1/8GPオフロード、1/10EPオフロード等に関する、便利な情報などのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ファスカラーの蛍光色
視認性重視で蛍光色を好んで使っていますが、ファスカラーの蛍光色は塗るのがホントに難しいです。

121107faskolor.jpg


左のX6のボディがエアブラシでの初塗りです。
後部はファスカラーの蛍光レッドなのですが、ピンクっぽくなっています。4回くらい重ね塗りしたのですが。。。缶スプレーの感覚とはかなり違いますね。
右のサイバーのボディは蛍光レッドをしつこく7~8回は重ね塗りしたのですが、こちらは赤く見えるようになりました。
次回から8回塗りでいきますか(^^;
水性アクリルは速乾なのでドライヤーを使えば40分もあれば8回は塗れるかも?

140306fas.jpg


こっちから見ると違いがよく分かります。
左はピンクじゃないですよ、蛍光レッドなんですよ。。。

140306fas2.jpg


黒いシャドウは3倍くらい、青は2倍くらいに希釈しています。1本の線に5回は塗り重ねています。
裏打ちやベタ塗りの箇所は、多少粒子が粗くなっても無希釈でいけそうです。
窓枠に使っているアルクラッドのミラーは説明書では2回塗りですが、3回塗った方がメッキのように輝きが出ました。

スポンサーサイト

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用

Powersの安いエアブラシセット
パワーズから格安なエアブラシセットが発売になっています。
RCカー向けに0.5mmのダブルアクションブラシ仕様、コンプレッサーも付いて実売9000円を切るようで。。。
私がそろえた時の4分の1の値段。。。
一般のブラシ1本の値段よりも安いという。。。

エアブラシをこれから始める人にはいいのかもですね。

131120brush.jpg


吐出圧を見る限りファスカラーを使うならそれなりに希釈が必要かな。

欲を言えば調色皿やボトルやスティックや洗い容器、捨て吹き容器、ブラシホルダー、水フィルター、試し吹き用の板とかDVDマニュアルとか別売でセットで売ればなおいいですね
あ、塗装ブースも
(^^;


そろそろ、1/10EPのボディも塗らないと。。。
X-6 Cubedがいつまで経っても日本に入って来ないので、X-6sqのボディを塗りますかね?

テーマ:ラジコン - ジャンル:趣味・実用

水吹き対策
コンプレッサーをしばらく運転していると、水を吹いてしまいました。
レギュレータの所に水抜きタンクが付いているのですが、これでは不足らしいので、ドレン&ダストキャッチャーを付けてみました。

2種類あって、「2」の方がエア流量調整バルブ付きとなっています。1も2も価格がほとんど変わらないので2の方がいいかもです。


付けてみると、下が重くなったので持った時に安定しやすい感じがします。

ドレン&ダストキャッチャー


エアブラシに初チャレンジ
部屋で塗装できるようになったので、エアブラシを導入してみました。
0.5mmのダブルアクションタイプです。カップが大きいのがいいですね。
初めてなので、最初は水や墨汁を拭いて練習してみました。
なかなか面白いですよ!

エアブラシ


とりあえずファスカラーを買いました。けっこう値段が高いんですね。。。
タミヤのアクリルカラーもいいらしいですね。

ファスカラー


希釈の具合やエア圧・ストッパーの調整でテスト吹きを行います。
まだ慣れないもので。。。

テスト吹き


あざらしのタティーゴボディのアンダーカウルを使って、練習をしてみました。
練習なのでマスキングはけっこう適当ですw

テスト塗装


まだ窓枠や裏打ちが残っていますが、初塗りのわりにはうまくいったかな?
ファスカラーは発色が鮮やかですね~
蛍光レッドが写真よりもピンクっぽいのですが、これはこれでいいかも。
右側と左側でブラックのシャドウの有無を試しています。

初ブラシ塗装

やってみると、色によって適切な希釈具合が違うのが難しいですね。。。
ボカシはアクリル薄め液で2倍くらいに薄めています。
その他の色は、原液で吹けるのは蛍光イエローくらいで、あとは少し薄めないと難しかったです。
クレオスL7の小さなコンプレッサーですからね。

あとはベタ塗りがブラシだとムラになりやすいので難しいですね。広い面積は缶スプレーの方が楽です。


窓枠はどうしようかな?
光沢の出るクロームにしてみたいけど、塗料の価格がすごい値段。。。


塗装ブースの製作
塗装ブースを作りました。
これで部屋でスプレーを吹いても平気です。全く臭いがしません。

市販品はよくできていますが、プラモ用のサイズですし、パワーがいまいちらしいので、自作してみました。
材料費は5000円くらいかな?

1/8のRCボディを塗れるように、横幅57センチ×高さ42センチ×奥行き60センチのかなり大きなサイズになっています。
写真では実車のパーツ(ホイールキャップ)にサフを塗っている所です。

塗装ブース

このままではさすがに大きいので、ファンと分離して、たたんで1/3のサイズで収納できます。
30センチの換気扇を使ったので風量が大きく、二重のフィルターを設置して窓には網戸もありますが、ブースの一番手前からでもティッシュを吸い込むくらいです。

エアブラシにも興味を持っていますがどうしようかな。。。

あと、リクエストがあればブースの作り方を載せるかもしれません。。。


市販品は、仕組みが参考になりますね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。