったまま接着してみましたが、特に問題は無いようです。

後はバランサーでバランスを取っておきます。
新品タイヤと違って、あまりバランスは崩れていませんでした。


【関連過去記事】
2008/03/03 インナー交換してタイヤ延命のやり方


TAMIYAのデフプレートグリス
U松さんおすすめのグリスを買ってみました。
デフリングとハウジングが滑らないようにするための物です。


グリスというよりは、ものすごーく硬いペーストみたいな感じで、粘りもすごいです。デフリングがしっかり固定されます。
高価ですが、これはなかなかいいかも。

VGデフプレートグリス

デフリングはいつもゴム系接着剤で貼り付けていましたが、剥がれ始めると滑るんですよね。
今度からこっちにします。
ウイングのガタ取り
ウイングの取り付け穴を少し大きく開けてしまい、カタカタするようになってしまいました…
ボディリーマーを使っても、ぴったりの穴径で開けるのは難しいですよね。
ウイング


ウイングワッシャーをシューグーで接着したら、ガタが無くなっていい感じです。
ウイングのガタ取り


DEX410ワンオフレンチ
omiさんからデュランゴDEX410用のモーターレンチが届きました。
ワンオフ品で世の中に1個しかありません。
デュランゴDEX410専用レンチ


実車がなくて確認できていないそうなので、シンタニさんでデュランゴ使いの方たちに検証してもらった所、バッテリーを搭載したままでも使えそうだとの事でした。
モーターが載っていませんが、HEXネジの突き出し位置はこの位みたい。
デュランゴDEX410専用レンチ


そんな訳で、発送先のご住所をメールか秘密コメントでお知らせ下さい>mila-nさん


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。