1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウイングの外れ防止(2)
私がやっている、ウイングのピン抜け防止策

140918losi3.jpg


トレスレイスタッフブログ(http://tresreyblog.com/)にはもっといい方法が紹介されていました。
ホルダーに穴を開けてイモネジ留めです。
こっちの方がスマートですね!

141111losi.jpg



スポンサーサイト

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用

LiFeの復活
やっとハチイチバギーのメンテを始めました (汗
去年のアクアレース(10月6日)以来、7ヶ月間ほど積みっぱなしだった受信機のLiFeバッテリーですが、取り出してみるとお餅のように膨らんでいました。。。

140511life.jpg

電圧異常で充電もできなかったのですが、裏技でNiMHモードで3分ほど充電すると5V程度まで電圧が出るようになり、LiFeモードで充電可能になりました。
容量が減った感じはありますが、遊び用には使えそうです(^^;
マネする場合は自己責任で。。。

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用

スターターのフタの改良
スターターボックスを使いやすく改良します。

まずは、要らないハードディスク(3.5インチ)を分解して摘出したネオジウムマグネットをペンチで2個に割ります。
この磁石はめちゃくちゃ強くて、鉄板に貼り付けると素手ではもう引き剥がせません。
機械式の腕時計に近づけると壊れるかもしれないので、要注意です。

ネオジウムマグネット


スターターボックスのフタをネジ留めしていたプレートの裏に、この磁石を2個、瞬間かエポキシで接着します。
これでネジを使わなくてもフタが強力な磁石でカッチリと固定されます。持ち歩き程度では外れません。

マジックテープやマグネットシートを使う方法もありますが、リングの突き出し量が減るのがイヤなので、こうしました。

接着



走行後はこのように、12V式のブースターも中に収納してしまいます。
ブースターのコントローラはLiPo電源に直結なので、過放電になったらイヤなので、念のためにLiPoのコネクターは外しておきます。

12Vブースターの収納


コードが出ていても、フタの隙間から中に収容できちゃいます。

収納結果


ネジ式ではなくしたので、作業が楽になりました。


燃料の入れ物
少し前のコスモの燃料の容器が使いやすいので、容器だけ使っています。
今はコスモも鉄缶になったんでしたっけ?

車の狭いトランクに詰め込むにはちょうどいい大きさなのです。
しかし中身を書いておかないとクロッツなのか無限なのか分からなくなります^^;
慣れてくると、クロッツは赤が強く、無限は少しオレンジ色なので見分けがつかないこともないのですが。。。

無限の燃料


でもって、燃調取り直してしばらく使ってみましたが、新しい無限の燃料は、以前より絞ってもヒートしません。
進化してますね~


スターターのパワーアップ
日曜に十勝の清水町で開催される天下統一レースに参加しようと思っているので、スタボのメンテなどしてみました。

ホントはカーボンボックスに組み直そうとしていたのですが、位置調整に手間取ったので、またいつかやることにします^^;
まずはベルトの張りを調整。だんだん調整範囲限界に近づいているので、これ以上伸びたらテンショナーを自作して取り付けないとならないですね。。。
スタボのメンテ


モーターをクローラーのハイトルクなタイプに変更しているのですが、もう少しパワーを上げようかと思ってブラシ交換をしてみました。
ATLUSのブラシ

45度ほど角度アップ!
ATLUSのブラシ


ブラシモーターをいじるのはかなり久しぶりです^^;
1年くらい使いましたがコミュはぜんぜん荒れていないので、研磨は不要でしょう。コミュ研セットあるけどめんどくさいし。。。
軸受けをメタルからベアリングに変更したいところですが、埃の多い環境で使うから、メタルのままでもいいかな?
ブラシ交換


タイヤへの穴開け
最近、みんな使っているそうなので買ってきました。
皮用のポンチ工具です。
いろんな直径の穴を開けることができます。
穴開け用パンチ


こうやってタイヤに穴を開けます。
タイヤに穴開け


きれいな穴が開きました。
これは2.5mm径です。3mmでもいいかも。
穴径や穴の数もセッティングの要素の1つではありますね。
タイヤに穴開け





マフラーの掃除
1年ぶりにマフラーのお掃除です。
ワイドマジックリンへの漬け置き開始。見えないけどマニホールドも沈んでいます。
いろんな洗剤がありますが、マフラーにはこれが最強です!
ワイドマジックリン漬け置き


72時間後の状態。。。
カーボンがたくさん落ちます。
もし残った箇所があれば少しこすって落とします。
ワイドマジックリン漬け置き


マニスプリングも漬け置きすると汚れが落ちやすいです。
3日後にはピカピカになってました。
ワイドマジックリン漬け置き


組み立て完了。
マフラーの接着


マニゴムは表と裏にバスコーク(強力タイプ)を塗って、しっかりと接着してしまいます。
そして繋いだあとにできる外側の隙間もバスコークで埋めてしまいます。
こうするとマニゴムが完全にダメになるまで排気漏れが起こりません。
マフラーの接着


バスコークなので振動で割れたりしないし、クラッシュ時には柔軟性で力を逃がすこともできるはずです。


軽量化フライホイール
夏頃から穴開きフライホイールを使っています。
無限のフライホイールに3.5mmの穴を6個開けたものです。

フライホイールの軽量化

フライホイールの軽量化

当然、アイドリングに影響出るでしょうから、下のトルクが大きいエンジンに合うのではないかと考えて、ノバロッシの方にだけ使っています。
クラッチスプリングが折れてもエンストしないほど、ノバロッシはトルクがありますから。。。

激的な違いはないですが、吹け上がりが少しよくなったような気がします。


エキゾーストガスケットの接着
排気系の2箇所に付ける、エキゾーストガスケットゴム。
高温にさらされるので痛むのが早いし、排気漏れの原因となります。
排気漏れしてると汚れるし、エンジンが止まりやすくなりますね。

エキゾーストガスケット


しっかり密封するために、それと多少劣化しても排気漏れをしにくくなるように、マフラーとマニホールドの間のガスケットは、表・裏にバスコークを塗って接着するようにしています。
(※エンジンの排気ポート側は何もしないで、マメに交換します)
マニゴムの接着

1年位前からやっていますが、何もしない時よりも長持ちしている感じです。
あと、高温になった時の燃調が安定している気がします。


京商のスプリング表
京商インファーノのスプリングレート表です。
他車に流用する際に役立ちそうです。

インファーノのスプリング表


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。